LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


あはっ、うまくいった。


click

WinProxyという名の時から愛用させていただいていたフリーの簡易イントラネット用サーバーソフト・BlackJumboDogをここにきてWin2KとXPのサービスとして起動させられることを知り早速チャレンジ。一昨日、自宅では一発でうまくいったのだが都内事務所のマシンではエラーが出て断念。しかし今日、改めて自宅の方の設定ファイルを見直したところ間違いが解り一見落着、うっふっふ、である。
そしてこのフリーソフトを配布され何人かの強力な同志の方々がコメントしている本家サイトに最近ちょくちょく訪問するようになり、勉強になることなること、いや〜、奥が深いわ。

click

なかでも「恵理で〜す」というハンドルネームの御仁がいて、拙者のトラブルに詳しく返答いただけたのでどのような方かとそのサイトを訪問して驚いたね。ネットワークについてこれだけ詳しく記述しているとこはないし、ポートアタックをグラフで視覚化したりしていてまさに理数系の申し子のようなとおもっていたら、midiのページがあってそこに置かれていた曲数の多さにまたビックリ。いろいろさぐってみるとパソコン通信のころのniftyのmidiフォーラムなどで活躍していたような感じも見受けられる(想像)。
まっこと、世の中は広い。
2007年01月17日(水) No.766 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

アクセス解析、そしてあと5日。


click

久々に、アクセス解析。当サイトはinfoseek.jpさんのサービスを主に利用させていただいているが、一時なぜかYahooさんのインデックスから外れていたことがあったりしたのだが今はすっかり戻っているようだ。個人のホムペなどは一日ユニークで15アクセスもあれば大成功なのだと聞き及んでいたがそのでんではまあまあである。

click

10月頃からキーワード「ラプソディ・イン・ブルー」での検索が異常に多くすこし調べたところ、最初はダ・バンプというグループの唄うCMソングのせいかとおもっていたがどうやら人気漫画「のだめカンタービレ」の影響が大きいようだ。のだめは一巻しか見たことないのだが西洋音楽ならではの言葉、名前が満載で音楽ファンには確かに面白いだろうな。なにはともあれ結構なことだわ。

ただ、困ったことに、聴く方として近年のジャパニーズのクラシックやジャズにやや違和感がつきまといなかなか応援したいと思う人がいない。「わだばゴッホさなる!」と気が狂ったような人でなければ芸術はなし得ないのだと痛感する。例えばこのガーシュインのラプソディ・イン・ブルー、国内オーケストラの演奏はまとまってきれいといやきれいなのだが絶対にガーシュイン+グローフェの音楽とは別物にしか聴こえない。民族の壁は考える以上に分厚いものがある。


click


ものはついでと注目しているYoutube、この一年の躍進(?)は凄いものだったなぁ。このところ落ち着いてきているが次なる一手に期待している。旧来のメディアを仰天させる何かをね。うふふ。

しっかし、このシロムク・ダイアリーは使い勝手が実にいい。
いとも簡単に絵入りの文章が書ける。
感謝感謝。

2006年12月26日(火) No.718 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

トラブル、6時間のサーバー停止。


昨日は帰宅が深夜3:00過ぎとなり寝る前にスィッチング・ハブのランプがおかしな点滅しているのに気がつき少ししらべてみるとLAN内でルーターが認識できない状態になっている。ルーターのランプは正常だしハブのほうも正常な時もあるのに通信できない。こりゃ駄目だとさっさと寝てしまった。

今朝起きてから順番に原因追及する。一番あやしいのは以前もあったコネクタの接触不良。しかしケーブルごと交換しても同じだ。
しょうがないので、以前のスウィッチング・ハブを一段かましたところ障害が消えた。なんなんだろう、パケット・アナライザーで調べると不具合箇所の特定が出来るのだろうが、どうにも面倒だ。つながったからいいや、てな対処は良くないのだが、まっ、いいか。

利用させてもらっているサーバー監視サイト「c-man」さんでの記録では4:10〜10:20までサーバーが落ちているように記録されている。最近はppp側のトラブルがめっきり少なくなったのになんてこったい。

2006年12月13日(水) No.695 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

新方式でのembed試験。


MicroSoftの提唱する新方式でのメディア表示を早速テスト。ジャプラノート2のますたーさんもかいていまーす。



わーぃ、うまくいった。click click click


♪〜どうして拙者はチェット・ベーカーに惹きつけられるのか15分間位考えてみた。結局納得できる理由など思いつかなかったのだが、感じることは「危うさ」に尽きるように思った。音やフレーズや演奏そのものより想像をたくましくして観る彼の実生活での人間性にだ。よって大いなる誤解からの的外れな思い込みの可能性も有りうるわけで人様にどうこうと勧められる様な物ではない。そういえばアート・ペッパーやドルフィーもそうだ。モンクもパウエルもだ。モダンジャズってそういうものかも。


そして我が尊敬して止まない秋吉敏子さん。殿堂入りどころか今回はjazzmasters賞だというではないか。うれしいなぁ。

クリント・イーストウッド、「硫黄島・・・」の映画、観に行かなくちゃ。
かれはモダンジャズのビデオクリップを良くプロデュースしてあって映画人という以上にマークしている人なので、その公正な人格や思想にえもいえぬ人徳を感じるのだ。



タイトルセクションのYoutube映像、筑波大の学生さんのブログかなんかで「斬新」と紹介されていたもの。行動する学生はイイ。税金の無駄使いなどと目くじらたてる御仁もいようが、んなもの他の無駄使いの誤差の範囲だ。逆に体制側の決め事の問題点や運用の滑稽さをあぶりだして考える機会を与えてくれる。しっかし、笑っちゃうよなぁ。おとなをからかうってのは希望だ。



2006年12月10日(日) No.690 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

spam


click

今日は以前からの約束で終日かみさんにつきあい用足し。ひとつは目の治療とあとは買い物。天気が良く、日差しがとても眩しい一日だった。
夜、メールチェックしておや?っという感じのspamがなだれ込んできていた。
またぞろウイルスかな、asahi-net.or.jpドメインにやみくもに転送されてきている。

2006年12月04日(月) No.681 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

テスト


◆Youtube内の検索ツールです。click click click

よく出来ている。SNSコミュニティでのファイル共有にもなっている。
しかしNapsterほどの革命的な手法ではないな。
思うに、常時接続のPCが全て80番ポートを開放して共有フォルダを公開するとすごいことになる。万民は一人のために、一人は万民のためにデータを共有するということだ。msnやyahooやもろもろのコミュニティサイトはそれとしてだ。・・・危険かなぁ〜。

今日はこれで"tango"と検索し、たくさんの踊りを堪能した。これこそエンターテインメントというものだ。
追記:一部ブラウザで不具合出てます。ぐふぅう〜。











■これは貴重な映像だ。






■この熱っぽさ、1999年というから立ち上げた頃なのだろうね。
・・'06年、今年は残念だったなぁ〜。






2006年11月26日(日) No.666 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

先進の機械。


今日は最近のコンピュータ事情について少し勉強。一時ほどのCPU合戦は無くなっている様にも思えるが、それでも最速競争というかAMDとINTELがいろいろやっている。どうやら64ビット・デュアルコアがこれからの主流になりそうだがクロック周波数は2.8GHzがハイエンドになっている。あれぇ、シングルコアで4.8GHzなんてのがあったように思ったが、今の仕組みでは限界なんだろうな。しかしフル稼働時の電力消費に驚いてしまった。200W以上もあったりする。

click
   画像提供:サンワサプライ株式会社様

あとイーサネット事情、1,000BASE-TXのハブがずいぶんと安価になっている。LANケーブルもカテゴリー6の時代だなぁ。

そういえばわが社のレーザー・プロッター、今月で早5年間のリース契約終了とのことで後継機をこの月曜日に決めたのだがやや前進といった程度。もちろん費用は下がっている。さすが世界に冠たるゼ○ックスさんで複合機はいつの間にかZばかりになりつつある。品質+サービス(技術)+価格で抜きん出ているように思う。それにしても無駄なプリントの多いこと、だれだ、これからはペーパーレスの時代などとほざいたのは、、、責任者でてこい。プッツ。

おもしろいなと思うことに、会議などでプロジェクタを使い進行するのに同じ内容の印刷資料を殆んどの場合配布する。そりゃそうだと思う。画面やスクリーンに映るものは幻影というのだもんね。

かくゆう電脳人間である拙者もなぜか三省堂の英和辞書と中山博士の常用辞典だけは常に手元にありもう40年も使っている。ものもちが如何にも良い。
きっと浮気性というのはうわべで実態は一途なしとなのだと自己分析。


2006年11月24日(金) No.664 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30][31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen