LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


今日は暖か。


 今朝は5:30起床、昨夜お誘いのあった弟と懲りずに南伊勢・吉津漁港へ向かう。空は明るく、朝もやに包まれた伊勢道の山中は気温は7℃ほどだったが春めいた一日になりそうだと期待がふくらむ。

 8時前に漁港に到着、土曜日とあっていつもの場所には数人の釣り人がはいっており、手前のほうに並んで座る。先客に今日はどんな感じか聞くと二時間ほどまるで反応が無いというのだが、丁度このころから魚が寄りだしたようでちらほら魚影が見え、なんとなく釣れる予感。広範囲に撒き餌をばらまき手始めにヒトヒロの浅いタナで0.6号ハリス、チンタ7号針にオキアミのシッポを餌に竿を振り、すぐに数枚の木っ端グレとチンタを掛ける、あはっ、今日は良く釣れそうと気分を良くして数釣りは止しにしてもっぱら仕掛けのテストに興じる。そのうちに先に来ていた釣り人たちにも次々と23〜26cmの良型のグレが釣れ出し、もちろん拙者にも22cmのチヌを筆頭にガン玉を打ってのフカシ釣りで早合わせだとグレが、ガン玉なしの遅合わせだとチヌがという具合に面白い釣りとなった。

click
♪〜このブクが目印になったらしい。

 しばらくして一番奥の拙者がいつも座るポイントに来ていた青年が、話しかけてきて「ひょっとしてブログを書かれていますよね」と言うではないか。活かしバケツの色と車のナンバープレートから確信したのだという。ひゃぁ、驚いたね、「吉津漁港の釣り」を検索して見てくれていたらしい。名古屋からだと言っていたが良く海底の様子も観察しているようで昼過ぎには本命のチヌ25cm位のを釣りあげヤッタァ〜と歓声をあげていたが見ているこちらも拍手喝さい、同じくらい嬉しかったなぁ。

 混雑を避けてか午後2時過ぎにはその名古屋の青年も他の釣り人も仕舞って場所が空いたので舎弟はそちらに場所替えするも拙者はもう止めるつもりになっていたこともあり、どこでも一緒さと居座る。しかしやはり魚の釣れ易い場所というのはあるようで終了間際に彼の竿に今日一番の大きなグレが掛り面目躍如、拙者の活かしバケツには小さなグレ一尾とチヌの幼魚二尾だけ残しスカリにまとめた釣果はずっしりと重く、友人に持ってゆくというのに十分な量だった。STOP

web拍手拍手 履歴





 
2010年03月13日(土) No.3244 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

寒かったなぁ。


 今朝は5時起床、また数日天気が崩れるので今日行っておこうばかり防寒服を着こんで南伊勢の吉津漁港へ向かった。もちろん、弟も一緒で昨夜新たに一本の棒浮木を作ったので試したいということもあった。

 道具立てが次第に合理的になってきていて漁港に着くと一式を肩にして定席に向かいさっと竿を出せる。新しい0.3号のウキはプラスチック製だがとても使い勝手が良いので冷たい北風も気にならないくらい気分を良くする。始めてすぐに良型のグレがヒトヒロのタナで続けて掛り、ますますイイ気になるもその後がいけない、ちっとも魚が浮いてこないといういやぁ〜な色の汐になったのだ。目を凝らしてみても気配が感じられない。居ない魚は釣れないなとばかり思いながら惰性で竿を振るも、そうなると風の冷たさが気になり一度中断して防寒ズボンを履きに車に戻る。

 その後もあまり集中力に欠けていたのだが、撒き餌に紛らわせて木っ端グレを一尾掛けただけ、・・・完敗だな。

click

 昼寝から戻った弟と入れ替えに道具を仕舞って車に戻り一休み、丁度昼過ぎ頃だったが漁港をグルリと一回り散歩してきた。岸よりの小さな船着き場でさほど水深はないものの海藻がゆらゆらしていて小魚がきらきら見える場所があり今度来た時にでも竿を出してみようと思った。

 最初にメバルを掛けたあと、やはりさっぱりだった弟も3時前には上がって来てまいったまいったと悔しがるも居ない魚は釣れないのさ、あはは。帰りは彼の運転で拙者は助手席で居眠りしながら無事ご帰還、久しぶりで早めの夕食を「スシロー」で済ます。そういえば店内のポスターに『スシローのマグロの赤身はすべて赤字です』とあったのに大笑いしたもんだが、輸入マグロが半減するんじゃ大変だな。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月11日(木) No.3240 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

うっかり、


 うっかり更新忘れちまってもう9日の朝だ。月曜日は雨雲の隙間になり良い天気になりそうだと手入れと調整を終えた釣り具一式を持って舎弟を誘ってまたまた南伊勢、吉津漁港へ行った。予感は違わず風が穏やかで、やや低めの気温ながら快適な釣り日和であった。

 念入りに調整した0.5号から2.0号までの遊動式の棒浮はとても使い良く、大満足。特に重い仕掛けだとなかなか当たりが取れず釣れないのを徐々に軽いものにして行って上手く釣れるようになるというのが明らかに判り面白いことこの上ない。そして海中を覗き見ると時折チヌの姿も見受けられるのだが小型でもやはりグレのほうが面白いのでヒトヒロの浅いタナで一日遊ぶ。じっと待つ釣りとは違い手返しを相当な回数こなすのでまぁ忙しい釣りではあるが如何にも釣るという感じがして好きなのだ。朝8時頃から午後2時までやって小型ながら20枚くらいのグレと海タナゴ多数、このくらいの数が一番面白い。そして時間によって撒き餌に集まる魚種が変わったりまるで居なくなったりというのが見えるのも楽しいものだ。

 帰路あちこちの道路で工事していて、あぁ3月だなぁとこんなことに風物詩を感じちゃいけないか。STOP

web拍手拍手 履歴



2010年03月08日(月) No.3233 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

風に吹かれて。


 今朝は4:30起床、買い物がてら舎弟のお店へ陣中見舞い、すると明日から雨だし今日は晴れるから釣りに行こうよと、まぁホントに好きなんだなぁ。予報では北西のち南東の風3mとあったので大丈夫だろうということで、早速取って返し支度をして待つ。6時過ぎには早々とやってきて即出発だ。電話で予約しておいた玉城インター側の餌屋さんで餌を調達、並んで大量の撒き餌や餌を購入していた釣り人はさっぱ舟の持ち主で17杯目だといっていたがボート釣りマニアらしく乗せてくれると誘ってくれたがまた今度と言って分かれる。度し難いマニアは我々だけではないようだ。

click

 到着した神前湾・吉津漁港はやはり風が強めだったが今日の仕掛けは使い慣れた0.8号中錘を抱かせたお気に入りの棒浮きで最初からヒトヒロの浅いタナで湧きあがる木っ端グレの群れに狙いを絞ったところ立て続けに良型のグレやチヌ、タナゴが掛ってきてこりゃぁ漁獲制限しなくちゃと思っていたところ風が強くなるとともに湧きが急に無くなり当たりもさっぱり、餌も取られなくなってしまった。18尺の長竿の弟は強風に耐えられず一寝入りするよと言うのでじゃぁ仕舞にして風裏に移動しようと久しぶりに贄浦漁港に行く。

 昼寝する弟を置いて拙者だけ早速釣り開始、ここでもすぐに数枚のグレを掛けたところでやはり風が気になりもうひとつ面白味がない。一休みの後の弟が釣り始める頃には一段と風が強くなりグレの群れもどこかへ行ってしまったようなのでお仕舞いにしたがそれでも午後3時近くになっていた。

 良く晴れてはいたがこの強風下、揃いもそろって良くやるもんだと互いに自嘲、これは趣味なんて上等なもんじゃぁないなと意見が一致したのであったSTOP


【BJD5-a19テストランニング】

click

 帰宅後走らせていたサーバーソフトの最新バージョンBJD5-a19に見慣れないアラートウインドウが表示されていた。「トレース・エラーの詳細」で詳細のテキストをコピー&ペーストしようとして失敗、詳細は分からずじまいだったのが残念。しかしサーバーは順調に走っていた。なにかimageデータがどうのこうのというような内容だったようにも思うのだが。

しかし、0:15〜22:45の間の2.4MBになるログデータでエラーが一行のみ、それもgoogle-robotが存在しないcgiのURIをリクエストしたものだった。

 ただ頭の痛いことに48種に及ぶ各種OSとブラウザでのアクセシビリティが軒並みペケになっていること、これは多分にサイトコンテンツの不備が原因なのが明らかなのでなんとかしなくちゃと、雨の日が多いことを願うしかない。
STOP


【断る】
 先日来、依頼を受けていたjob、どうにも予算案が折り合わない。目新しい内容でもないし会社員でもなきゃ無理に引き受ける筋合いの事じゃないとキッパリ断る。文科省がらみの仕事で、その予算でやって誰が潤うのかと考えるとさすがにアホらしさが先に立つのだが、おもえばそんなことを面白おかしくやっていた昔が懐かしくも愛おしく感じられる。

web拍手拍手 履歴




 
2010年03月03日(水) No.3224 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

敢えて言ってみよう。


 今朝は4:30起床、昨夜弟からどうにも消化不良の感じなので仕切り直して今日もどうかと連絡あり、天気図と予報から風も弱そうなのでイイよと返事し5:15に迎えに行く。あんな津波騒ぎの後だってぇのに余人には多分想像出来ぬ行動だろうなと思いつつ一路神前湾は吉津漁港を目指す。

 カーラジオで聞くニュースはやはり昨日の津波騒動が大半を占めるも、誰も指弾しない「大津波警報」は誤報だったろうという事実で、国民の皆さんは来なくて良かったと安堵するのだが、3m以上が想定される場合に出す警報ということでは「誤報」だろう、気象庁の謝罪のひとつもあってしかるべきなのにシレッとして予報は難しいなどと無駄に碌を食むことを恥じる様子もない。官の堕落が実に不愉快で、責任のかけらも感じられぬ。津波の高さの記録グラフを示して幼児に説明するがごとくが専門家と言えようかと、長年何を研究してるんだと情けなく思う。信賞必罰のない組織に安住する専門家はそのうち重大な過失を犯すだろうね。

 帰宅後、報道で避難勧告に従って退避所に移ったしとが6%だったという。そして住民の危険意識が希薄で問題だなんていう奴もいたが、発生から十数時間後に起きる現象をシュミレーション出来ないというほうが余程真剣味に欠けるというものだ。そりゃぁ安全サイドに警報出してりゃ無難だろうがチリの太平洋岸で巨大地震が発生となりゃ日本の沿岸住民は予報などなくたってピリピリするに決まっている、住民はそれほどバカじゃないよ。

 そんな予報はともかく、この自然災害の威力は抗いようもなく、今日の南伊勢の海でも、昨日あれだけ津波に備えたというのに真珠だなや養殖生簀に被害が続出、あれが実際に3m近い津波だったらどれだけの被害になったかと思うとさすがゾッとする。 STOP
【BJD5-a18不調】
 今朝方出しなにふと思い立ち、ニューバージョンのサーバーソフト「BJD-a18」を試しにXP互換モードで立ち上げ様子を見ることにして、お昼頃に携帯auのフルブラウザoperaで書き込みを試みたところオフラインとなり閲覧不能に、帰ってきてログを見るとやはりperlの多重起動が原因と思われる「メモリー不足」のエラーが出ていて通信が滞っている。しかしサーバーソフトがハングアップしている様子は無く、明日はとことん調べてやろうと闘志を燃やす。STOP
【そして肝心の釣りの記事】

click

 吉津港には珍しいベタ凪の一日、湧きあがる多彩な小魚に気分は高まるも、次々と付け換える仕掛けがもうひとつ納得できない。そして良く良く海中のグレの就餌動作を見ていると仕掛けの錘や浮きの色、浮き止めなどの目立つものがあると餌針の近くまで来て反転することが如実に判った。早速浮きから下に目立つ色物を一切無くしたところ、一投毎に必ず当たりが出る。ははぁ〜、この時期はこれだなと納得、湘南の海でやっていたボラの浮き釣りなんかと同じだ、カラフルなシモリ浮きやビーズ玉、浮き止めは釣りたくない時に使うものだ、あはは。グレがもっとも警戒するのは赤、次に黄色、そして白。やっぱ魚もバカじゃない、レインコートの赤もまずかったなぁ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月01日(月) No.3219 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

なんともアズマシクない。


click

 今朝5時過ぎに、めずらしく弟が迎えにきて6時出発じゃなかったかと聞くと、いやいや津波警報が出ているしどうしようかとニュースに見入る。17年ぶりの大津波警報となったのだが、官邸や政府の動きは早かったものの、いつもこの津波警報の曖昧さにはいらいらしてしまう。こんな時こそジェット機を飛ばせよとゆうことと、各地検潮所のデータ公表の遅さ、この情報化時代などと云われだして30年も経つのにさっぱりピンとこない。早朝のこの段階で、信頼に足るお方の予想では紀伊半島には午後3時前後であるという。津波の伝播速度は初期段階の数字が判りゃぁそれほど外れることはまずないものの、断言するにはあまりにも責任が大きいということかなぁ。。
 それでも行くか止しとくか一応は迷ったのだが、まぁ行くだけ行ってお昼過ぎには帰ってこようとなり、やっと着替えに取りかかる。

 表に出ると雨がまだ降っている。しかし衛星画像で見る雨雲の動きから南伊勢は8時頃に青空が広がるだろうと、予想通り神前湾に着いた頃にはすっかり晴れ上がった良い天気になっており、早速支度にかかり釣り始めるも、新しい軽い仕掛けがイマイチしっくりとこない。

 早くも町内放送や広報車がひっきりなしに用心を呼び掛けているが、まだ七時間も先のことだしと思いながらもやはり落ち着かないもんだ。目の前の筏には早朝からの釣り客が二人、道具を仕舞いだしたが迎えの渡し船がなかなか来ないのが気の毒ではあった。

click

 今日は大潮だったが魚の湧きはすごかったがなかなか餌に反応しない。でも珍しくクロメバルが元気よく竿をしならせたところで、もういいやと片づけ、早々に帰ってきた。

 津波警報に関するニュースを聞きながらの帰路、もとになったチリの大地震の情報も知ったがマグニチュード8.8だってんだから凄まじい天災だ、被災者200万人・・・
STOP
【旧に戻す】
 帰宅後20時間近く走っていたサーバーBJD5-a18のログを確認、やはり解決出来ないエラーが三つ出るので止むなく21:30にVer4.2.3に戻す。原因究明にはしばらくかかりそうだ。


web拍手拍手 履歴



2010年02月28日(日) No.3218 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

南の風。


 まだ2月というのに、すっかり春めいた陽気に鋭意今日も懲りずに南伊勢の海へ。到着した朝の8時前にもう10℃になっている、日中など日も差して17℃と十二単を半分まで減らして大丈夫であった。吉津漁港のいつもの場所に陣取りいざ釣らん、やはり南からの高気圧の接近ゆえか汐に濁りが入っていて海底まで見通せないのが唯一物足りないことだったが、木っ端グレ名人の腕は冴え渡り午前中で10枚近い釣果、他にメバルやタナゴとひっきりなしにタナを変えながらの忙しい釣りではあったが午後からはさっぱりで2時頃には嫌になりサビキを投げてカマスでもと遊ぶも錆びついた仕掛けじゃ釣れるハズもない。

 隣で釣る弟は絶不調で、先日来のリベンジだと今日は張り切っていたのだがどうやら仕掛けがしっくりこないようで迷っている様子がありありと分かる。帰りの車中でもこのスランプを抜けるには練習あるのみだともう次回の釣行の話だ、オイオイ。

 それにしても暖かかった、仕舞にした午後5時でも14℃もあったから4月中旬の気温だ。7時前に帰宅、道具を片づけ持ち帰った2匹の子メジナを水槽に入れて夕食もそこそこにバッタリ横になる、運動過多ではないのかと思うも、明日からはしばらく雨模様、休息の日々が続く。STOP

web拍手_履歴



2010年02月25日(木) No.3212 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15][16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen