LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


BJD Ver 5.8.2.0!


 一夜明けたこの月曜日の朝、バージョンアップしたウエブサーバーが止まってはいないのもの動きが鈍くなっている。EventLogExplorerで調べてみると、やはりmscorlibの「イベント名: CLR20r3」だった。1〜3時間おきに現れるのだが、dllを探しても、これがない。

違った !!Ver.5.8.2.0で、WinwdowErrorReportでは記録されないんだ。



click

 そのかわり.netでerrorが。これもBJDエラーログでは検知せずサーバーも止まらないんだ。

EventLogExplorerのログ。
------------------------------------------
Type : Error
Date : 2013/04/15
Time : 4:12:30
Event : 1026
Source : .NET Runtime
Category : None
User : N/A
Computer : Echigo-PC
Description:
アプリケーション:BJD.exe
フレームワークのバージョン: v4.0.30319
説明: ハンドルされない例外のため、プロセスが中止されました。
例外情報: System.ComponentModel.Win32Exception
スタック:
場所 System.Diagnostics.Process.StartWithCreateProcess(System.Diagnostics.ProcessStartInfo)
場所 System.Diagnostics.Process.Start()
場所 WebServer.ExecProcess.Start(WebServer.WebStream, WebServer.WebStream ByRef)
場所 WebServer.Cgi.Exec(WebServer.Target, System.String, WebServer.Env, WebServer.WebStream, WebServer.WebStream ByRef, Int32)
場所 WebServer.Server.OnSubThread(Bjd.sock.SockObj)
場所 Bjd.server.OneServer.SubThread(System.Object)
場所 System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart_Context(System.Object)
場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(System.Threading.ExecutionContext, System.Threading.ContextCallback, System.Object, Boolean)
場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(System.Threading.ExecutionContext, System.Threading.ContextCallback, System.Object)
場所 System.Threading.ThreadHelper.ThreadStart(System.Object)
------------------------------------------------------------------


click
♬〜5年前のデジカメ写真(^_^)。



サーバーは止まらないがエクスプローラのポップウインドウで下記の様な警報がでる。


------------------------------------------
BJD 問題
Stopped working
日付:2013/04/15 6:34
状態:レポートされていません
説明:Stopped working
問題の署名
問題イベント名: CLR20r3
問題の署名 01: bjd.exe
問題の署名 02: 5.8.2.0
問題の署名 03: 516a3256
問題の署名 04: System
問題の署名 05: 4.0.0.0
問題の署名 06: 5073c71b
問題の署名 07: 3e46
問題の署名 08: 3b8
問題の署名 09: System.ComponentModel.Win32
OS バージョン: 6.0.6002.2.2.0.256.6
ロケール ID: 1041
----------------------------------------

 それぞれ上の二点は12時間のうちで、5〜6回でている。おおよそだがGoogleのクローラの一つがcgiスクリプトを送受信する際に起こしていると思うんだが、なかなか絞りきれない。

 ぐぐって見ると結構、Vistaでは頻発するみたいで、.....しかし、なんとかせねば、だは。

-----明日につづく。


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年04月15日(月) No.4109 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

札幌ワークスさん。


 釣りに迂闊をぬかす間に我がWebServerの提供元であるSINさんがBlackJumboDog Ver.5.8.1.0を公開されて居たんだ。二日遅れのバージョンアップ、ウエブサーバーBJD.5.8.1だぅ(^_^)。SINさん、ありがとぅぅぅ〜♬ 実は三時間掛かりでVistaのエラ〜退治に没頭しましたよ。Win7はスンナリ行くのにぃ〜。

 Windowsの三代前のVistaでウエッブサーバーを試験運用中なんだけど、メモリがカツカツで殆どのサービスは無効になっている。で、チョットしたインストールをする時はもぅ大変、これじゃ〜詳しくなるはさ(~_~;)!時間が有って良かったね、っとただそれだけ。

 それでバージョンアップし終って、BJDの掲示板の久方振り書き込んだんだ。たぶん5.8.1のログでクライアント名が逆引きできないのは直ぐ解決するだろうね。



 新BJD、クライアントからのpostで暴走しちまうよ(~_~;)。こりゃ〜残念だが旧Ver5.7.5を戻すよっかショウガナイ。




 お早うございます。ぜったいにシヌは。今から二時間ほど前に淡路島で震度M6の地震があったそうな!...ある私的な事件が原因で爆睡中だったよ。...あ、三重県は震度2だったんだ。

 事件と云うのは烏滸がましいが実はサーバーのバージョンアップに際してドキュメントフォルダのバックアップ取ろうとして起こしちゃった。それは去年の11月、クラッシュする迄メイン機として使って居たWin7のバッチ。いま現在はノートブックのVistaマシンにて運用してるんだが、アロウコトカWin7のファイルをxcopyでネットワークドライブZ:\htdocsに上書き保存しちゃった。オプションで「/D:02-25-1013」と日にちを付けてだったが気付くのが遅かった。

 幸いにこのブログスクリプトは月毎にテキストファイルで残るため一瞬2月のブログ記事がトップに出て来て焦ったがデザインの更新で救われた。他には5〜6ページの記述の変更や何と言ってもアクセスカウンターや動的ページの、時間からいって戻るといった感じがシャクに障るがショウガない!
mp3ファイルの参照回数11万とたしか2回だと思っていたのにぃ〜♬

------つづく。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年04月13日(土) No.4128 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

ストレージサービスなのだ。


click

 今更なんだが好きなこともあって、個人的に利用のが目的の、いわゆるインターネット上の仮想ドライブについて調べたんだ。

 これらはネット回線がありゃ便利なものだが、なんせ他人のサーバーにデータを保管すことになって、ましてGoogleDriveに至ってはデータの書き換えや知的財産権までもGoogleさんと共有しちゃうってんだがら想像を絶するアホーな世界だ、いや、阿呆は余分だ(^_^)。

 ここ数年、大手で無料ストレージを提供したのが、Google Drive、Dropbox、MS SkyDrive、Naver Nドライブ、Yahoo!ボックス、Amazon Cloud Drive、アップルiCloud、Boxの8つだが他人事ながら気にかけているんだ。

 無論、ひとしれず十数年前から一人クラウドの世界で、みんなが利用すると良いのになぁって思っていたんだか、こうして見ると些細なコトにしか思えないんだ。

 ホームページ、ブログページに続く、FB、ツイッターなどのSNSなどのAPI公開などの流れを受けてこうなっちゃったんだろうが、世間で云われて居るところのオピニオンリーダーの意見はまず持って正しいよ。ただリスクを取るか便利さを取るかと言われれば、こりゃ判んないんだね。

 ただ言える事はGoogleやMS、Macなどがお試しサービスとはいえ、数GBの無料フォルダを置くってコトはイイことなんだろうし、これは良いとなって有料サービスに結び付けるのは、たとえ100人に一人でも商売にはなる。

 有料サービスでは20GB〜1TBで年間$10〜$150だ。たぶん、世界中のエグゼクティブにとって共有したいデータは無数に有るだろうしぃ。あ、此処で云う我が国だけではなく世界中の殆どのネットユーザーは無関係ない話でした(~_~;)。これは今も昔も、300年経っても変わらない比率だ。


 そゆえば拙サイトのメインページに張り付けてあるBBS、フィルターを潜って外国じゃなく、たぶん日本の中学生か高校生が、一丁腕試しとばかりspamを書き込んで来たが、あまり掲示板を覗く事はなくなったので、もういいやとばかり緩やかな書込み禁止処置にしたんだ。

 ほかにmp3やmidiファイルのアンケートランキングがコメントを書き込める様に成っていたが、いっときの余興で僕の自己満足なんだなぁ〜。

 で、動的ページとしては自宅のノートPCかデスクトップPCに残してあるので思い出としちゃ〜重宝してるんだ。

 このブログもターゲットに、不謹慎だが成らないとも限らん、わぃわぃ。なんせ、メール同様セキュリティに関して言えば、イタチごっこ。犯罪についてはリアルとバーチャル、絶対安全と言うと事はないね。いかに確率を低く抑えるかという事になるが、今現在はマスコミのMCやコメンテーターや大新聞の記者などと同じように、ネットに近づかないと云う方法が有るんだよ。

 あのマスコミで大々的に取り上げられた「幸福度世界一」の国、ブータン王国、Googleも形無しだね。なんせ、通信網がインフラとして世界的に認知された頃、王様と国民が一致して必要ないと断言したんだからね。

-------でもって、明日に続く。

STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年04月03日(水) No.4118 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

四月だね !


click
♬〜ここにきて画像ファイルに
読み書きがうまくないんだな。

 使い古した解約済みの中古のケイタイ、ほとんど廃棄しているんだがここにきて、小型簡易無線機器やコードレスフォンの類いが我が国での「法規」関係を調べる毎日なんだが、今の所、ほほんど数十メートルの屋内で使う分には問題はない。SB社や他の二社や、大手電気メーカーでもうやむやにしてるし、やれ白ロムとか赤ロムとか、僕に云わせればなんか金儲けの話ばっかりでショウガナイ。しかしIT技術ハードウエアの仕様書って......(^_^) 。

 いわんでもいいかなっ、ってことなんだが、こんな便利な物を廃棄するのは万民にとって勿体無い。多くのIT賢民がアナウンスしない事はひょっとして分業化が進み過ぎて、もはやどうでも良いと云う事だろうか。ほどんど100%のユースドスマホやiPhoneは簡易無線機器として無線LANにつなげますよってことなんだ。一部の人の常識で、やれ携帯サイトに繋げないとかメールがとか、いいかげんだね。
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも




2013年04月01日(月) No.4116 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

すっごいね!


 洒落で付けたこのブログのウエブ拍手、今日はなんと300回に届かんとする勢いだ。ちなみに「F5アタック」いうか、パソコンの「拍手のお礼の画面」でキーボードの「F5」を連続プッシュすると数が増えるんだ(^_^;)。
STOP
 暇なんでログを調べて見たんだが、2:30〜3:30に掛けての『93.100.116.6.pool.sknt.ru』リモートPCの連続拍手なんだね、おおきに。


Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年02月07日(木) No.4094 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

回線事故。


 今日の真夜中、2:30頃我が家のWANが途絶えたんだ。丁度寝る前だったものだから、きょうび、無責任なヤッチャなぁと慨嘆、幸いにして一時間半はどで復旧したんだが、ひょっとして定期メンテかなぁ。事業者としては「NTT西フレッツ光」か「YahooBB」なんだろうが、どうも光ユニットのWANやVoPIランプが最後の手段で電源を再投入する前には正常だったことから、YBBのオフラインが考えられるんだ。

 もし、電気の瞬停と同じくこの一時間半のオフラインは、特に断る必要がない、って云う事であるなら.....まぁ、それもイッカ。そしで一カ月目にして、あろうことか。IPアドレスが変わってしまったんだ。ちとザンネン(~_~;)。

click

 NTT西の光ユニットのコールドスタートをかける前には、もち、宅内LANのあれこれをチャチャっとやってしまってだが、なんせ、要領がいいんだ、こりゃぁ学問や技術にうちには入らないよ、ぐふ。

 数行づつ何回かに分けてこのブログの記事を書いているんだが、ここにきて、なにを書くのかボヤケテきた。そうだ、「Google Adsense」のことだったが、がっ、又にしよう。

 取り敢えずカナダの「まん丸クミさん」の久々の当ブログへの書込みがあっため、たまたま「Google Adsense」にログインしてみた所、その世界地図にカナダと日本が写っていたことがメインに成る筈だったが、もお眠いzzz
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも


2013年01月22日(火) No.4090 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

あった、あった。


 昨日アップした「全国自宅サーバーマップ」さんだが、待てよ、以前にもエントリーしたことが無かったっけ、っと云うわけで引っ張り出してきたのが、2006年11月22日に書いたこれ!

 6年経ってるが、自宅サーバーに関する考えは殆ど変わらないんだが、これを可と見るか不可と見るか、そんなコト知らん。ただ、明らかに違うのが文章の拙さだ。やはり2年前に発病してから脳のちょこっとした部分が壊死した事による影響が大きいんだろうね。たぶん、書いてるうちに何言ってるのか解かんないという現象おきて、読みづらくなってるんだ。ぐふぅ〜♪

 せっかくだからその記事を再アップ。
----------------------2006年11月22日----------------------

 どうやら天気は明日から下り坂。今日は良い天気でした。
で、帰宅して、前から気になっていた「自宅サーバー」人口。
自分は相当早い時期(ダイヤルアップ)からマイクロソフトの提唱するP2Pを真にうけ自宅、会社、モバイルでの端末にサーバー機能もたせftpでのファイルの読み書きをしており、2004年に現在の「しんじワールド」というサイトを発信するために常時接続を利用して自宅のPCをサーバーとして運用しはじめたのだが、我が国でどれだけの人がこんなことしているのかと少し調べてみる気になったのだ。

---------------------------------------------------------
最新の情報で、(インプレス社 「インターネット白書 2006」 アンケートデータ参考)自宅でサーバー構築している人口は、現在154.6万人といわれる。 インターネット人口を 7361.9 万人とし、その 2.1%が該当する。
---------------------------------------------------------
というものだが、100人に2人が自宅サーバーを構築しているというのだ。

 インプレス社はこのハウツー本など出版しているので、あおっている感が否めない。どう考えてもせいぜい1000人に一人くらい、全国で10万人も居ないように思う。2002年ころの「全国自宅サーバーマップ」に登録していたのが約800ホスト、webリング参加者は400ホスト足らず。

click


 どうにもこのアンケート調査というのが腑に落ちない。

というのもwebサーバー構築して商用とするには通信事業法の規制があるためあくまで趣味、個人ユースの域にかぎられるし、そのような趣味人であればなんらかの発言がネット上にあって不思議ではないと思うのだが、まわりを見渡してもそんな人にはあったことがない。

 そしてこの「自宅サーバー」愛好者はやはり発信するコンテンツ、ページにはその構築方法などを主にしているというのは十分理解できることだ。

 プロバイダやレンタルサーバーでのホームページに比べ圧倒的に自由なのだ。

 誰かがいっていたが、自動車が発明され個人の意のままに移動可能となりその魅力にとりつかれてだれもがマイカーを望むようになり現在の自動車社会が出来たのだと。しかしこれは当てはまらないのではないかと感じている、というのも得られる自由とそれに要する学習が車の場合とでは比較にならないくらいにめんどうだ。難しいということでなくややこしいというか、煩わしい。好きな人にとってはそれが良いわけだが。目的と手段ということで考えるとやはりサーバーは手段、道具なのであってその構築を趣味とするのはやはりマニアの部類にあたるのではないだろうか。

 発信したい何かがあれば手っ取り早くプロバイダの無料スペースやブログサービスを使ってページを作るほうがよほど合理的なのだ。

 そこで不思議に思うのは世をせっけんしているPCのオペレーティングシステムにはほとんど最初からこのwebサーバー機能がついているというのはどういう意味があるのだろうか。だれでもがサーバーを構築できるようになっていても誰も立てていないという現実。

 今回は調査ということでかの巨大匿名掲示板サイトでの「自宅サーバー」スレッドなども見に行ったが、やはり数人か数十人の関心事でしかないようであった。

 この「自宅サーバー」に関してはやはり「鷹ノ巣」さんのサイトがダントツで内容が充実していて掲示板もじつに親切心にあふれているように思った。
拙者も初めの頃2,3回お聞きにおじゃましたことがある。
聞くところでは「webリング」を引き継いでくれる方を探しておられるようだったが相当の情熱なしには出来ないことだ。思うに、それこそ「インプレス」さんあたりが引き取ってサービスしたら良いと思うのだが。

----------------------2006年11月22日----ここまで。

STOP

Permalink もっとこっちでも


2012年12月12日(水) No.4076 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen