LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


防備録、備忘録。


今日は思い立って脳卒中の発病の日付と、何はともあれその最中に感じて居たコトを確認するんだ。

 時は今から2年3ケ月と19日前、
平成22年、西暦2010年11月11日(木)、時間は確か早朝の4:30頃。釣りキチの舎弟の処に行って陣中見舞いをするつもりが、車を降りるなりヘタヘタと事務所に駆け込んで、椅子に座って、あとは朧げに、救急車から近くの救急病院に運び込まれて、恐らく3日間は救急医療処置をやってたんだと思うが、4日目には初期リハビリと云う事で、なぜか悲愴感とか絶望感じゃなくて、凄いなぁと云う人間のチカラと近代医療の発達を感じてた。

 幸いだったのはその救急病院に、自宅近くの三重大学病院の脳神経外科の若い医師が週に一遍、回診をしてくれてたこと。それは2週間後の転院で、回復期リハビリを行う日本有数の設備とスタッフが揃った榊原温泉病院に行っても、同じく週一回、同じ医師だったのだ。こりゃ〜転院に骨を折って呉れた弟に感謝せずには居れようか。

 2010年11月20日にから、あの頃はauのケータイメールで取り敢えず絵文字だが返信出来るようになった。で、そのメールの送信記録と、じき再開したツイッターのログを参照にしてるので確かな記録なんだ。

 2010年11月26日(金)救急病院から榊原温泉病院に転院。命の恩人である実弟が日を明かさず片道20kmもある病院なのだが来てくれていて、おまけに二日後には散歩がてらに市内のヨットハーバーまで連れってってくれたんだ、もちろん車椅子でだ。

 確か、その前から脳動脈の手術は決まっていたと思ったが、12月1日のことだ。弟ともに近くのショッピンセンターに駐車場にいれた時、空のあまりの眩しさから目を逸らしていると、その現象が襲って来たんだ。脳外科ではお馴染みの「一過性黒内障」だ。で、慌てて病院に帰り安静にしてたんだが病棟詰めの担当医では説明するのに覚束ない。なんせまだ酷い失語症と片麻痺だから、その週の金曜日を待ってあの脳神経外科医の問診を受けたんだ。それで手術は急がねばとなって、MRAやMRIの画像診断が急ピッチになり、年明け早々、三重大附属病院に移転が決まったのが12月下旬。ツイログのその頃の記述を見ると12月27日にはもう、諸々の手術に関しての書類や誓約書が出来ていて、吹っ切れて居り、「やるぞー!」と云った気合いが満ち満ちていたんだ。たぶんその頃は一過性の黒内障でいつ脳梗塞が再発するかと諦め半分だった様にも思えるんだ。

 話は戻るんだか12月3日に病院から、DVDの視聴とキーボードの操作用にノートPCを病室に持ち込んで良いかと伺いを立てると、そりゃ好いリハビリになると言われ、さっそく弟に頼んで自宅よりvista機を持ってきてくれたのがいいんだが、さて、まずWindowsに入るパスワードが脳機能の障害で判らない。で、やってみるもんだね、翌日、確か英文と数字で8文字だったいうことで試行錯誤、半日掛かりでログオン成功。やったね!

 この時期、ケイタイメールの入力が出来ないと云うことを如何に第三者に納得させるのかが難儀あったなぁ。なんせ、平仮名が頭に描いて居る様なコトバじゃないんだもの。却って漢字や英文の書ける筆談の方が便利だと思うに至った。脳の機能は恐れい居る、たぶん漢字や英文はイメージとして記憶されている。しかし血管にステントを入れ、左側の脳動脈がほぼ9割近く回復するまでの2カ月、一日でPT、ST、OT、計3時間、自主トレ1時間、言語宿題1〜2時間のリハビリは、徒や疎かには出来ないのだが、まぁ遅々として捗らないのだがそう云う事なんだ。

 明けて1月11日(火)転院の日、二日後の木曜日13日にカテーテルの検査手術、血管に造影剤を注入して脳動脈の狭窄部分を詳細に血管内部から検査された。部分麻酔なので執刀医二名の声が聞こえる。其れによるとこんなにバイパスが発達したのは見た事が無いと云う事だったので、今更ながらに考えて見ると4〜5年前から狭窄が始まって居たんだね。然もありなん。

 で、後日、脳のMRA画像をまえにして、検査結果と手術の方法を手際よく説明して下さったのだが、なんせ驚いたのは左脳の血流がほとんど流れていないんだ。そしていよいよ21日(木曜日)の手術決行日、意外なほど冷静に手術室に向かったんだが、ひとえに外科医の先生が信頼できるんだと云った感覚。患者が医師の力量を判断するのは恐れ多いと思うが、なんせこの先生は無駄がない、気さく、若い、謙虚と云う事で、これなら万が一事故ったとしても命なんざぁ呉れてやるさ、ってな事を思う余裕があったね。

 午前9:30に手術開始して終ったのが多分11:40頃だ、手術時間としは平均並みだったのだが、終了とともにドクターの呼び掛けに応えて、僕の第一声が早口言葉が「東京特許許可局の局員」、えっ、と云うのでもう一回。よほど言語障害が気になってたらしい。それと手術灯の蛍光灯を指さしながら「眩しくない!」と言ったのをいまだに生々しく覚えている。この手術に至る一カ月半の間、黒内障が頻発してたしその間隔も、手術日に間に合わないかなと考える方が多かっただけに、目がスッキリしたのが余程嬉しかったんだろう。

 大学病院には術後10日間いて傷が回復出来たのを待って再度、榊原温泉病院に転院して3月31日まで回復期リハビリを続けることとなったんだ。


 実は、今日の土曜日、なにげに発症前の当時を思い出したいとブログの記事を読み返ししてたんだが、ちょうどお気に入りの写真入りの物が有ったもんだからブログ記事の転載でお茶を濁そうとしてたんだが、発症9日目にしてauケイタイでのツイート、18日目にしてケイタイメールが残っているもんだから、よし、一つひとつ詳細に書いてやろうとしたんだ。まぁ、長いながい。それで言語障害、失語症のトレーニングの一環ででもなるかな。前には気にすることはなかったんだけども、長文、或いは短文、或いはツイッターの様なものでも「何言ってるのか判んない」と云う事の自作例、になるのかも。

click

 タイトルが「続かないもんだ。」なんだが最後に書いたカワハギの話しと写真でどっか行っちゃったんだよね。

---発病五日前、2010年11月06日(土)のブログ記事---
 このところの早起きでなんとなくマットーな社会に生きる人間のようにも感じて有頂天とまでは行かぬが、まぁ気分良くしていたのだが今朝は明け方までDVDなんぞを観てしまい起床したのがもうお昼だ。予報に違わずからっと晴れた秋空で夜更かししてなきゃ絶好の釣り日和といったところだが、部屋いっぱいに広げた釣り道具がまるで整理されておらず儘ならぬもんだなぁと気合をいれて取り掛かる。現地での動作をイメージして小物や仕掛けをスムースに取り出せるようにあれこれ試行錯誤、なかなかまとまらないのだが苦闘10時間、ようやく満足できる道具立てとなった。我ながらたいした集中力でこの間食事はもとより他の事には一切目が行かなかった感じだ。ちらりとニュースやツイッターをのぞくも、興味を持って眺めるときとは大違いでつまらんの一言しか出ない。社会人を卒業してよかったなぁとつくずく思う一瞬だ。

click


 夜、久々にカレー料理に挑戦、大ぶりに切った野菜の下ごしらえを終え、オロシニンニクとオロシタマネギをサラダ油で炒めるところから暇にあかせて慎重な火加減で作った「ポークカレー」、もちろん満点の出来栄えだったのだが時間を見るともう夜中の12時を回っている、そんなぁ〜。

 持ち込んだ時には息も絶え絶えだった神前湾からのカワハギがやたら元気になっちまい、時おり倍も体の大きなグレを追い回したりしている。傷付けるところまではいってないが狭い水槽でおっかけっこは良くないなぁと思案中、どうしたもんか。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年03月02日(土) No.4103 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

立春の頃って云えば....


 ニュースで尾鷲の海沿いの二本の河津桜の事が報じられていたで、そう云えば三年前の日記によく通った南伊勢町の瑞賢公園の早咲き桜の事を書いていた。

〜転載〜2010年2月18日〜

click

 

click

 

click

【瑞賢公園】

 帰路、国道260号線沿いに鮮やかに色付いた、初めは梅か桃の木とばかり思った植え込みのある小公園に寄って、良く見るとなんと桜じゃありませんか。江戸期の賢人・河村瑞賢の記念公園だと知ったのだが、渡会郡出身だったという。桜を良くみると伊豆の河津桜みたいだがひょっとして移植したのかもね、山間の里にしては比較的日当たりの良い場所で菜の花も咲いていた。まるでここだけ春のようだった。

web拍手_履歴


2013年02月04日(月) No.4093 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

糸井重里さんに釣られて。


 ツイッターの中で糸井さん、そう云えば「ちゃーんちゃらおかしいわ!」ってことばを使っていなかったが使いたい言葉だよねっ、って事に反応して僕はそんなこたぁないさって調べてみた。このブログの検索結果なのだが、やはり8件もあったよ(^_^;)。
 その中で一番最近の2010年7月31日(水)のエントリー記事でタイトルが「なんとも、チャランポラン」と云うもの。思わずここんとこの心境がそれと同じだ、って云うことで改めてアップした。

それがこれ。↓

 『結局今朝は一睡もせずに明け方を向かえ、眠くもないのでそのまま出かけようとしたのだが、目的とする場所で釣りをしているイメージがどうにも面白くない。これは志向が釣りに向かっていないのだとあっさり決め付け今日の釣行は中止、引き続き活字を追いつつ想念に浸る。想像の世界は無限に広がりとてつもないスピードで思いは巡り云わば空転なのかも知れないが、こうなると趣味だ道楽だも一光景にしか映らず拘る事ではさらさら無くなる。精神こそ至上のものとする拙者にとっては絵空事だの非現実だと言われても平気の平左でまことに貴重なる状況であるのだ。これに比ぶれば巷間言われる趣味趣向の勧めなんざぁちゃんちゃら可笑しく、しかしながら自虐的に言えば自閉症のごときでもあるのだが若者のそれと違って広がりが全世界全人類というのが気分を良くする。いくら自分の世界に篭っていても人間のDNAのなせる業か世間と完全に切れ放たれる事はないがそれも一興、ただそちらに目が行くと腹立たしいことばかりで甚だよろしくない。
 おりしも列島は高気圧に覆われなんとも勿体ない気もしないでないが、ここはやはり気分優先、どのみちまたぞろモードが切り替わるさ・・・・・・』

 なるほどね!


 おりしも、ゆうべ釣りキチ弟が絶好の釣り日和になるんだが、どうよ?って釣行メールがあってさ。なんせ、リハビリ優先と云っている事だし・・・ちとザンネン!

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年01月16日(水) No.4087 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

サッチモ、編集して五年かぁ〜♪


 まぁ、飽きないね。編集してから、もう五年になるのか!

 皆さん、佳いお年を(^_^) 


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2012年12月31日(月) No.4082 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

「しんじウエザー」が....


 今日は衆院選挙と東京都知事選から明けて月曜日、開票速報が始まって粗方勢力図が判るまで、夜中の3時頃までか、NHKはじめ民放4社をザッピングしながら眺めていたいんたが、なかなか予想通り行くと愉快だね。マスコミ各社でやっているあの出口調査、こりゃあ、終了時間前にわかってしまうが、悪いこっちゃないね。開始早々、猪瀬さんの当確。

 早くからネット環境に携わっている拙者は今はやりのツイッターやフェイスブックやSNS、ブログの影響は、オトトイこいって云う感じで相手にはしていない。遊戯・ゲームの延長で発信遊びに興じるばかり、あと100年掛るわぃ。

 日本は多分、北欧や英国といった先進国などに、まだ20年遅れているが、統治機構があのイギタナイ官僚官吏から奪い取るまで、もうちょっと掛るかな。まぁ希望は持てる。ようするに、仕事しないでしゃぁしゃぁと身分保障されいる皆さんがガンだね。まだ間に合う。

 で、お昼過ぎ、毎日差してる目薬がもう数滴なのを思い出し、よし、眼科医だなって事で、予め「Yahoo!天気予報」の雨雲レーダーで信用したのが拙かった。
 診察うけて目薬をもらい、結果が良いもんだから、気分はルンルン、タクシーを呼んで待つこと10分、あれれ、雨が降って来た。慌てて雨雲レーダーをみると、こりゃあ雨だね。雨雲が湧いてるは、大気圧1012.5hPa。然もありなん!

 ほんと、年に1回か2回、雨に降られるが、これも良しとしなくちゃね。

 タクシーの乗って、ふと帰り道で理髪店に寄るという考えが閃いた。ドア・ツー・ドアで雨に濡れる心配はない。よし、行こうとなって、これが正解だったね。いや、先月末に配置されたと云う若い理容師、これがスコブル付きの「ハサミ・ワーク」。これぞ手に職を持った仕事師だ。ラッキー(^_^;)
STOP

Permalink もっとこっちでも


2012年12月17日(月) No.4077 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

6年間で4回。


click
林檎を食べた!
しかも、ペディナイフを使ってだ(^_^)。

変な話しで、
日本の平均寿命が約80歳だとして、誕生から15歳まで逆算すると、もういらないものが山程あるわけで、ここ6年間で身の周りの物を、4回大掃除したんだ。で、座右の音楽とか本とか、PCとかお気に入りの釣り竿とか、数える程に減ったのでその分、気分が好いんだよ(^_^)。
でも、ホラ吹いてると云われそうな、自分の寿命が99歳だとしたら、もうこれは万民が笑っちゃうな20年間になっちゃうだろうな。自分で言っていて面白いんだから(^_^)。
STOP
このブログに、画像のアップがiPhoneで初めて出来た。

Permalink もっとこっちでも


2012年11月10日(土) No.4033 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

格安フライトで。


click

 一昨日の夜、北海道に住む二人の姉さんが来た。なんでも2月前に予約して、いわゆるLCCなんだという。でも世界的に見て十年一昔じゃなくて、先進国と同様、要らないサービスと予約キャンセルを無くして満席に近い状態で運行する分には良い事と思われるんだ。なんせ、ビックリする様な値段だ。

 そして、破顔一笑、近所に住む釣りキチ弟と連れ立って高速フェリー乗り場に迎えに行った時には、一年振りの再会をコトホイダものだ、くっくっく。だって六人兄弟、人も羨むような仲なんだけど、もう本当に健康のことだけ気にすりゃ〜好いだけになって来て、まぁ、いい気なもんだ。

 商売をやっている弟がやはり現役の強みで、元気が良いこともあり、殆んどドライバー役をまかなってくれた。昨日は天気の好いこともあって片道70kmの滋賀県甲賀市信楽町までプチ観光、たまには好いね。

 でも考えてもみりゃ、72歳と74歳、ホント、血色も良く写真で見ると、また若返ったようでもあります。札幌ドームでアルプススタンドの席の階段を、めっちゃ早いスピードで駆け上がるお婆さんいたら、皆さん元気を貰って下さい、だはっ。あの日ハムの日本シリーズの敗退から二〜三日で吹っ切れる図太さがなけりゃこうは行かない。


 ほんとは、お土産に貰った札幌の老舗ラーメン「西川ラーメン」の事を書く筈だったのだが、やめやめ。くだらん愚痴にしかならんわい。
STOP

Permalink もっとこっちでも




2012年11月08日(木) No.4032 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33][34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen