LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ストレージサービスなのだ。


click

 今更なんだが好きなこともあって、個人的に利用のが目的の、いわゆるインターネット上の仮想ドライブについて調べたんだ。

 これらはネット回線がありゃ便利なものだが、なんせ他人のサーバーにデータを保管すことになって、ましてGoogleDriveに至ってはデータの書き換えや知的財産権までもGoogleさんと共有しちゃうってんだがら想像を絶するアホーな世界だ、いや、阿呆は余分だ(^_^)。

 ここ数年、大手で無料ストレージを提供したのが、Google Drive、Dropbox、MS SkyDrive、Naver Nドライブ、Yahoo!ボックス、Amazon Cloud Drive、アップルiCloud、Boxの8つだが他人事ながら気にかけているんだ。

 無論、ひとしれず十数年前から一人クラウドの世界で、みんなが利用すると良いのになぁって思っていたんだか、こうして見ると些細なコトにしか思えないんだ。

 ホームページ、ブログページに続く、FB、ツイッターなどのSNSなどのAPI公開などの流れを受けてこうなっちゃったんだろうが、世間で云われて居るところのオピニオンリーダーの意見はまず持って正しいよ。ただリスクを取るか便利さを取るかと言われれば、こりゃ判んないんだね。

 ただ言える事はGoogleやMS、Macなどがお試しサービスとはいえ、数GBの無料フォルダを置くってコトはイイことなんだろうし、これは良いとなって有料サービスに結び付けるのは、たとえ100人に一人でも商売にはなる。

 有料サービスでは20GB〜1TBで年間$10〜$150だ。たぶん、世界中のエグゼクティブにとって共有したいデータは無数に有るだろうしぃ。あ、此処で云う我が国だけではなく世界中の殆どのネットユーザーは無関係ない話でした(~_~;)。これは今も昔も、300年経っても変わらない比率だ。


 そゆえば拙サイトのメインページに張り付けてあるBBS、フィルターを潜って外国じゃなく、たぶん日本の中学生か高校生が、一丁腕試しとばかりspamを書き込んで来たが、あまり掲示板を覗く事はなくなったので、もういいやとばかり緩やかな書込み禁止処置にしたんだ。

 ほかにmp3やmidiファイルのアンケートランキングがコメントを書き込める様に成っていたが、いっときの余興で僕の自己満足なんだなぁ〜。

 で、動的ページとしては自宅のノートPCかデスクトップPCに残してあるので思い出としちゃ〜重宝してるんだ。

 このブログもターゲットに、不謹慎だが成らないとも限らん、わぃわぃ。なんせ、メール同様セキュリティに関して言えば、イタチごっこ。犯罪についてはリアルとバーチャル、絶対安全と言うと事はないね。いかに確率を低く抑えるかという事になるが、今現在はマスコミのMCやコメンテーターや大新聞の記者などと同じように、ネットに近づかないと云う方法が有るんだよ。

 あのマスコミで大々的に取り上げられた「幸福度世界一」の国、ブータン王国、Googleも形無しだね。なんせ、通信網がインフラとして世界的に認知された頃、王様と国民が一致して必要ないと断言したんだからね。

-------でもって、明日に続く。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年04月03日(水) No.4118 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

四月だね !


click
♬〜ここにきて画像ファイルに
読み書きがうまくないんだな。

 使い古した解約済みの中古のケイタイ、ほとんど廃棄しているんだがここにきて、小型簡易無線機器やコードレスフォンの類いが我が国での「法規」関係を調べる毎日なんだが、今の所、ほほんど数十メートルの屋内で使う分には問題はない。SB社や他の二社や、大手電気メーカーでもうやむやにしてるし、やれ白ロムとか赤ロムとか、僕に云わせればなんか金儲けの話ばっかりでショウガナイ。しかしIT技術ハードウエアの仕様書って......(^_^) 。

 いわんでもいいかなっ、ってことなんだが、こんな便利な物を廃棄するのは万民にとって勿体無い。多くのIT賢民がアナウンスしない事はひょっとして分業化が進み過ぎて、もはやどうでも良いと云う事だろうか。ほどんど100%のユースドスマホやiPhoneは簡易無線機器として無線LANにつなげますよってことなんだ。一部の人の常識で、やれ携帯サイトに繋げないとかメールがとか、いいかげんだね。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも




2013年04月01日(月) No.4116 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

すっごいね!


 洒落で付けたこのブログのウエブ拍手、今日はなんと300回に届かんとする勢いだ。ちなみに「F5アタック」いうか、パソコンの「拍手のお礼の画面」でキーボードの「F5」を連続プッシュすると数が増えるんだ(^_^;)。
STOP
 暇なんでログを調べて見たんだが、2:30〜3:30に掛けての『93.100.116.6.pool.sknt.ru』リモートPCの連続拍手なんだね、おおきに。


Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年02月07日(木) No.4094 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

回線事故。


 今日の真夜中、2:30頃我が家のWANが途絶えたんだ。丁度寝る前だったものだから、きょうび、無責任なヤッチャなぁと慨嘆、幸いにして一時間半はどで復旧したんだが、ひょっとして定期メンテかなぁ。事業者としては「NTT西フレッツ光」か「YahooBB」なんだろうが、どうも光ユニットのWANやVoPIランプが最後の手段で電源を再投入する前には正常だったことから、YBBのオフラインが考えられるんだ。

 もし、電気の瞬停と同じくこの一時間半のオフラインは、特に断る必要がない、って云う事であるなら.....まぁ、それもイッカ。そしで一カ月目にして、あろうことか。IPアドレスが変わってしまったんだ。ちとザンネン(~_~;)。

click

 NTT西の光ユニットのコールドスタートをかける前には、もち、宅内LANのあれこれをチャチャっとやってしまってだが、なんせ、要領がいいんだ、こりゃぁ学問や技術にうちには入らないよ、ぐふ。

 数行づつ何回かに分けてこのブログの記事を書いているんだが、ここにきて、なにを書くのかボヤケテきた。そうだ、「Google Adsense」のことだったが、がっ、又にしよう。

 取り敢えずカナダの「まん丸クミさん」の久々の当ブログへの書込みがあっため、たまたま「Google Adsense」にログインしてみた所、その世界地図にカナダと日本が写っていたことがメインに成る筈だったが、もお眠いzzz
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年01月22日(火) No.4090 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

あった、あった。


 昨日アップした「全国自宅サーバーマップ」さんだが、待てよ、以前にもエントリーしたことが無かったっけ、っと云うわけで引っ張り出してきたのが、2006年11月22日に書いたこれ!

 6年経ってるが、自宅サーバーに関する考えは殆ど変わらないんだが、これを可と見るか不可と見るか、そんなコト知らん。ただ、明らかに違うのが文章の拙さだ。やはり2年前に発病してから脳のちょこっとした部分が壊死した事による影響が大きいんだろうね。たぶん、書いてるうちに何言ってるのか解かんないという現象おきて、読みづらくなってるんだ。ぐふぅ〜♪

 せっかくだからその記事を再アップ。
----------------------2006年11月22日----------------------

 どうやら天気は明日から下り坂。今日は良い天気でした。
で、帰宅して、前から気になっていた「自宅サーバー」人口。
自分は相当早い時期(ダイヤルアップ)からマイクロソフトの提唱するP2Pを真にうけ自宅、会社、モバイルでの端末にサーバー機能もたせftpでのファイルの読み書きをしており、2004年に現在の「しんじワールド」というサイトを発信するために常時接続を利用して自宅のPCをサーバーとして運用しはじめたのだが、我が国でどれだけの人がこんなことしているのかと少し調べてみる気になったのだ。

---------------------------------------------------------
最新の情報で、(インプレス社 「インターネット白書 2006」 アンケートデータ参考)自宅でサーバー構築している人口は、現在154.6万人といわれる。 インターネット人口を 7361.9 万人とし、その 2.1%が該当する。
---------------------------------------------------------
というものだが、100人に2人が自宅サーバーを構築しているというのだ。

 インプレス社はこのハウツー本など出版しているので、あおっている感が否めない。どう考えてもせいぜい1000人に一人くらい、全国で10万人も居ないように思う。2002年ころの「全国自宅サーバーマップ」に登録していたのが約800ホスト、webリング参加者は400ホスト足らず。

click


 どうにもこのアンケート調査というのが腑に落ちない。

というのもwebサーバー構築して商用とするには通信事業法の規制があるためあくまで趣味、個人ユースの域にかぎられるし、そのような趣味人であればなんらかの発言がネット上にあって不思議ではないと思うのだが、まわりを見渡してもそんな人にはあったことがない。

 そしてこの「自宅サーバー」愛好者はやはり発信するコンテンツ、ページにはその構築方法などを主にしているというのは十分理解できることだ。

 プロバイダやレンタルサーバーでのホームページに比べ圧倒的に自由なのだ。

 誰かがいっていたが、自動車が発明され個人の意のままに移動可能となりその魅力にとりつかれてだれもがマイカーを望むようになり現在の自動車社会が出来たのだと。しかしこれは当てはまらないのではないかと感じている、というのも得られる自由とそれに要する学習が車の場合とでは比較にならないくらいにめんどうだ。難しいということでなくややこしいというか、煩わしい。好きな人にとってはそれが良いわけだが。目的と手段ということで考えるとやはりサーバーは手段、道具なのであってその構築を趣味とするのはやはりマニアの部類にあたるのではないだろうか。

 発信したい何かがあれば手っ取り早くプロバイダの無料スペースやブログサービスを使ってページを作るほうがよほど合理的なのだ。

 そこで不思議に思うのは世をせっけんしているPCのオペレーティングシステムにはほとんど最初からこのwebサーバー機能がついているというのはどういう意味があるのだろうか。だれでもがサーバーを構築できるようになっていても誰も立てていないという現実。

 今回は調査ということでかの巨大匿名掲示板サイトでの「自宅サーバー」スレッドなども見に行ったが、やはり数人か数十人の関心事でしかないようであった。

 この「自宅サーバー」に関してはやはり「鷹ノ巣」さんのサイトがダントツで内容が充実していて掲示板もじつに親切心にあふれているように思った。
拙者も初めの頃2,3回お聞きにおじゃましたことがある。
聞くところでは「webリング」を引き継いでくれる方を探しておられるようだったが相当の情熱なしには出来ないことだ。思うに、それこそ「インプレス」さんあたりが引き取ってサービスしたら良いと思うのだが。

----------------------2006年11月22日----ここまで。

STOP

Permalink もっとこっちでも


2012年12月12日(水) No.4076 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

やったね!


click
やはり、ハイパー老人だとホーム画面がチガウ。


 やったやった!だいたい3時間半でISPとクラウドの引っ越しが終わった。DiCEのファイルが落っこちてて焦ったんだけど、まぁ粗方終了だぃ(^_^)。ご飯ゴハンだね!
 後は数多あるログインアカウントのメルアドの交換、年内に終わるのかい、ふぅ〜。

【追記】
 実は、長年に渡ってお世話になって来たISPを解約することになりルーターだメルアドだのの設定で、思ったより短時間で済んでしまい、ちと残念(^__^;)。事のついでに「自宅サーバー」を構築している人は全国で如何ほどいるのかってなわけで、老舗で「全国自宅サーバーマップ」さんを調べたんだが、もう閉鎖しちゃってる。で、サイトアップした頃、お世話になった「鷹の巣」さんの「〜WebRing」が健在されていたので調べると、ウエブサイトが331件。もう10年もたって今に至ってるんだから、ほとんど稼働していないや。因みにYahoo!カテゴリーで見るとエントリーされているのが30サイトのみ。

 まぁ、極小級のマイナーになってしまったわぃ。余人はさて置き老後のヨスガな〜んっちゃって、あまりハイパーなのも何だね。

 花鳥風月人間社会を見渡しゃ、今となっては人間観察が無責任に面白い。ただイマイチ熊野灘の海辺に居を構えられないのは偏に光ファイバーのせいだが、な〜んかなぁ、

STOP

Permalink もっとこっちでも


2012年12月11日(火) No.4075 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

Windows7のクラッシュのおかげで。


 オンボードのネットワークカードと古いスィッチングハブの振る舞いが判った。結構な手順で順番を間違えるとダメなんで一応メモしとく。
目的はサーバー機の固定アドレスWindows7-32bitのDELLの奴なんだ。
 あらかじめ云っておくとWi-Fiで使う無線ランのルーターや主力で使うハブのDHCP機能を有効にしておく分では問題ない。

 問題なのはNICのプロパティを手動でIPアドレスを振っちゃうところからなんだけど、以下に正しい手順を書き留めた。
・NICカード:Realtek RTL8168D/8111D Family PCI-E Gigabit Ethernet
・S/Wハブ:メルコ社製 Buffalo LSW10/100-8P
・上位のインターネット・ルーターはサーバー機の固定IPと、NATやパケットフイルター等々。これは変わらない。

一応の手順。盲信しないでね!

1)オンボードのNICの上に固定アドレスや必要な事項を書き込んで置く。
2)当然PCのネットワークは未接続か、10Mで辛うじて、S/Wハブでの通信がなされている。
3)そこでS/Wハブの電源を落して、WAN側のLANケーブルとサーバー機のLANケーブルを抜く。
4)サーバー機のLANを繋いでからハブの電源を入れ。
5)ハブのWAN側のLANケーブルを繋いで一件落着、だ。

 で、つらつら思うのがS/Wハブに2〜3台、固定IPものの端末とか繋がってるもんで、先に100Mbpsの通信が確立してから、上位、ルーターのケーブルが繋がって、正規の通信が始まったのではないかなどと推測する。

 RealtekのギガバイトNICはどうもIPV6優先で走っちゃうみたいで、Windowsのネットワークシェルの内、コマンドラインからnetsh使っていろいろ出来るやに聞いてるけど確証持てないんだ。滅多な事ではいじらないのさ。

STOP

Permalink もっとこっちでも


2012年12月01日(土) No.4074 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen