LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


アタマが痛い。


 今朝8時就寝午後1時起床、今日は弟同行で昨日と同じところへ夜釣りに行った。天気が下り坂でレーダーには点々と雨雲が流れてきていて、にわか雨覚悟の釣行だったが南伊勢・吉津漁港に到着して早々ににわか雨、足元に雨合羽を用意していたので濡れることもなくサビキ釣りで豆アジを狙う。

 暗くなるまではなかなか反応が出なかったが、常夜灯が点く頃にバタバタ掛ってきたのは木っ端グレとゴンズイばかり。アジはやっと二尾掛っただけでいい加減厭気がさして仕舞うことにしたのだが活かしバケツからクーラーボックスに移す際バケツの海水を減らそうとして、なんとその貴重なアジを一緒に海へ戻してしまった、残念。

 珍しく早上がりにしたのは通り雨が去った頃か、久しぶりに頭痛のような感じがして無理しちゃいけないということと、やはり魚のアタリが少ないとつまんないのだ。丁度離れて釣っていた弟もフグばっかりなので止めようかとやってきたのだ。ただ3号ハリスをブチンと切っていった奴は年なしのチヌに違いないと息巻いていたが答えのしようもない、ぎゃはは。

 漁港で帰り仕度をしようと車の背後に近づいたときバンパーの下にピカピカ光る100円硬貨が落ちているのを発見、とっさにアタマに浮かんだのが「交番」という言葉だったのがおかしい。その後でこれは自分か舎弟が落とした物だということに思い至る、もちろん素直にポケットに。

 午後10時過ぎには漁港を後にしたのだが気温が25℃までになっている。以前に何時風邪を引いたかも思い出せないのだが日中32℃もあったことを考えると多分風邪だろうと早めに寝ることに。まぁ自業自得、不用心ではあった。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年08月03日(火) No.3551 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

世相を離れて。


 今朝は3時就寝11時起床と世の中とは無関係な生活サイクルになっている。ニュースで観る育児放棄の有様や何十年にもわたる年金の不正給付など、制度を決めてもシゴトをまっとうしない末端の役人のほうに目が行ってしまう。

 日本一気温の上がるという滋賀県多治見市のルポルタージュ、なんとなく気分がいいな。暖かいほうがノー天気向きだとつくづく思う。

 イン・ドア志向の続く最近なのだが始まった臨時国会の中継なんぞ目にすると腹の立つばかりなので天気予報に目をやり、穏やかな南伊勢の海に遊ぶほうが良いなぁと早速仕度にかかる。

 例によって行き当たりバッタリの釣りだが、ひょっとしてアジが釣れりゃぁと氷も持って行くのだ。 STOP

click


やや飽きがきているtwitterのページデザイン背景に使おうかと画像を用意したのだが・・・。
STOP
【べた凪の神前浦】
 午後4時半頃には南伊勢・吉津漁港に到着、津を出る時には35℃もあった気温が29℃と暑さは感じない。今日は網乾し場の陸寄りの岸壁に車を停めその直ぐ側に釣り座を構える。海はべた凪、海風が今日も心地好い。

 一本は子アジ用のサビキ仕掛けを置き竿とし、もう一本の磯竿に遊動電気浮きで一本針のフカセ釣り、活きエビ餌で何が来るかタナをいろいろ変えて投げてみた。狙いが間違っていたか、どの竿にも当たりが出てこない。暗くなりだしてから、サビキのほうのタナを底まで下げたところ木っ端グレが掛かりだし、さらにはゴンズイまで掛かりだす始末でやむなく1mほど底をきり、サビキに集中することにした。満潮が22時だったがその一時間ほど前から豆アジが掛かりだすも長続きしない。しかしこのたま〜に釣れるのがなんとも嬉しいものでフライにするにはちと小さいかなぁなど思いながらののんびりした釣りだ。

 夜も更けて気温も26℃と魚は釣れなくても気分良い時間を過して、そろそろ止めにしようと1時前には仕舞いにしたのだが、図ったようにポツリポツリ、ざぁ〜っと雨が降って来たのだ。天気予報がドンピシャリ。

 雨は直ぐ止んだのだが道路がよほどかんかんに暑くなっていたようで濡れたアスファルトから盛んに湯気が立ち上っていて濃霧の中を走るかのようだった。
 
 釣りの最中、シゴト中の釣りキチ弟がなんどかメールで様子を尋ねてきていたので津市内に入ってからぶらりと立ち寄る。貧果の報告と買い物も少し、帰宅後、豆アジを背開きにして冷蔵庫に、ちっちゃいけどフライにするんだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月02日(月) No.3546 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

晴れたなぁ〜♪


 今朝は2時半、4時間の睡眠でシャキっと起きて釣りキチの弟と南伊勢・神前浦に向かう。真夏のこの時期、暑さもさることながら岡っぱりではほとんど釣れる魚も居なくて特に日中、炎天下で竿をだすなんてのは愚の骨頂なのだが、そこは自他共に許す釣りバカゆえ、万に一つの可能性に賭けるわけだ。

 今日の天気予報やレーダーで見る雨雲は7時頃まで小雨なのだが風は弱いとあるので降られてもいいやと出かけたのだが、やはり天は拙者に優しくて釣り始めから納竿した昼前まで実に穏やかな天気となった。気温も朝方は26℃、日が上がってからも28℃とそよ吹く海風がまことに心地好いひと時だったのだ。

 あわよくば、お刺身サイズの「アジ」という魂胆だったが、そうは上手く行かない。餌取りの木っ端グレとスズメダイ、ボラっ子が上から下まで湧き上がり時おり23cm〜25cmクラスのグレが釣れるだけ、昨年まではそれでも面白いと思っていたが今ではつまんないのだ。

 しかし居ない魚は釣れない、多分沖目の涼しいところにでも行ってるんだろうと11時過ぎには止めにして帰って来た。今日の失敗は水汲みバケツに水温計を入れたまま海水を入れ替えてしまい失くしてしまったこと、高価なものでなくて良かった。STOP
【ブラウザ・ショット】

click


 サイト開設来、自宅サーバーの稼動監視にcmanさんのサービスを利用させていただいていて、感謝にたえないのだがOSがWin7になってからめっきり停止事故がなくなりマイクロソフト社の努力には、ようやく完成品に近づいたものと誉めてやりたいね。拙者の加入しているプロバイダーはアサヒネットでここは昔から責任感のある技術に長けた優秀なところであって、使用回線は現在NTT西日本のフレッツ光プレミアム。ここもようやくオフライン・トラブルがなくなったので、あとは如何に自サーバーを安定して発信するかということに尽きるのだが、ページコンテンツのアクセスビリティも大きな課題だ。

click


 昔からbrowsershot.orgという海外のサイトの提供するサービスで各種OSとブラウザでの表示確認をしていたのだがいかんせんこちとら2バイト文字圏の人間で外国に見てもらうことなどこれっぽっちも考えていないので日本語表示の良否が判別できない。
 しかしここに来てcmanさんところでこのブラウザ・ショットのサービスをするサイトを作ったということで早速チェック。まだOSはWindowsのみだが各バージョン、五大ブラウザのテストをしてくれて、拙サイトのページが無難に表示されると解ったので気分を良くする。

 それにしても直近のサーバー監視の実績で20日間のうち5分以下のオフラインが3回、稼働率でいうと99.98%。これはかなり満足できるものだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 
2010年07月30日(金) No.3539 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

セミ時雨、カキ氷・・・


 今朝は4時就寝、10時起床と列島にかかる雨雲のせいでもないがイイカゲンな生活だ。外はと見ると雨の様子も無く薄曇で陽が差したとたんにクマゼミの大合唱、先日来あまり見事に鳴いたり止んだりするので昨日セミについて調べたんだ。おぼろげに記憶にあるセミの一生、厳密には解明されていないらしいが確か7年という数字だけ頭にあったが種によって4年から17年、大方の成虫は3〜4週間で生殖活動を終えて死んじゃうらしい。

 その一生の大半を土の中で過し羽化して成虫になるのは人間でいうと70歳くらい、後期高齢者に近くなってから初めてオトナの活動ってぇのが奥ゆかしくも憐れを誘い古来詩に歌に詠まれてきた所以だ、はかないもんなぁ。

 12時頃にピタッと止んだのでよくよく見ると雀らしき小鳥の群れが集まっていたので多分そのせいかなぁと納得、それにしても一瞬にしてシーンとなってしまうのだから面白い。

click


 今日は暑さもそれほどでもないのだが、引越しのとき食器棚の奥に見つけてこんなの使ったこともないなぁと思いながらも持って来ていた「カキ氷器」を目にしてひとつカキ氷を作ってやろうとチャレンジ。ブロック氷は常時冷凍庫に作り置いているので適当な大きさに割って入れてゴリゴリと、あはっ、出来るできる、当たり前かと思いながらも何かうれしいね。

click


 さてシロップと思い冷蔵庫を探すとミカンジュースがあったのでそれと甘味料のオリゴ糖を垂らし一口二口、ちめた〜イ、紛れもなくカキ氷だ。

 でも思ったね、冷房の効いた部屋で食すカキ氷なんて美味しくは思えない、これはやはり炎天下のジリジリした太陽の下でかきこむのがあるべき姿だと納得、絵に描いたような間抜けの午後だが悪事じゃないだろうと自分に言い聞かす。

click


 どうも最近はちょこちょこっと書くブログ記事がやたら長くなる傾向にあって、まぁ暇な時間が多いからかと思わないでもないがかまける時間は以前とそんなに変わらない。しかし昨日今日と外出しない時にはグルグル回る想念をタイプして頭のなかを整理すると何本も記事が出来てしまってその多弁さ加減には驚いてしまうばかりなのだ。なかにはブログ向きじゃないなと感じるような一文などもあったりするのだが何につけ着想を記す楽しみというのは知るしとぞ知るということでしかないな。

 しかしこんな内向きな生活にしちゃぁ健康過ぎやしないのかと訝しくも思うのだがそのうちにゃぁシッペ返しは覚悟の上さと、これは強がりとも云うのかな。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月29日(木) No.3534 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

自己責任。


click


 今朝は7時起床、途絶えていたセミ時雨がまたぞろ一斉に降り注いでいるが気温がやや下がって気持ちよい朝だ。午前中は、サーバー監視サービスをしているcmanさんとこで新たにブラウザ・ショットのサイトを出していると知り早速我がサイトのチェックなどして遊んでいた。詳細は別な日にアップしようと。

 しかしこれだけ良い天気だと家に篭ってウダウダやってるのも急に詰まらなく思え、今日は予ねてから様子を見に行こうと津を代表する川でもある安濃川の源流付近まで出かけたのだ。うまい具合にモードが切り替わるもんだね。

click


 全長17km足らずの二級河川だが紀伊半島を縦断する布引山地に端を発し、錫杖ケ岳南東側の支流を集め安濃ダムで出来たヘラブナ釣りで名高い錫杖湖に1億50万トンの灌漑用水を貯め、伊勢湾に注ぎ込むアマゴが棲息するという、なんとも心惹きつけられる川なのだ。昨年遊びに来ていた時に詳細の地図で調べてあったのだが、もっぱら海が忙しくなかなかチャンスが無かった。

 「錫杖湖」は地元の方でもいくつかの地図でも「銀丈湖」などと書かれて「ぎんじょう」と呼ばれもするが、正しくは「しゃくじょうこ」で錫杖ケ岳は古来雨乞いなどなされた霊験あらかたなるお山らしい。標高676mと、総じてこの布引山地の山々は高くない。

 市内からは県道42号線が丁度この安濃川に沿って走っていてそれほどの田舎道でもない。42号線に入る途中に丁度舎弟の店があったので立ち寄って飲料を購入、熱中症ばやりだからね。あはっ、義妹がびっくりした顔で気を付けてねと、そういや久しぶりではあったな。安全なところしか走らないからといって店を後にし、あっという間に山間の風景だ。

click


 ダムの手前に県観光課の立てた案内板に「河内渓谷」とあり、橋の下には水遊びに興じる若者達の歓声が聞こえる。川を通る風が心地良く、ぶらぶらと周辺を散策して、下に降りていこうかと思っていると下から遊び終えた彼らが上ってきたので、魚なんか居た?と聞くと指を少し広げてこんなチッチャイのが見えましたよと。

 下までは急峻な細い崖道なので、降りるまでもないかとあっさり諦めて車に戻り、いざ再出発。ナビのマップで見ると錫杖湖を渡る42号線が手前でダムの下に向かって分岐しているのでそちらに向かったところ行き止まりがダムの下、見上げるダムはなかなか立派なもんだ。昭和61年に試験湛水を開始して平成になってから本格運用始めたという。着工から6年足らずで造ったようだ。

click


 今日はダムの最底部から少しだけ放流していたが水しぶきが如何にも涼しげで悪くない。整流堤の少し下流からすぐに渓流らしい光景になって、川原に降りる木製の階段がしつらえてあったので釣り道具を持って降りて行った。

 ちょうど犬に水遊びさせていた方が上がってきたので、魚は居ますかと尋ねると、アユからなにからこの辺にはいっぱい居ますよと、でも遊漁券が要るかも知れないとも言っていたが、たしか安濃川の漁業権など無かったとも思っていたが、まぁ集金にきたら払ってやろうと気にせず竿の用意をする。

 しかし18尺の渓流竿一本とクーラーには海釣り用の餌しかないのだから渓流釣りもあったもんではない。川石を持ち上げ何か餌でもと探すとヒルが見つかったのでそいつを付けてヒョイと、小さな浮きを引きこんだのは8cmほどのアブラハヤ、もうそれだけで気が済むんだからたいした釣りキチじゃぁないな。

 しかし川相は良いし足元も安全、何種類かの竿と餌、フライなど持ってくりゃぁ楽しめそうだと場所をナビにマークした。

 10分ほどで切り上げ42号線に戻りダムの上の錫杖湖を観る。好天続きで少し水位が下がっているようだが、それでも満々と水を湛えた様子はいい。遠くに錫杖ケ岳に連なる布引山地の山並みがちょっとした深山幽谷を思わせるが案外と標高は無くしかも市内からわずか15kmしか来ていないのだ。気温も32℃と下界より1度くらい低いだけだが、オゾンのせいか空気が美味しい感じだ。

 そこからさらに7〜8km上流まで行って川の様子を見たところ、沢は道路に沿っていて簡単に降りられそうだがだが水量が減っていて竿を出すまでもなかったのだ、冬にでも来てみようかなぁと思った。

 あぁ面白かったと半日のドライブを終えて家に戻った途端にバリバリバリっと雷鳴が、またまたラッキーなことではあった。

 このところあまりニュースも見ないようにしているのだが今日のブログのタイトルは、たまたま今日のニュースで聞いた昨年夏の北海道のトムラウシ山岳事故の原因調査にある。専門家の先生が一番の原因をガイドのミスだと言っているのを聞き、あろうことか今年の高齢者の夏山登山が昨年にも増して大人気なのだと言うではないか。死者に鞭打つのもなんだが、なんとも甘ったれた民族なのかとあきれ返ったものだ。ガイドにまかせりゃ安全だなんて考える方が変だ。これだけ言やぁ拙者はさぞかし用心深くなること間違いないや。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 
2010年07月27日(火) No.3529 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

なんとも、チャランポラン。


 結局今朝は一睡もせずに明け方を向かえ、眠くもないのでそのまま出かけようとしたのだが、目的とする場所で釣りをしているイメージがどうにも面白くない。これは志向が釣りに向かっていないのだとあっさり決め付け今日の釣行は中止、引き続き活字を追いつつ想念に浸る。想像の世界は無限に広がりとてつもないスピードで思いは巡り云わば空転なのかも知れないが、こうなると趣味だ道楽だも一光景にしか映らず拘る事ではさらさら無くなる。精神こそ至上のものとする拙者にとっては絵空事だの非現実だと言われても平気の平左でまことに貴重なる状況であるのだ。これに比ぶれば巷間言われる趣味趣向の勧めなんざぁちゃんちゃら可笑しく、しかしながら自虐的に言えば自閉症のごときでもあるのだが若者のそれと違って広がりが全世界全人類というのが気分を良くする。いくら自分の世界に篭っていても人間のDNAのなせる業か世間と完全に切れ放たれる事はないがそれも一興、ただそちらに目が行くと腹立たしいことばかりで甚だよろしくない。

 おりしも列島は高気圧に覆われなんとも勿体ない気もしないでないが、ここはやはり気分優先、どのみちまたぞろモードが切り替わるさと多分明日も観念遊びに徹するのだが夕方近くに珍しく二本もシゴトがらみの電話とfax、まぁ成り行きにまかせよう。STOP
【PHS】
 当ブログに折々コメントくださる埼玉の「珈琲パウエル」KAMIさんご夫妻がPHSを長らく愛用されていると知り妙にうれしくなったものだ。
 ピッチなどと呼ばれて始まった頃からデータ通信の手段と電話も兼ねて拙者も使っていて4年ほど前からは携帯電話ユーザーにいちいち説明するのも煩わしいので併用するようになったのだが、この日本独自の技術でもあるPHSはグローバル化する携帯電話と十分共存可能な仕組みだとも思っている。わが国の電波行政はご他聞にもれず旧態依然と癒着、かつ未来を見据えていないのでどうなるかは疑問もあるが確かな知識を持った方々に道筋を定めてほしいものだ。それはコンテンツがどうのとかプラットフォームがどうなんて半端な知識じゃだめなんだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月21日(水) No.3519 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

猛暑。


 今朝は8時に起床、昨日の釣り番組4本、計8時間もの視聴は実に愚かなオコナイだったなぁと思いだすだに気分が良くない。それだけじゃなく、どうやら篭りがちの数日間のせいで何かと気にそぐわぬ事だらけの感じがして宜しくない。
 
 面白いのはそれが如実にツイートやブログの記事に反映されていることでなんと真っ正直なことだろうと感心したりしつつも、ふと気付いたのだがひょっとして食べ物に関係しているのではないかということ。

 体力的にそれほどエネルギーを要求しないのかこのところの食事は草食・肉食どころかほとんど流動食系ではないかと思い至り、こりゃまずいと今日は一念発起、超々劇辛のタレを調合して牛カルビを夕食にいただいた。暑いさかりの食欲増進にはこの辛さは効果抜群、人類の知恵に脱帽する思いだ。何日かぶりでのしっかりとした食事であっさりと気分が変わり明日は尾鷲市の早田町への釣行を計画、詳細地図と航空写真まで用意した。持ってくCDは何にしよう。

♪〜オルフェ・・・夢〜覚めて・・

 明日も猛暑の予報だが遊びに行くときゃ平気で、夏は暑くなくちゃとうそぶいているのだ。日焼けと熱中症への対策は防寒に比べりゃ屁でもない、あはは。そこで不思議に思うのだが極寒の地に住む人々には格別に食欲増進なんて事を思い煩うような感じがしないのだがどういう事なんだろう。寒さは食欲減退の原因にならないということかなぁ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月20日(火) No.3516 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48][49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen