LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


新方式でのembed試験。


MicroSoftの提唱する新方式でのメディア表示を早速テスト。ジャプラノート2のますたーさんもかいていまーす。



わーぃ、うまくいった。click click click


♪〜どうして拙者はチェット・ベーカーに惹きつけられるのか15分間位考えてみた。結局納得できる理由など思いつかなかったのだが、感じることは「危うさ」に尽きるように思った。音やフレーズや演奏そのものより想像をたくましくして観る彼の実生活での人間性にだ。よって大いなる誤解からの的外れな思い込みの可能性も有りうるわけで人様にどうこうと勧められる様な物ではない。そういえばアート・ペッパーやドルフィーもそうだ。モンクもパウエルもだ。モダンジャズってそういうものかも。


そして我が尊敬して止まない秋吉敏子さん。殿堂入りどころか今回はjazzmasters賞だというではないか。うれしいなぁ。

クリント・イーストウッド、「硫黄島・・・」の映画、観に行かなくちゃ。
かれはモダンジャズのビデオクリップを良くプロデュースしてあって映画人という以上にマークしている人なので、その公正な人格や思想にえもいえぬ人徳を感じるのだ。



タイトルセクションのYoutube映像、筑波大の学生さんのブログかなんかで「斬新」と紹介されていたもの。行動する学生はイイ。税金の無駄使いなどと目くじらたてる御仁もいようが、んなもの他の無駄使いの誤差の範囲だ。逆に体制側の決め事の問題点や運用の滑稽さをあぶりだして考える機会を与えてくれる。しっかし、笑っちゃうよなぁ。おとなをからかうってのは希望だ。



2006年12月10日(日) No.690 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

spam


click

今日は以前からの約束で終日かみさんにつきあい用足し。ひとつは目の治療とあとは買い物。天気が良く、日差しがとても眩しい一日だった。
夜、メールチェックしておや?っという感じのspamがなだれ込んできていた。
またぞろウイルスかな、asahi-net.or.jpドメインにやみくもに転送されてきている。

2006年12月04日(月) No.681 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

テスト


◆Youtube内の検索ツールです。click click click

よく出来ている。SNSコミュニティでのファイル共有にもなっている。
しかしNapsterほどの革命的な手法ではないな。
思うに、常時接続のPCが全て80番ポートを開放して共有フォルダを公開するとすごいことになる。万民は一人のために、一人は万民のためにデータを共有するということだ。msnやyahooやもろもろのコミュニティサイトはそれとしてだ。・・・危険かなぁ〜。

今日はこれで"tango"と検索し、たくさんの踊りを堪能した。これこそエンターテインメントというものだ。
追記:一部ブラウザで不具合出てます。ぐふぅう〜。











■これは貴重な映像だ。






■この熱っぽさ、1999年というから立ち上げた頃なのだろうね。
・・'06年、今年は残念だったなぁ〜。






2006年11月26日(日) No.666 (自宅サーバー)
Comment(2) Trackback(0)

先進の機械。


今日は最近のコンピュータ事情について少し勉強。一時ほどのCPU合戦は無くなっている様にも思えるが、それでも最速競争というかAMDとINTELがいろいろやっている。どうやら64ビット・デュアルコアがこれからの主流になりそうだがクロック周波数は2.8GHzがハイエンドになっている。あれぇ、シングルコアで4.8GHzなんてのがあったように思ったが、今の仕組みでは限界なんだろうな。しかしフル稼働時の電力消費に驚いてしまった。200W以上もあったりする。

click
   画像提供:サンワサプライ株式会社様

あとイーサネット事情、1,000BASE-TXのハブがずいぶんと安価になっている。LANケーブルもカテゴリー6の時代だなぁ。

そういえばわが社のレーザー・プロッター、今月で早5年間のリース契約終了とのことで後継機をこの月曜日に決めたのだがやや前進といった程度。もちろん費用は下がっている。さすが世界に冠たるゼ○ックスさんで複合機はいつの間にかZばかりになりつつある。品質+サービス(技術)+価格で抜きん出ているように思う。それにしても無駄なプリントの多いこと、だれだ、これからはペーパーレスの時代などとほざいたのは、、、責任者でてこい。プッツ。

おもしろいなと思うことに、会議などでプロジェクタを使い進行するのに同じ内容の印刷資料を殆んどの場合配布する。そりゃそうだと思う。画面やスクリーンに映るものは幻影というのだもんね。

かくゆう電脳人間である拙者もなぜか三省堂の英和辞書と中山博士の常用辞典だけは常に手元にありもう40年も使っている。ものもちが如何にも良い。
きっと浮気性というのはうわべで実態は一途なしとなのだと自己分析。


2006年11月24日(金) No.664 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

???


どうやら天気は明日から下り坂。今日は良い天気でした。
で、帰宅して、前から気になっていた「自宅サーバー」人口。
自分は相当早い時期(ダイヤルアップ)からマイクロソフトの提唱するP2Pを真にうけ自宅、会社、モバイルでの端末にサーバー機能もたせftpでのファイルの読み書きをしており、2004年に現在の「しんじワールド」というサイトを発信するために常時接続を利用して自宅のPCをサーバーとして運用しはじめたのだが、我が国でどれだけの人がこんなことしているのかと少し調べてみる気になったのだ。

-----------------------
最新の情報で、(インプレス社 「インターネット白書 2006」 アンケートデータ参考)自宅でサーバー構築している人口は、現在154.6万人といわれる。 インターネット人口を 7361.9 万人とし、その 2.1%が該当する。
-----------------------
というものだが、100人に2人が自宅サーバーを構築しているというのだ。

インプレス社はこのハウツー本など出版しているので、あおっている感が否めない。どう考えてもせいぜい1000人に一人くらい、全国で10万人も居ないように思う。2002年ころの「全国自宅サーバーマップ」に登録していたのが約800ホスト、webリング参加者は400ホスト足らず。

click


どうにもこのアンケート調査というのが腑に落ちない。

というのもwebサーバー構築して商用とするには通信事業法の規制があるためあくまで趣味、個人ユースの域にかぎられるし、そのような趣味人であればなんらかの発言がネット上にあって不思議ではないと思うのだが、まわりを見渡してもそんな人にはあったことがない。

そしてこの「自宅サーバー」愛好者はやはり発信するコンテンツ、ページにはその構築方法などを主にしているというのは十分理解できることだ。

プロバイダやレンタルサーバーでのホームページに比べ圧倒的に自由なのだ。
誰かがいっていたが、自動車が発明され個人の意のままに移動可能となりその魅力にとりつかれてだれもがマイカーを望むようになり現在の自動車社会が出来たのだと。しかしこれは当てはまらないのではないかと感じている、というのも得られる自由とそれに要する学習が車の場合とでは比較にならないくらいにめんどうだ。難しいということでなくややこしいというか、煩わしい。好きな人にとってはそれが良いわけだが。目的と手段ということで考えるとやはりサーバーは手段、道具なのであってその構築を趣味とするのはやはりマニアの部類にあたるのではないだろうか。

発信したい何かがあれば手っ取り早くプロバイダの無料スペースやブログサービスを使ってページを作るほうがよほど合理的なのだ。

そこで不思議に思うのは世をせっけんしているPCのオペレーティングシステムにはほとんど最初からこのwebサーバー機能がついているというのはどういう意味があるのだろうか。だれでもがサーバーを構築できるようになっていても誰も立てていないという現実。

今回は調査ということでかの巨大匿名掲示板サイトでの「自宅サーバー」スレッドなども見に行ったが、やはり数人か数十人の関心事でしかないようであった。

この「自宅サーバー」に関してはやはり「鷹ノ巣」さんのサイトがダントツで内容が充実していて掲示板もじつに親切心にあふれているように思った。
拙者も初めの頃2,3回お聞きにおじゃましたことがある。
聞くところでは「webリング」を引き継いでくれる方を探しておられるようだったが相当の情熱なしには出来ないことだ。思うに、それこそ「インプレス」さんあたりが引き取ってサービスしたら良いと思うのだが。
2006年11月22日(水) No.658 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

事故。


今朝、起きてふとルーターのLAN回線ランプが消えているのを発見。
あわてて調べるとなんと、昨夜日記を書いたあと発生したようで今朝気がつくまでサーバーが停止状態だった。コネクタの接触不良が原因だった。
これは交換だなぁ。

繋がらなかった方には申し訳ないことをした。

さぁ〜って、また一週間のはじまりだ。シュッパーツ。
-----------------------------------------------------

で、早めの帰宅。サーバーからハブ、ルーターにいたるケーブル、コネクタ類の総点検。不具合あったコネクタはどうやらピンの接触不良(ホコリや汚れ)のみで断線(これが意外と多い)ではないようなので一安心。
-----------------------------------------------------

ここにきてIP電話の「近未来通信」、詐欺の疑い報道がどーっと出ているが最初からインチキ丸出しだったのだ。無知は悲しいね、900人くらい引っ掛かっているという。英国の流行小説家「ジェフリー・アーチャー」の短編に『犯罪は引き合う』という短編があったのを思い出した。経済犯というのはあげられることを前提に絵を描いているんだ。
-----------------------------------------------------

click


しっかし、この日記のスクリプトは本当に使いやすい。メモがわりにちょこちょこと記入するのがとても楽チンなのだ。
というのは、さきほど久々に記事をと楽天さんのブログに先週訪れた平群島の画像を紹介がてら書き進んでいてアップ直前にあえなくリロードで記事がパー。拙者のようにウインドウをあれこれいっぱい開いて書き込みしたりする無精者には入力したものが消えてもらっては困るのだ。意気消沈して撤退。
-----------------------------------------------------

この日記スクリプトをご提供くださった「サイト」に感謝。



2006年11月20日(月) No.652 (自宅サーバー)
Comment(4) Trackback(0)

I.E7.0


今朝は早起きし、6:30には出発、11:00頃にはもうシゴト終了し帰ってきて家で昼食。午後は休みとする。くたびれるも、シュウチュウするとね。
あいた時間を利用してI.E.Ver.7.0(日本語版)をインストール。
まだ詳しくは不明だが、相変わらず余計なメニューも多い。そしてこれはgoogleとどういった関係になっているのか良く解らんが、ツールバーの検索メニューをインストール時に強制的に選択するようになっているのはともかく、いままでVer.6にアド・インさせていた「googleツールバー」を継続使用するために二つのgoogle検索窓が出るという目障りなことになっている。

新しいfontは見易い感じ。また、タブでページを切り替えるのは便利そう。

ちなみに我がサイトへの訪問者のブラウザはこの1週間の集計では223ホスト中、I.E7.0が3.1%にもなっている。

OSの世界でGUI、ウインドウのアイデアはMACが発端だったと思うがWin95以降はすっかりMSの一人勝ちの様相で今も続いている。

click



あはっ!昨日のコメント欄、久々に3人揃い踏みダァ〜。
ありがと。

2006年11月08日(水) No.617 (自宅サーバー)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31][32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen