LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


思い切って行ってみた。


click

ここニ週間位、ブログや生活上はなんとなく誤魔化して来ていたのだが何かみょーぅな感じがつきまとい、吹っ切れない。自分は決してそのような精神状態にはならないという自信というか思い込みがあったのだがどうやら制御不能に陥っているような感じだ。今までだって精神的に落ち込むことなど何百回もあったが、今のそれはどうも違う。説明がつかないのだ。時間が余っていると思ったことなどあったろうか。やることなすこと全て無意味なことと感じる。駄目もとと思いつつ一大決心して某大学病院の精神科ドクターのカウンセリングを受けた。一時間近いカウンセリングであったが、一通りの会話の後、まず言われたのが「良く来られる決心をしましたね」という言葉である。そしてこれからの治療スケジュールを示され、回復までには相当の日数が必要なのであせらずぼちぼちやりましょうということであった。統計では五人に一人が陥る「病気」だそうな。帰りに写した桜、「きれいだな」と思う心が半分、「そんなこと思う自分を嘲る」思いが半分というのが正直な気持ちだ。
2006年04月04日(火) No.79 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

銀行


日本の景気が回復傾向で特に国税をつぎ込み統廃合を繰り返してきたメガバンクは空前の利益を上げているという。銀行というシステムがすっかり世の中に浸透してしまっていて、まともな金利の頃には無料のサービスだったはずの入出金手続きが、機械化された上に高額の手数料を当然のようにかけ、しかも超低金利なのだ。銀行にお金を預けるという意味を庶民は考えるべきではないだろうか。年間総利用高と手数料合計と金利の割合を数字にすると驚いてしまう。反対にこちらは無料をうたい文句に映画や音楽、ニュースをというUSENのGyaoというサイト。噂には聞いていたがとても良質だと思った。
2006年04月03日(月) No.78 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

新年度のはじまり。


新年度が今日からスタート。そういえば、エイプリル・フールといってじゃれあうこともなくなってしまった。朝のTVでチラリとそんな話題があがっていたが、今の世では、フゥーンといった感じ。やはり人間関係が希薄になっているのかなと思ったりする。暦の新年とこの新学期とか新会計年度の始まりは各国ばらばらでそれぞれの国の歴史が強く反映されていて興味深いものだ。
ここ一週間、体調が優れず憂鬱である。桜を観過ぎたせいかも知れぬ。考えがまとまらない、というより頭の中に自分が二人いるような感じ。
2006年04月01日(土) No.73 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

今日の昼ごはん。


今日は昼時会社に居たので昼食は行きつけの定食屋さん、といってもマグロ専門店で安くておいしく、店内のBGMがモダンジャズ(有線放送かな)ということと、丼ものの量が自分にピッタリなのが気に入っている。毎回注文するのは「納豆づけマグロ丼」で610円。さいころ状のづけマグロを乗っけた丼に、マグロだしのカップスープと小鉢の納豆がついてくるだけだが、とても食べ易くおいしい。BGMは遠慮がちに小音量で流れているのだが、必ず知っているスタンダード・ジャズなのが落ち着く。他に近くで行く店はあと3軒しかないというのは普通のことかな。しかし、いづこでも注文するメニューは1種類というのは、単に無頓着ということか?場所は甲州街道沿い京王線笹塚駅側。
2006年03月22日(水) No.42 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

天城山中。


今日は写真で。
天城山
2005年09月08日(木) No.125 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

2009年8月23日(日)のブツブツ。


 先日、どこかの報道番組で我が国の選挙開票をいかに正確に早くなしうるか工夫の限りをつくしているかのような自治体の紹介があり、吹き出してしまうほど可笑しかった。いつまでも100年も前と同じようなことをやってるのかということに尽きるのだが、民主主義には手間ひまと費用がそれなりに掛かるとはいえ今の時代、いくらでも改善の仕方があるだろうに、やはり官吏になろうかってような方々に創意工夫は無理なんだろうかとがっかりだ。

 なにもITを駆使してシステムなんぞ作るまでも無い、単純な押しボタン式で全国統一の汎用投票機を何十億円かで作りゃ集計なんざ間違いようもない。相応の見識を持つ方が地方自治体の首長になるとたいていとんでもない摩擦が生じるのは、まさに何の工夫もしないお役所シゴトに対する苛立ちからだろうと十分考えられる。民業であれば成果なくして報酬は得られぬのに官吏は暢気なもんだ。よって信賞必罰が必要なのだがひょっとし話し合いなどでは出来得ないことなのかも知れないなぁ、となると腕力か。それも情けない。大体が地方の時代などという言葉の意味が判らん。

 この半世紀を振り返り、あれだけ収めた税金をよくぞ食いつぶしてくれたものだという思いを周りの皆から聞かされる、たしかにそうだ。
STOP_

web拍手_履歴



1965年06月30日(水) No.2824 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

2009年8月8日のつぶやき。


【つぶやき】

 詩人は言葉をつむぎ
 音楽家は音を奏で
 画家はキャンパスに絵筆を走らせる。

 おしゃべりは疚しくも到らぬことへの言い訳だ。

至言だなぁ、おしゃべりな表現者は漫才師くらいのものだ。創作者と評論家の決して交わることの無い境界線なんだろうな。

 おしゃべりは喧しい、天に唾するたぁこのことか。

1965年06月30日(水) No.2782 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen