LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


説得力。


 およそ4ヶ月前になろうか、米国フェアウィンズ・アソシエーツ社チーフエンジニア、アーニー・ガンダーソンさんが解説している真実っぽい福島第一原発3号炉の爆発の様子。なかなかに説得力があるが、日本のマスコミでは何故かニュースにもならない。まぁ、アメリカの9.11陰謀説とやらを持ち出しできてトンデモ学者として高名なだけに、胡散臭さが先走ってしまうんだろうけど、政府や東電やチンフンカンプンな御用学者よっかこの解説は良い。

 それにしても・・・絶句



STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年08月18日(木) No.3879 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

残暑お見舞い申し上げまする−その2。


click

 今日は予定もないし、堂々の朝寝坊。積み残しのDVDを半分虚ろで深夜みてしまったが、日の出と共に近くの川に出かける心算が熟睡もいいとこ、9時を回っていた。満潮が朝7:30だから、遅きに失した訳だ、残念。昨日、9尺(2.7m)の渓流竿の仕掛けを作っておいて自作の0.5号棒ウキも2本、試したかったなぁ。

 午前中、雲が多いように感じたが昼からは青空が顔を出し、残暑厳しき折、皆々様に措かれましても一段とのご自愛下さるよう切にお願い申し上げます。

 日本の夏は例年居坐る太平洋高気圧が程好く配置されてるようで、連日天気予報で見る雨雲レーダーの様子ではここ三重県の上空には今年は雨雲が避けて通って云う様で愉快だね。なんつっても、僕の大好きな夏なんだから。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年08月17日(水) No.3877 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

ぼちぼちかなぁ〜、寿命じゃなくて。


 発病以来8ヶ月、ひと頃に比べキーボード入力が億劫でなくなったので一つ防備録・忘備録と称して昨年の11月11日の日記を書き起こして見ようかと。物のホンにあります様に脳卒中・脳溢血の類は前段症状が有るみたいで記憶を遡ってぼちぼちサイトの「検文録」という処に置いてやろう思う、なぁ〜に、言語リハビリの助けにならないかと云う事なんだ。

 実は昨日の日記でそのサイトの記事をみっけ、たまたま去年の同時期だったので少し改編してコピペと言う使い慣れた安易なワザというには余りにもお粗末なブログをアップをしちまったからね。まだ、記事は出だしのみだが少しずつ・・・

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年08月08日(月) No.3870 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

★たまにゃぁ世間のことも★


 二番手以下ならビリも同じと言い切る孫正義さんは、まさしく狂狷なる賢人に違いないなと、彼の主催する塾の開校式での記念講演を聞いて思ったものだ。まぁ、彼は所謂「できるしと」の代表みたいなもんで、万民がそうではないのは当然なのだが彼が苛立つ原因の多くがアホな小役人の知恵であったり技術バカの寄り合いが作り上げた制度なのだ。一部の方だが、あの松下幸之助さんの所業を冷ややかに見て、あれは一種の宗教だろうなどと批判していたものだがそれは現象の上っ面にしか目が行っていない浅はかな見方で精神の自立とは無縁の輩だ。孫さんもそういった批判を得るだろうと思うが、商売を通してではあるが世の中を良くしようと実によく働いているんだよね、真に実行の方なのだ。今の政治家やそれを批判する評論家連中を見てみなさい、皆話すばっかりで具体的な行動の一つもありゃしない。時間を稼いでいるというにぴったり。

 今、我が日本の50代以上の人間は文句いいながらも今のままでもイイジャンと思ってるのがほとんどなのかも知れないのだが、このままじゃ駄目になるともみぃ〜んな感じている。今の20代30代の若者もひょっとしてデフレ不況といいつつも飽食の時代を過してきて、なにを今更面倒な闘争をしなきゃいけないのかと、安穏な日々をずるずる過し、何事かをなそうという切羽詰った世情でもないようなのだが、そんなんでイイのと問いたいね。

 まぁ覚悟も度胸もないのが一般庶民なのだと言っちまえば実も蓋もないのだが、情けないねぇ。

 数字の上であきらかなのは今のままで20年30年経つと彼らの大半が、悲惨な状況に置かれるだろうなぁとは想像に難くないのだ。そもそも血を流さずに政権交代なんてのが甘っちょろい考えで、赤字国債の元凶を追い詰めることもせず、国税を食いつぶしてきた輩を野放しにしているのが気に入らないね。紅衛兵とまでは言わぬが事業仕分けでさらし者になった奴らなどの公職追放くらいはあってもいいんじゃないかなぁ。

 個人情報保護法なんてのをでっちあげ、隠そうとするのが手前の所得だなんて言うのは噴飯ものだ。それとセキュリティの名のもとに納税者番号に反対だというバカもいる。いやしくも国民であるなら義務と責任に関する手続きに出生時の戸籍からなにゆえ一貫したIDが付与されないのかこの情報化社会にあって不思議でならない、そんなことで阻害される自由などあるもんか。昨今、クラウドと称して従来ならばらばらに点在して稼動していたサーバー機能やアプリケーション・ソフトをインターネット経由で集中的に管理運営するのは手間隙やコストを劇的に削減できる構想なのだが拠点を海外に設けるのは感心できないし、通信障害などのリスク分散という観点からまだまだ工夫が必要だが将来的にはその方向に行くのは間違いない。しかし今でもデジタル計算機・パソコンを活用すりゃぁ事務方のシゴトなんざぁ労務費を半減どころか 9割減だって可能なのだから余った人間を労務集約型のシゴトに回す工夫をすりゃいいのに遅々として進んでいない。じれったいがどうにもね。

 大手マスコミや広告代理店、あるいは大企業もそうだが有形無形の圧力が加わってタブー視している事柄が山ほどあるのは皆薄々感じているのだが、そろそろ命がけの正義漢の一人でも出てきていいんじゃなのかと無責任に思ったりする。もっとも検察とか警察といった公権力の実行部隊も組み込まれちゃってるから困難なことは想像に難くない。ジャーナリズム魂とか社会の木鐸ってのが以前はもっとあったように感じるのだが。

 しかし孫さんも言っていたように人類文明の大革命の端緒に居合わせた幸運を感じずにはいられぬのだが、ガラリと風景が変わるのは多分数百年も先のことだろうなと思いながらも、その様子を想像出来るだけでも豊かな気持ちになれる。( 2010/7月サイトの記事より)

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年08月07日(日) No.3869 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

さてっ、検査入院だ。


 早いもんだね、脳外科の血管狭窄手術をしてもう7ヶ月になるんだ。そして、半年目の術後の検査がいよいよ今日からまる三日間にわたり行われるという。では、行って来ます(^O^)。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年08月03日(水) No.3861 (雑感::些細なこと。)
Comment(7) Trackback(0)

久々の釣り。


 っと言っても昨日だが、釣りキチ弟のお誘いがあって南伊勢・神前湾に行ってきました。早朝4:30出発で昼過ぎには帰って来たんだけど気温も暑ぎず風も弱く絶好の海釣り日和だった。

 中潮で干潮が9:15と危ぶんだが、小魚がひっきりなしに竿先の撓らせ、補修なった12尺も快調そのもので満足できたね。特に舎弟は何時とはなしに磯釣りマンとは打って変わって堤防の主となったようで隣に座る『木っ端名人』を置いておき、終わる頃には腕をなでなで「腱鞘炎になった」っとボヤイテいたよ。

 日々の出来事はもうブログに書かなくなって久しいが、それでも書かずに居れない事が山ほどあって弱ってしまう。それは伝え聞くニュース・報道番組の嘘がイイカゲンであったりするのだが、これだけ教育が進んでいるのにJAPAN全体の知識の無さは例えようもないくらい悲惨だ。悲しいね。

 あの田原総一郎さんが論破していたけど、50年経って今1億2千万人のなかに堂々と専門分野でシャベレルかたがいらっしゃらないと云う事実、討論番組など怖くて出席なぞ出来ないと言うんだ、ぅぐふ〜ぅ。さすがに35年間実業の世界で痛感した通り教授だ学者だいった類のもんで使える奴はいない、納得。

 中国の新幹線の事故、ノルウエーのテロ、福島の原発事故。ジャーナリズムは死語なんだ。事故調査委員会、合いも変わらずやってるね。

2011年07月28日(木) No.3857 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

昔取った杵柄。


 一昨日の南伊勢の釣りに引き続き昨日は弟宅でインターフォンが壊れて居るので見てほしいと云われ、ヨッシャ〜、出番だぞとばかり工具とテスターを持って、昼過ぎから出かけたのだ。その前に、舎弟の運転になるが市役所のよる用事があったので、ちゃっかりとそれを済ませてから、それより若干の不安が有ったのが幾らエレクトリクスに精通しているからと言っても、不自由な右手で果たしてドライバーだのテスターだの扱えるのかどうかのだが、まず持ってトラブルの解決には一つづつ原因を潰さなくっちゃ。

 インターフォンはバラして見るまでの事のなく、寿命だったがそれから近くのホームセンターに行って彼是と品定め、一番無難なズーム機能付きのテレビドアホンに決め購入する。その際、しっかりと僕のポイントカードで捺印を受けたのだった。

 しっかし、頭で解っているものの配線だの器具付になるともうアカン、如何せんドーにもナラヘン、弟に代わってもらう羽目に、しかし言うことがいいよなぁ、ビューキしてから多分人並みになったんだとさ、っだって。

 然るに此処にきてAC100Vのジョイントが立ちはかったので、そうは行かない。電源ブレーカーを落としテスターを当て活線じゃないことを確認しながら事に当たるのだがムラムラと闘志が湧いて、ヨシッ、生きたまま接続しようとなりおっかなびっくり常人の何十倍も時間を掛けてやってしまったのだ、やれやれ、暴走老人の片鱗が見えるわぃ。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2011年07月02日(土) No.3848 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen