LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


穏やかに日曜日。


 夜っぴき活字を追いかけて気がつくと6時過ぎ、暑いアツイと仲良し弟が顔を見せた。禁煙してもう二ヶ月になるらしいがやけに下腹が出てきている。フケンコウだねぇとさらりと冷やかしたんだが、このところ海に行っていないので運動不足だとなにやら暗に釣りに誘うような口ぶりで帰ったのだが、今のところ釣りのことはアタマに浮かばない。

 今日は日曜日、はれてテレビ・デーだと勇んで番組表を見たんだが夜まで何も見当たらないので8時には寝て起きたのが午後1時、外は良い天気だが出かけるつもりもないので「たかじんのそこまで言って委員会」なるバライティ番組を点けるも今週もさっぱり感心しない内容で途中で止め。奇人変人を見物したいわけじゃぁないから知性とはもっとも遠いところにあってぎゃぁぎゃぁわめく動物を見るには耐え難いものがあるのだよ。

 たしかに暑いし魚も居ないからといって、こうも、といっても四日間、間があくと拙者もムズムズしてきちゃう。それで午後から、クリーニング終えたフィッシング・ベストに小物類を整理して戻すに当たり、ポケットを工夫したりあれこれ仕掛け作りをしているとなんと朝方顔をだした舎弟がさっぱりした感じで上がってきた。広げた釣り道具を見てなんとも嬉しそうな顔で明日は休みだしと言うし、じゃぁ南伊勢に行こうと決め餌の予約もしたのだが本当に似たもの兄弟だなぁと改めて思う。

 夜7時からは「鉄腕ダッシュ」というテレビ番組で人口海岸の2年目の様子がとても面白く、気分はますます海に向かう。自然を回復というのはとても難しいね。その後はお待ちかねの龍馬伝、いやはや今日も面白かった。

 明日は2時起き、早く寝なくちゃ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年08月08日(日) No.3568 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

もう立秋。


残暑お見舞い申し上げます。

click


 はやいなぁ、今日からはもう残暑見舞いとなっちまう。今朝は6時と無用に早起きだったが昨夜DVDを二本も観てしまい快晴の青空を見上げても、とてもアウトドアには思いが行かない、如何にも暑そうだもんね。

 気分が良いのはおそらくこのところ勝率の悪いDVD鑑賞で、一本目の2006年公開スペイン映画「アラトリステ」がとても面白かったせいもあるんだ。17世紀、衰退し始めたスペインの様子が、見てきた訳ではないが、うかがい知ることが出来て本で読むより数段楽しめる。映画ならばこそだ。当時の王侯貴族から一兵卒・庶民にいたるまで、宗教に囚われ、あるいは利用した国の愚かしさを感じることが出来て愉快なのだ。もっとも、ノー天気にアクション・ファンタジーだと、ハリウッド映画の「パイレーツ・オブ・カリビアン」などということになるのかな、いずれにせよ残酷で野蛮な時代ではあったんだ。

click


 しかし歴史上に愚挙というのは永遠に語り継がれるね。6日と9日の原爆記念日にあたって有史以来のホロコーストに思いを致すんだが、遅れてやってきた文明国家「米国」はいまだ恥じ入る情緒が育まれておらず、謝罪するしないで大方はやったことの重大さに気がついていないみたいで歯痒いね。

 今日は日曜日じゃないのにテレビ漬け、BS-hで夏休み特集の釣り番組を放映していて、すっかり楽しんでしまった、気分は小学生だ。そして午後3時半頃にはラップして「魚VS釣り名人」というのもあって、そこでは水中カメラを駆使した分割画面で、紀州釣りダンゴでのチヌの様子をつぶさに見ることが出来た。これも面白かったなぁ、アイデアが沸々と湧き上がる。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月07日(土) No.3567 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

なんと丈夫なことか。


 今朝は2時就寝、8時に起きた時にはケロッとしていた。風邪を覚悟していたのだが、なんとも丈夫なことかとあきれたね。

 午後からは青空が広がって気持ちも晴々、釣り服や雨合羽の洗濯に精を出したのだが、良く乾きそう。

 昨日だったか車中で弟から聞いたニュースで映画評論家の今野雄二さんの死去を知る。何故か拙者には同郷意識が薄弱で特に関心が向くということがないのだが、同世代でマスコミに良く出ていた著名人でもあって知らないわけでもない。帰ってから彼のウエッブ・マガジンのエッセーを見ると3月17日が最新で以降アップされてなかったが残念なことではあるな。享年67歳、何があったかは知る由もない。

 今日が松本清張さんの命日だとニュースで知る。残された作品の山を見るたびにとても同じ人間とは思えないが、努力で得られること、得られないことを実に巧みに書き表して沢山のしとの感興を呼び起こさせた稀代の作家で、そのリベラルな言動は拙者にとって数少ない尊敬の念を持てる方なのだ。

 昨日の様子を心配していた弟に、昼過ぎ大丈夫だったとメールしておいたところ、買い物に出る間際に、じゃぁ快気祝いに夕飯でもどう?と返信があり、ならばと時間をづらして一緒することに、実にココロ優しき奴だよなぁ。STOP
 夜、新たなDVDも届いてないしとBS-hで放映中の『我らほ乳類 2億2000万年の戦い「第2回 ほ乳類 天下をめざす」 』を観る。日曜日に見たドキュメタリーと同じ映像がたくさん使われて内容もほとんど一緒なのだがあまり細かいこと言ってもしょうがないし繰り返し見ても面白いから良しとする。しかしこの古代史とか地球の成り立ちなど地道に調査発掘する方々はその発見の楽しみが何にも増して喜びなのだろうなと想像するのだが、我らはただただそのお裾分けに与っているという安易さだが、情報革命の一端だな。


web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月04日(水) No.3554 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

アタマが痛い。


 今朝8時就寝午後1時起床、今日は弟同行で昨日と同じところへ夜釣りに行った。天気が下り坂でレーダーには点々と雨雲が流れてきていて、にわか雨覚悟の釣行だったが南伊勢・吉津漁港に到着して早々ににわか雨、足元に雨合羽を用意していたので濡れることもなくサビキ釣りで豆アジを狙う。

 暗くなるまではなかなか反応が出なかったが、常夜灯が点く頃にバタバタ掛ってきたのは木っ端グレとゴンズイばかり。アジはやっと二尾掛っただけでいい加減厭気がさして仕舞うことにしたのだが活かしバケツからクーラーボックスに移す際バケツの海水を減らそうとして、なんとその貴重なアジを一緒に海へ戻してしまった、残念。

 珍しく早上がりにしたのは通り雨が去った頃か、久しぶりに頭痛のような感じがして無理しちゃいけないということと、やはり魚のアタリが少ないとつまんないのだ。丁度離れて釣っていた弟もフグばっかりなので止めようかとやってきたのだ。ただ3号ハリスをブチンと切っていった奴は年なしのチヌに違いないと息巻いていたが答えのしようもない、ぎゃはは。

 漁港で帰り仕度をしようと車の背後に近づいたときバンパーの下にピカピカ光る100円硬貨が落ちているのを発見、とっさにアタマに浮かんだのが「交番」という言葉だったのがおかしい。その後でこれは自分か舎弟が落とした物だということに思い至る、もちろん素直にポケットに。

 午後10時過ぎには漁港を後にしたのだが気温が25℃までになっている。以前に何時風邪を引いたかも思い出せないのだが日中32℃もあったことを考えると多分風邪だろうと早めに寝ることに。まぁ自業自得、不用心ではあった。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年08月03日(火) No.3551 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

世相を離れて。


 今朝は3時就寝11時起床と世の中とは無関係な生活サイクルになっている。ニュースで観る育児放棄の有様や何十年にもわたる年金の不正給付など、制度を決めてもシゴトをまっとうしない末端の役人のほうに目が行ってしまう。

 日本一気温の上がるという滋賀県多治見市のルポルタージュ、なんとなく気分がいいな。暖かいほうがノー天気向きだとつくづく思う。

 イン・ドア志向の続く最近なのだが始まった臨時国会の中継なんぞ目にすると腹の立つばかりなので天気予報に目をやり、穏やかな南伊勢の海に遊ぶほうが良いなぁと早速仕度にかかる。

 例によって行き当たりバッタリの釣りだが、ひょっとしてアジが釣れりゃぁと氷も持って行くのだ。 STOP

click


やや飽きがきているtwitterのページデザイン背景に使おうかと画像を用意したのだが・・・。
STOP
【べた凪の神前浦】
 午後4時半頃には南伊勢・吉津漁港に到着、津を出る時には35℃もあった気温が29℃と暑さは感じない。今日は網乾し場の陸寄りの岸壁に車を停めその直ぐ側に釣り座を構える。海はべた凪、海風が今日も心地好い。

 一本は子アジ用のサビキ仕掛けを置き竿とし、もう一本の磯竿に遊動電気浮きで一本針のフカセ釣り、活きエビ餌で何が来るかタナをいろいろ変えて投げてみた。狙いが間違っていたか、どの竿にも当たりが出てこない。暗くなりだしてから、サビキのほうのタナを底まで下げたところ木っ端グレが掛かりだし、さらにはゴンズイまで掛かりだす始末でやむなく1mほど底をきり、サビキに集中することにした。満潮が22時だったがその一時間ほど前から豆アジが掛かりだすも長続きしない。しかしこのたま〜に釣れるのがなんとも嬉しいものでフライにするにはちと小さいかなぁなど思いながらののんびりした釣りだ。

 夜も更けて気温も26℃と魚は釣れなくても気分良い時間を過して、そろそろ止めにしようと1時前には仕舞いにしたのだが、図ったようにポツリポツリ、ざぁ〜っと雨が降って来たのだ。天気予報がドンピシャリ。

 雨は直ぐ止んだのだが道路がよほどかんかんに暑くなっていたようで濡れたアスファルトから盛んに湯気が立ち上っていて濃霧の中を走るかのようだった。
 
 釣りの最中、シゴト中の釣りキチ弟がなんどかメールで様子を尋ねてきていたので津市内に入ってからぶらりと立ち寄る。貧果の報告と買い物も少し、帰宅後、豆アジを背開きにして冷蔵庫に、ちっちゃいけどフライにするんだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月02日(月) No.3546 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

穏やかな土曜日。・・・花火大会。


 今朝は7時に目覚めるも二度寝して9時に起床、寝る子は育つなどと良く言われるがジジイだって良く寝りゃ元気になるのだ。暑さも一段落した感じだが窓外のクマゼミは今日も盛んに鳴いている。このやかましさに自己の閑さを感じることの出来た芭蕉ってのはやはり俳聖に違いないや。もっとも耳にしていたのはニイニイゼミだったとの説が有力でこのクマゼミやアブラゼミであったらどうかと考えると愉快でもある。

 「閑さや 邪魔をするなよ セミの声」・・・ダメダ、こりゃ。

 夕べ観たDVDは残念ながらハズレ、ダメもととばかり題名で選んでいるのだから文句を言えた義理じゃないのだが作った方々の思考を想像するのは楽しいことだ。STOP
【花火大会】
 雨は降らないようだし、潮廻りも良いということで、夕方6時過ぎにチョコット夜釣りと出かけた。ところがいつも行くヨットハーバー手前で通行止め、おまわりさんに聞くと花火大会があるので渚町からハーバー、阿漕湾周辺道路は歩行者天国なのだという。どおりで浴衣姿のしとが多かったわけだ。海側に向かう細道を続々と市民が押し寄せている、さぞや賑わうだろうなと思いつつユーターンして帰ろうかとしたのだが、せっかく出てきたのだしと10kmほど離れた鋼管町の大岸壁にでもいって竿をだそうとそちらに向かう。ここは昨年も何度か来ている津を代表するような釣りのおお場所、あはは、いるいる。大勢の釣り人で採貝所付近は車でいっぱいだ。幸い良い場所に停車でき、早速道具を肩にして手ごろな岸壁に釣り座を構える。

 何人かの周りの方に様子を聞くとちっちゃなセイゴの子ばかりだと皆苦笑いしていたが、それでもいいさと、ひょっとして拙者には大物が来るかも知れないという思い過ごしが釣りの楽しみなのだ。

click


 と、ドーンという音に驚いて向こう正面を見ると、あはっ、阿漕湾をはさんでちょうど津の花火大会が見えるではないか。そしていつのまにやら拙者の周辺に敷物を敷いてお行儀良く座って花火を見る方々が20人近く、どうやらここは花火見物のグッド・ポイントだったらしい。

 花火の音は5〜6秒遅れて届くので音がしてから見ると花火がしぼむ頃で電気浮きを見ながらの花火見物は「あずましくない」。まぁ、ついでに観れただけでも幸運だと思いながらも8:56に最後の大玉が連続して上がりそれが消えると一斉に見物の方々が立ち去ったのだが、丁度一時間半、毎年の行事なんだろうな。

 釣りのほうもちっちゃなセイゴばかりなので、そのあと小一時間ほどして仕舞いに。市中にラッシュが残っているというのでさらに30分ほど待ってから帰って来た。自分で焼いたCD丁度一枚聞き終えたのだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 
2010年07月31日(土) No.3542 (雑感::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

晴れたなぁ〜♪


 今朝は2時半、4時間の睡眠でシャキっと起きて釣りキチの弟と南伊勢・神前浦に向かう。真夏のこの時期、暑さもさることながら岡っぱりではほとんど釣れる魚も居なくて特に日中、炎天下で竿をだすなんてのは愚の骨頂なのだが、そこは自他共に許す釣りバカゆえ、万に一つの可能性に賭けるわけだ。

 今日の天気予報やレーダーで見る雨雲は7時頃まで小雨なのだが風は弱いとあるので降られてもいいやと出かけたのだが、やはり天は拙者に優しくて釣り始めから納竿した昼前まで実に穏やかな天気となった。気温も朝方は26℃、日が上がってからも28℃とそよ吹く海風がまことに心地好いひと時だったのだ。

 あわよくば、お刺身サイズの「アジ」という魂胆だったが、そうは上手く行かない。餌取りの木っ端グレとスズメダイ、ボラっ子が上から下まで湧き上がり時おり23cm〜25cmクラスのグレが釣れるだけ、昨年まではそれでも面白いと思っていたが今ではつまんないのだ。

 しかし居ない魚は釣れない、多分沖目の涼しいところにでも行ってるんだろうと11時過ぎには止めにして帰って来た。今日の失敗は水汲みバケツに水温計を入れたまま海水を入れ替えてしまい失くしてしまったこと、高価なものでなくて良かった。STOP
【ブラウザ・ショット】

click


 サイト開設来、自宅サーバーの稼動監視にcmanさんのサービスを利用させていただいていて、感謝にたえないのだがOSがWin7になってからめっきり停止事故がなくなりマイクロソフト社の努力には、ようやく完成品に近づいたものと誉めてやりたいね。拙者の加入しているプロバイダーはアサヒネットでここは昔から責任感のある技術に長けた優秀なところであって、使用回線は現在NTT西日本のフレッツ光プレミアム。ここもようやくオフライン・トラブルがなくなったので、あとは如何に自サーバーを安定して発信するかということに尽きるのだが、ページコンテンツのアクセスビリティも大きな課題だ。

click


 昔からbrowsershot.orgという海外のサイトの提供するサービスで各種OSとブラウザでの表示確認をしていたのだがいかんせんこちとら2バイト文字圏の人間で外国に見てもらうことなどこれっぽっちも考えていないので日本語表示の良否が判別できない。
 しかしここに来てcmanさんところでこのブラウザ・ショットのサービスをするサイトを作ったということで早速チェック。まだOSはWindowsのみだが各バージョン、五大ブラウザのテストをしてくれて、拙サイトのページが無難に表示されると解ったので気分を良くする。

 それにしても直近のサーバー監視の実績で20日間のうち5分以下のオフラインが3回、稼働率でいうと99.98%。これはかなり満足できるものだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 
2010年07月30日(金) No.3539 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54][55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen