LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


春。


click
♪〜山腹の桜をバックに赤灯台。


 今朝は5時起床、弟と彼の友人を伴って南伊勢、吉津漁港に向かう。
朝から良い天気で気温もどんどん上昇し昼ころには20℃くらいもあった。
 ところが釣りの方は同行の二人はそこそこ獲物が掛るも拙者はさっぱり、天狗の鼻が見事にへし折られた思いだ、なんでだろう?STOP今夜はフテネ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年04月06日(火) No.3278 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

禁断症状。


click


 三日も釣りに行っていないとどうにも落ち着かない。晴れだというし風も北西2mぐらいというので少しだけ眠って早朝4時半には舎弟とともにいつもの南伊勢・吉津漁港に釣行、途中餌を調達して着いたのは丁度日の上がる6時頃だ。意外に風が弱く海も穏やかで汐の色がなんともイイ。中潮で8時頃が満潮といっていたから期待がふくらむ。いつもと左右逆に陣取って早速開始するもなかなか魚が集まってこない。

click


水温が13℃を切るくらい下がっているので今日は駄目かなぁと思い始めたころようやく待望のグレ、23cmが掛り0.6号ハリスながらも一気に抜きあげる。その後もぼちぼちと釣れ続けるもやはりこの時期にここでハリス0.6号は細すぎる、25cmのカイズを上げた後、2回も糸を切られたので0.8号に換えた。

 しっかし、カイズを狙うとカイズ、グレを狙うとグレを釣るなんてこれは名人の域に達しているのではないかと一人悦に入る釣りバカ丸出しの拙者ではあった。

click


 10時頃から少し風が強くなりなかなか当たりが取れなくなるも、木っ端グレの群れや珍しいことにチンタの群れが湧いて見えたり目を細めて見る海中はなかなかにぎやかで楽しいものだ。それに湾を囲む山々や明るい空と雲を眺めるのがなんといっても気持のよいことで春を実感する。

click

 今日はいつもより長く、午後4時すぎまでやっていたが日はまだ高く国道260号線沿いの桜並木の満開を品評しながら機嫌良く帰って来た。満開というのは桜に一番ピッタリくる言葉だ。
STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年04月03日(土) No.3275 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

3月の釣り納め。


 今朝は5時起床、3月最後になる釣行をと気象庁のレーダー画面を信用していつもの吉津漁港に行く。もちろん弟と一緒だ。早朝の伊賀方面や山側は雪もふったようで津の市内も冷たい風が吹いていて釣りになるかなぁと若干不安を持っての出発だったが国道260号線に出ると満開一歩手前の桜並木などでそんな不安もどこへやら、多分イイ日和になるさと徐々に気分は高まるも、今日は大物が釣れたら帰りに義妹の実家に届けると約束したのだと聞き、よっしゃぁと返事はしたものの、獲物を期して釣れたためしがナイので、その点でまた不安がよぎる、思いは千路に乱れるってほどの事もないか。

 指定席に釣り座を構え、昨日入念に作った浮きと仕掛けをセット、撒き餌をばらまき海中を覗くと、今日はちいさな木っ端グレがわんさか湧いていて底まで見通せるくらい水が澄んでいる。8時過ぎから実釣を開始したが小魚の動きは活発なのにちっとも当たりどころか餌も取られない状態が一時間以上も続く。足元のほうでちらりと型の良い魚影が見えたのでチヌが寄って来たかと思いフカセで堤防際を狙うと小気味よい引き込みで浮きが沈み意外にも28cmの良型のグレが掛った。1.25号のハリスだったので、エイヤッと抜きあげて、さぁこれからバンバン釣れるかなぁと思ったのだが、そうは問屋がオロさなかった、撒き餌には群がるもちっとも仕掛けには近寄らないのだ。そうなるとタナを頻繁に変えたり餌の付け方を変えたりと例によってあの手この手の熱くなり様、大潮回りの干潮が12時くらいであったがそれまでは最初の28cmの他は手の平大のグレとチンタが合計でも10枚ほどとしぶ〜い釣りだったのだ。

 日差しはキツイものの、寒い寒い、風が弱まった11時頃にいっとき14℃くらいの気温になったが日中はほぼ11℃前後、南風になってもびっくりするような冷たさで震え上がった。潮が満ち始めた午後1時ころからは一回り大きなグレとカイズの群れが見え出し、これだけ喰い付きが悪いのならと昨日作ってあったチンタ7号針、0.6号ハリス1mのものに変えてひとヒロ半のタナでフカセ釣りに転じたところ23cm大のグレが2枚と手の平大のチンタが4枚ほど、底のほうでゆったり見える30cmクラスのカイズは掛ってくれなかった。糸が細いと絡み易く時折強く吹く風にあおられて絡んだ道糸をほどこうと悪戦苦闘していて、さらに道糸が体に巻き付き、あげくはメガネに絡むに及んで急に可笑しくなりゲラゲラと笑ってしまい結局糸を切って仕掛けを作りなおす羽目になったが、それも可笑しくて笑いが止まらず往生した。絵にかいたような自嘲ではあったなぁ。

 まったく似たようなことを隣の弟もやっていて、なぁ〜んか釣っている時間より仕掛けを直している時間が多いようでそれも可笑しくて遊漁ならではの分を弁えたふるまいであると意見が一致、駄目だと思わないのが素晴らしい、あはは。

 撒き餌を使い終わった午後2時半頃にはお土産にちょうど良いくらいの釣果も確保出来たと仕舞うことにし、弟は獲物を〆てウロコと内臓を取り出す間拙者は漁港の散歩、網干場いっぱいにほしているホンダワラを見たり、ひっくり返った漁船をクレーンで起こして海水をかき出しているのを見物したりと西日をたっぷり浴びて冷え切った体を温める。なんせ手がかじかむほどの寒さで両手に手袋なしでは我慢できないほどだったのだから花冷えどころか氷河期到来、大型寒気団の威力には敵わないなぁ。STOP
【十二日間】
 夕方、買い物に寄ったスーパーで物色の最中、昔のシゴト仲間からの電話での問い合わせ、一瞬遠い日を思い浮かべるかようにその内容をかみ締めて聞いたのだが、たぶんこうだよとしか答えられない。一応帰ってから資料を確認してみるからと電話を切るも、なにを買おうとしていたのか今度はそちらを思い出すのに難儀する。釣りの方はどうかという先方からの問いかけに、うふふ、今日も釣りからの帰りだよと、結局この3月は寒さもなんのその、12回も釣行していたのだねぇ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月30日(火) No.3269 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

快心の釣り。


 2:00就寝、3:45に起床、風が弱まりそうなので弟と連れだって暗いうちから出発、南伊勢・吉津漁港に釣行。今日は中潮で8時頃が満潮ということでいつもより早い時間にしたのだ。玉城インター出口の餌屋で予約してあった餌を受け取り店頭で撒き餌の調合してゆく。さすが日曜日とあって店内は釣り人でいっぱい、家族連れも多いなぁ。

click


 日の出の6時頃には着いたのだが、珍しく誰もいない。寒さゆえか日曜日の人出を予想してかは定かじゃないが空いているにこしたことはないなと定席に陣取り早速準備に取り掛かる。正面の山頂から太陽が顔を出すのだが空と回りもすっかり明るくなってしばらくしてからだ。

 仕掛けを用意しながら魚を寄せるべく広範囲にコマセをばらまくのだがなかなか気配が感じられない。おかげで入念に仕掛けを作る事が出来て、もうそれだけで釣れるような気分になる。

click


 今日の仕掛けは10尺の一号竿に1.25号の道糸、0.6号ハリス1mにチンタ・メバル針7号、中通し0.8号オモリを抱かせた手製のストロー浮子でヒトヒロ半のタナから始めた。丁度日が山頂から顔を出すころからちらほら魚が見え出し、期待がふくらむ、しかもいつもの木っ端グレより一回りも大きいものが次第に数を増して乱舞し、さらに良く見るとチンタ、カイズも撒き餌を追って水面近くで反転する始末でこうなると狙い通りの釣りが出来ると、まずはチヌ狙いでガン玉を上まであげたフカセ状態にし、オキアミの一尾付けで引き込む当たりを取る。ぐふふ、すると立て続けにカイズクラスのチヌが3枚、チンタが7、8枚と忙しくも面白い釣りになり、さらに良型のグレも見えはじめたので今度はグレ狙いでガン玉を下ろし、オキアミの尻尾を千切って餌にして浮きが動くか動かないかの小さな当たりで、瞬間にヒョイと竿を立てる合わせ方をして針掛りさせる。沖目と足元近くを交互に仕掛けを投入して手の平大から28cmくらいまでの黒メジナが次々と釣れ続く。

click


 隣でやっている弟も30cmの良型グレを上げたあと、順調に釣ってはいるが玉浮きのせいか針掛りの確率は芳しくない。今日も珍しく釣れた魚を持ち帰るというので彼のスカリに魚を入れていったのだが、もうやめようかという昼過ぎには片手で持ちあがらないほどの釣果でズッシリ、いやはや良く釣ったもんだと一昨日の鬱憤を晴らした感じだが今日の海水温も14℃、海は解らん。

 しかし今日の海は面白かったぁ〜、グレとチンタが一緒に群れるのは初めて見た。想像だが底のほうに大型のチヌが来ると一瞬で群れが散ってしまうようなのだがドキドキしちまう。それとカマスがすごい勢いで撒き餌の中を横切っていくのが見られたのだが小鰯を捕食しているようだ、すごいよなぁ。

 予報では昼位から風が強くなるやにもあったが幸いずぅ〜っと微風程度で風波もないべた凪の水面は浮きも見やすく、最高の釣り日和だった。釣果もさることながら海中の様子も十分楽しめた満足の一日、思い出しても頬がゆるむ。

click


 帰路も気分上々のまま国道260号線の桜をあぁ〜でもない、こぉ〜でもないと言いながら機嫌良く帰って来た。以前記事にした南伊勢町の瑞賢公園の桜はやはり河津桜であった。それはもうとっくに散っているのだが公園から見下ろすあたりの桜はやっと三分咲きといったところか、曇り空だったがやはり桜は華やいでいてイイ。毎年の事とは言え数日間前後するだけで律儀に一斉に咲くってぇのが格別の感情をもたらすようだ、見事というしかない。STOP
【BJD5-a22つづき】
 昨夜来立ち上げて連続試用していたサーバーソフトBJD5α22版、今日の15:47に停まっていた、残念。どうやら前のa21までの時と同じ原因のようだがエラー詳細をここに

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月28日(日) No.3267 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

風が強かった。


 今朝は5:30起床、南伊勢・神前浦に向かう。夕べ一応、舎弟に伝えてあり、風がありそうだしチヌ狙いだから同行しなくてイイよと言っておいたのに、なんと保護者としては一緒しないわけにはイカナイと一緒することになった。

 8時頃に着き支度をしながら水温を計ると14℃と低めになっている、そして天気は良いのだが風波がざわざわと立っていて水中が良く見通せないので少し興を削がれるのだがとりあえずビシを打ったフカセ釣り仕掛けでチヌを狙う。

 雲が切れ、日が差すと海中の様子が見えて、いっとき底からわぁ〜っとチンタの群れが撒き餌に群がるも、今日は欲を出して大き目の針を使っていることもありなかなか針掛りはしない。欲といえばさもしいことにチヌ狙いといいつつもグレも掛らないかなぁとチンタ・メバル針の9号という中途半端なサイズを使ったのも良くなかった。結局、終わってみれば小さなチンタと子メジナが一尾づつ掛っただけで昼過ぎには止めて帰ってきてしまった。まぁ、海を見ただけで気が済んだというところだ。

 海沿いの260号線の日当たりの良い所はもう桜が盛りでやはりウキウキしてしまうね。

 津に戻る頃にはパラパラと天気雨、風が一段と強く吹いていたがこればかりはどうしようも無いなぁ。STOP
【今日のニュースから】
 ややっ、鳩山首相の顔つきがピリッとしてきたように感じる。予算も通ったことだしいよいよ基地撤廃交渉でも始まるのかなぁ、とにかくこの半世紀で固定化した不合理を一変してほしいものだ。

 防衛大の卒業生で相変わらず任官しないのが何人かいるのだという。ここは授業料返還などの決まりはないらしいがならば卒業じゃなく退学か除籍が当然だと思うがだらしのないことだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年03月26日(金) No.3263 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

チンタ。


 先日の南伊勢・吉津漁港で確保したチンタ、クロダイの幼魚だがヘダイとの区別がイマイチ良く解らないのでいつも悩んでしまう。パッと見で白っぽいのがだいたいヘダイのようなのだが図鑑などで見ると縦じまが薄いんだが無いわけじゃぁない。60cm水槽で飼うには丁度良い大きさなので喜んで持ち帰っているが原則としては稚魚は放流なのだ。船釣りでの鯛の時などもサイズ制限しているのが一般的ではあるが自然界の絶対量との問題でそれほど神経質になる量ではない。塵も積もればというが積もらない量もあるのだよ。しかし世の中杓子定規に論理的じゃない方も大勢いて上っ面のみ捉えて資源保護を声高に叫ぶしとも居ないわけじゃぁない。似たような展開でなになに、海水浴場では禁煙だという変な政治家も登場しているようだが他にやるべき事があるだろうに何考えてんだかアホらしい出来ごとではある。メジマグロの漁師に聞いた話ではあるが、このクロマグロの幼魚を釣るなんてぇのは生態系に影響与えるような量では決して無いと言っていた。自然環境保護を錦の御旗にかかげ妙な活動をしているグリーンピースなど笑止千万、為すべきことは山ほどあるだろうに。

【プチ・アクアリウム】
 とある親しいお方よりブログの水槽写真がイイネと言われすっかり気分良くしちまったので、最新の様子をアップ。クリックで切り変わるM.SのI.E専用のDXImageTransformのFilter効果だ。この時期の磯魚は何故か警戒心が取れずなかなか餌付けまでに至らない、せいぜい持っても四日間なのだがそれでも大いなる楽しみを与えてくれるのだ。こんなこと大勢のしとがやるようなら即刻止めるがね、あはは。

<
<

アンチI.E.派用に(1) (2) (3)
STOP
【その他大勢】
 民主党の生方議員というお方、なにやらごたごたの中で言論の自由がどうのこうの言っておられたやに思い、いかなる人物かと調べてみた。な〜るほどね、読売新聞の記者だったんだ、そして議員になった目的はってぇと、なになに、護憲ということとリベラルという以外際立ったものもないなぁ、旧社会党議員並みということかな。あの北海道の小林なんとかってぇ違法議員さんなんかとも仲間のようだ。けっして拙者は今の民主党をまとめている小沢さんを認めるわけじゃぁないが山だしのその他大勢の一人があまり出張るのは感心しないね、分相応にという言葉があてはまるのだが、序列がはっきりとしない仲良しクラブのような集団だとどうしてもこういうのが出てしまうのだ。愚衆政党の宿命かも知れん。
【小事にこだわり大事を損ねる】
 これ、今の政府になぜか紛れ込んだ亀井議員のやってること。自民党時代から彼は多くのミスリードを意図的にかちょこまかとやってきたが、今度の郵政改革の見直し法案はまさに時代を旧に戻すバカマルダシの愚挙、彼の言う国民たぁ誰を指してのことかさっぱりわからん。関西空港事業なんかでもちらほら耳にした同族企業がらみの癒着と相まって胡散臭いこと甚だしい。これを通すようじゃぁ民主党もお終いだ、残念。
【イラッとする】
 最近良く目にする若者の言葉、大なり小なりこういった感情がないわけじゃぁないがこれを言葉にして出すのはあまり感心できない。たいていの場合ちょっと見で可愛らしいものやその素振りに対して発せられ、笑いながらの冗談めいた表現で関西のお笑い芸人が始めた振る舞いのようだがあからさまの感情というのは何時の時代でも無粋といえるし培われた情緒が貧しい。

web拍手拍手 履歴




2010年03月24日(水) No.3261 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

んぅ〜ん、・・解らん。


 早朝、というより夜中3時頃に弟からのメールと電話で目覚める、今日は一段と天気が良くなりそうだから久しぶりに吉津漁港に釣りに行かないかいと言う彼一流のジョークだったが、ちと眠い感じだったので朝起きてその気になったら迎えに行くよといって、そうだ、玉網の修理をしていなかったことに思いが及び急きょ取り掛かる。それですっかり目が覚めてしまったようで俄然釣りモード全開、天気予報も再確認して出かけたのだ。

click

 8時に鳴り渡る町のサイレンとともに昨日と同じ場所で釣り開始、あはっ、皆勤賞ものだなと海中をみるも、どうも様子が違う。日が差しているのに汐は暗く魚の気配がない。先行者一人と合わせ三人が撒くコマセにちっとも反応がないまま3時間、そんなぁ〜と思いながら、弟が昼寝しに車に戻るという頃、ようやく魚が寄り出し、木っ端グレに混じってちらほらと型の良いチヌやグレが見えるのでチャンス到来と一気にアドレナリンが噴出する感じで投じたガン玉なしのフカセ仕掛けにガツンと来たのが実測30cmのグレ、どうやら沖目のシモリから回って来た不運な奴だったようだが4年魚で岡っぱりでこのサイズが釣れると実に面白いのだ。そして0.6号ハリスと一号竿ではギリギリの大きさとなる。玉網を修理してきて良かったなぁと思いながら慎重に取り込み、ポイントを休ませる必要もあって写真など写した後、今度は小型ながらもチヌ、その気になってタナを深くしたところ良型のメバルが釣れ、これは面白くなりそうだと思ったのだが、その後がいけない。

 一時間ほどの休憩から舎弟が戻る頃からまた魚の気配がさっぱり無くなり、おかしいなぁと頭をヒネルばかりでコマセが無くなったところで終わりにした。拙者としてはほんの一時釣れただけなので不満が一杯なのだが海の気まぐれには敵わないとうことか分け解らんという思いだが、彼がいうにはあれだけ釣れて文句なんてと・・・んぅ〜ん、そっか。

 持ち帰るグレを〆る際、ぱんぱんに膨らんでいた胃袋の中をチェック。なぁ〜るほどね、この時期植物性の物を主食にしているというのが明らかに解る。沖のほうの筏なんかで使われる撒き餌のコーンや押し麦、それにアミエビがほとんどであった。

 漁港を後にする時、4時の終了のサイレンが鳴り渡っていて思わずプッと噴き出す、丁度8時間だ。とあれ今日の天気はサイコーだったなぁ、気温も昼からは22度と5月並みで、着ていた防寒着を上から三枚も脱ぐ羽目に。帰路、国道260号線の桜の木が一日で様変わりしていたね。季節は巡る、明日はお彼岸の中日だ。STOP
【今更に気付いた事】
 ブラウザのエクスプローラーVer.8でMarqueeタグの振る舞いが違うと知った。このブログのサイド・セクションにClockLink.comさんのパーツを振り子時計のように表内でマーキー表示していたのだがVer.8ではどうしても右側に逃げ出してしまうのだ。widthで指定しても時計の画像が背景にもぐってしまう。どうやらg画像の左端をターゲットにマーキーしてしまうようだが、なんか良い方法があるのかなぁ。

web拍手拍手 履歴



2010年03月20日(土) No.3253 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14][15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen