LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


釣り日和。


click

 今朝は二時間ほど眠った後、4時には家を出、舎弟を伴って南伊勢の吉津漁港に向かった。すっかりパターン化したかのような行動だが毎回新たな思惑があって期待に胸膨らむ単純思考の二人だ。

 朝のうちから気温も高めで日差しも強く、相当暑くなりそうだと思っていたが午後になって24度前後と快適な一日で何より風が弱かったのが良かった。
 潮回りは長汐ということで9時前の干潮から午後3時の満潮時までちょうど上げ潮の時間帯に釣ることになるので具合がイイ、とは言うものの単に気分の問題で実際には明確な時合いというのはナイに等しい。

 いつもの赤灯台堤防の指定席に釣り座を構えギラギラとまぶしい太陽を正面に入念に団子を作る。今日は紀州釣りもどき、一本針のフカセ釣り仕掛けで餌を団子で包み一気に底まで落として木っ端グレを釣ることにしたのだが、海中はと見るとわんさかと湧き上がる茶色っぽいスズメダイの群れ、ぃや〜な予感が頭をかすめる。案の定あっというまに団子や餌が取られてしまう忙しい釣りになった。おまけにフグも寄ってきて何本も針を取られるがそこは木っ端グレ名人、微妙なあたりを捉えぽつりぽつりながらグレを釣れ続けたのだ。

 2時過ぎにはもうイッカと止めて帰り支度、漁港にあった大きな建物がほぼ解体され終わり更地に戻っている。大手商社の看板が掛かっていた加工所だったようだがマダイの生簀養殖が廃業になるのだとも言っていたが難儀なことだ、過疎化に拍車がかかってしまうなぁ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月08日(土) No.3335 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ふぅ〜〜、


click

 やはりこれだけ好天が続くと海辺がいいと今朝は4時から出かけた。みどりの日ということもあって伊勢道はこの時間にしてかなりの通行量だが松坂を過ぎるあたりからは車もまばら、これがイイ。聞くところでは拙者のためにでもなかろうがこの区間が無料になるとか言っていたが、国民全体の設備、利用者負担を適正に取って整備されるというのが筋だろうなぁ。従量制ってやつだ、電気水道ガスもそうなってる。遅れて来たインフラとでもいうか新しいインフラとでもいうのか高速道路と通信網はまだまだ胡散臭いからね。

 玉城インター出口のいつもの餌屋さんはすごい混雑、上海万博なみだ。今日はあまり必要なものも少なく、釣り針数種とオキアミと石ゴカイを一パックづつだけ買い求める。驚いたことに拙者一押しの糸付き釣り針で「チンタ・メバル7号」だけが品切れ、今年の南伊勢で釣られるグレの量がさぞ多くなるだろう、んなバカな。

 6時半頃に着いた神前浦・吉津漁港、まぁここはGWとはあまり関係ないが近くの工場など休みに入っているせいか一段とひっそりしていて静かなもんだ。定席に釣り座を構え、入念に団子作りから始める。そして持ってきた新趣向の仕掛けで木っ端グレとの闘いに臨んだ。真っ茶色に群れたスズメダイをかわしてだったが其々の仕掛けで想像したような釣れかたが出来たのだがこの時期なかなか良型が寄ってこないのがちと残念だが場所によるのだろうね。

click

 中小20枚も釣ったころ8時のサイレンを聞き、一旦道具をコンパクトにまとめ団子釣りは止めてフカセ釣りでの浮子の様子を見て楽しむ。二台の水中カメラで針の付近と浮子の動きを二画面表示で観てみたいものだと思うのだがあまり解ってしまうのは妄想の楽しみを害うことになりかねないな。

click

 昼頃に隣の贄浦にキス釣りに行くことに、まずいつもは真正面に見えている長い間護岸工事中だった漁港右岸、砂浜ではないが砂礫の浜辺になっていてどんな状態か見てみたかったのだ。石ゴカイ餌でちょう投げ、キスは掛からなかったが小さなハゼとアジがプルルンと竿先を引っ張り込んで釣れた。

 その後、竿と餌箱だけ持って湾内のあちこちを探索、うす曇りの一日だったが寒くも暑くもなく心地よい初夏の陽気ではあった。もうセーターは不要だ。

 帰路立ち寄った真っ赤な南東大橋の見える国道260号沿いの食堂で食したラーメン、美味しかったなぁ。

 しかしアウト・ドア遊びもぶっ通し17時間じゃぁくたびれる、程々にせいよという回路が切れてるのかも知らん。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月04日(火) No.3327 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

風薫る・・・


 今朝は4時半にシャキっと起床、天気図をにらんでいて今日は(も)行かねばと南伊勢の海に向かった。先に舎弟を拾うべく立ち寄ったところメールの返信がなかったので行かないと思っていたと、まだ寝ていた。おかしいなぁ〜、確かに返信したはずだがそういえばツイートしたはずが見当たらなかったりしているからボケ出したのか、んなバカな。

click

 今日向かったのは神前浦の東となり、贄湾の贄浦漁港、南伊勢方面で拙者の一番好きな場所だ。堤防も広々していて時には大の字になって昼寝だって出来る。ただこの時期は堤防からだとなかなか釣れないところでもある。餌取りの雑魚やサバッ子の群れ、さらには水面近くまで伸びた海藻に邪魔されるので難しいのだ。

 しかし晴れていると目に入る空、雲、山、海の景色はホントに心地よいものがあって退屈しない。今日は固めの団子を練っての紀州釣りもどきでグレを最初に狙う。

click
♪〜うふふ、ドンナモンダイ。

 ほぼ底近いタナでやるのだが雑魚に突っつかれすぐに餌がなくなりたまに掛かってもちっちゃなグレばかりだったが10時頃だったか2回続けて針を伸された後、軸太のチヌ針に変えようやく良型のグレ26cmを掛けひとまず満足、その後竿を換え投げ釣りでキスを狙う。誘導おもり12号で天秤なしの一本針、海藻を引っ掛けるので引き釣りせず、あたりが竿先に直に来るので好きな釣法で、しばらくは小さなハゼばかりだったが昼頃に群れが来たらしくパールピンクの色鮮やかな春キスが立て続けに釣れて大満足だ。

 顔見知りで、いつもエギでイカだけ釣っている地元の青年が一キロ近いモンゴウイカがあるから譲ってくれるというので喜んで買い取ることに、なぜかイカそうめんが食べたかったのだ。2時過ぎには仕舞いにして帰宅、早速モンゴウイカと釣ったキスを捌いて夕食の準備とする。イカは900グラムもあるずっしりと重い肉厚のものでとても食べ切れるものじゃあないので半分は弟にやろうと冷凍に、そしてイカそうめんにしたあまりのゲソとミミはぶつ切りにして半分を甘辛ら煮付けに、半分は昆布醤油漬けにして保存食にした。

click

 夕食にいただいたイカそうめん、こりゃぁ旨かったなぁ。 ひとつ驚いたことがありそれはこのモンゴウイカを捌いた時に取り外したイカの骨、これはまるでプラスチック製品ではないかと。見慣れたしとにはなんてことないのだろうが拙者はびっくりしたなぁ。この年になるまでこんなの見たこともなかった。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年04月30日(金) No.3321 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

あぁ、良い天気。


click

 高気圧が紀伊半島の真上に来て良い天気になりそうなので舎弟を誘っていつもの南伊勢、神前浦へ。8時過ぎには到着していつもの左側の赤灯台堤防の中ほどに釣り座を構え拙者は紀州釣りもどき、弟はフカセ釣りでグレを狙う。
 汐は中潮、海水の澄み加減は半端じゃなく底までくっきり見える。撒き餌をぱらぱら撒くとあっという間にススメダイの大群が乱舞し、いやぁ〜な予感がするも、そこは木っ端グレ名人、隙をついてぽつぽつと小型グレを釣り上げる。しかしなかなか25cmオーバーのものが回ってこないので昼ころには日向ぼっこ状態、気温が20度前後で風も穏やか、大モノが釣れないとこを除けば言う事なしだ。針キズの少ない木っ端グレを三枚だけ生かしバケツに確保して他は放流、早めに道具を仕舞い漁港をぶらぶら、路肩に可憐に咲いてる野草や積み上げられた錆びついた錨の山なんぞをみながら何を思うでなしだ。

 往路帰路とも拙者の安全運転だが、帰りの多気PAで小休止しているとき昔懐かし暴走族か、マフラーを改造したあのバリバリバリッ、っと大音響を上げて高速道路の合流車線を逆走して遊んでいたのにはびっくりしたね。車が少ない事もあって危ない感じはまるでしないがヤカマシイのはかなわん。STOP
【BJD5-b3試用】
 昨夜来走らせていたニューバージョン・β3、朝6:30に出かける時までエラーなしで順調だったが、用心のため旧バージョンにもどしてのお出かけ、帰宅後水槽の手入れなどしがてら18:30頃だったか再度β3にして様子を見ることに。そしてツイッターに「なう・・」と書き込んだはずがキーボードに額をくっつけて居眠りしていてサーバー監視サイトcmanさんからの携帯メールでサーバー・ダウンを知る。あわててモニタを見ると確かに「BJDは停止しました」とのウインドウズ・アラートが、うううぅ〜ん、なかなか上手くいかないものだ。早速原因を探るべくあちことの記録を探すもAppCrashViewとAppVerifyのエラーレポートのみでワトソン君は走るっているのにこいつはどうやらマイクロソフトにエラー報告する時だけファイルを作るようで今日の日付のものが見当たらない。トレース・ウインドウを出していなかったがAppVerifyに見られるHeapのキーワードから察するにやはりメモリー・リークに起因するのかなぁ。明確に知りたいところだが、しかし汎用ソフトウエアプログラムというのは難しいものだ。例えて言えば高度な心臓外科手術くらいにも少数のしとにしか出来ない事ではないかと思う事しきりである。そのでんでゆくと拙者などはメスを手渡す看護婦さんにもおよばない、とほほ。

 BJDログは停止30分ほど前まで残っているがerrorはゼロ。クラッシュ・ログはここここに。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年04月26日(月) No.3315 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

何度見ても飽きない。


 今日は釣りの日、ってヘンか。ともかく朝から海へ行く。下に上げた新江の島水族館の動画、何べん見ても飽きない。餌やる時の映像も見たいものだ。
STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年04月26日(月) No.3314 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

あれぇ〜、そんなバカな・・・


 小刻みに変化する気圧配置の間隙を縫って一週間ぶりになる釣行、汐回りは小潮だがそんなこたぁかまやしない、いつものように舎弟を伴って神前浦の吉津漁港に出かけた。朝6時にパッと起床、2,3時間しか寝てないと思うが気が早ってるんだろうね、無用に元気なのだ。

 途中、予約の撒き餌など調達して8時には到着、その時点で気温19度、風も弱く明るい日差しに輝く海はなんともわくわくと期待を抱いちまう。

 今日はベタ底に徹してみようと決めており、ハリスも1.25号と太めで柔らかめの団子釣り。1.5号遊動浮きで早速開始、ポイントはいつもの所なのだが最近は一日一回伊勢エビの刺し網が入るようで以前のような大釣りは出来ない。

click

 開始早々、手の平大の木っ端グレが続けて掛り俄然色めき立ったのだがその後がいけない、ちっとも合わないのだ。仕掛けを投入するたびにもぞもぞつんつん出る当たりがどうにも見当がつかない、合わせたもんか引き込ませるか迷うばかりで頭に血が上るのが解る。気温も急上昇、23,4度までになったのではないかなぁ、上着も脱いでナニクソと頑張ったが、なんのこたぁない、底にはスズメダイの大群がいたんだねぇ、ガックリ。

 そのうち撒き餌につられてスズメダイが茶色の雲のように見え、さらにボラっ子の大群が水面を泳ぎ回るにおよんで戦意喪失、あきらめが先に立つ、海はママならん。それでも、ふたヒロくらいでフカセ釣りの弟はぼつぼつと木っ端グレを釣りあげていて午後3時前にはやぁ〜めたと漁港を後にした。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年04月21日(水) No.3302 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

うれしいなぁ〜♪


 今朝は5:30起床、南伊勢の海に向かう。朝方やや気温が低く風も強そうだったが到着した吉津漁港、さざ波は立っているものの意外と弱い風でこれなら大丈夫といつものポイントに陣取り8時のサイレンとともに釣り始める。津を出たのが6:30で途中餌屋に寄って片道1時間半、無用に正確だ。

click

 海水温がここにきて春らしく上昇気味で撒き餌に寄る魚が多彩でわくわくしちまうのだが、開始早々に手に平大のグレと強い引きでなんと25cm位のシマダイが上がり俄然気分は高揚する。その後も順調に木っ端サイズから23cmくらいのグレが釣れ続き、ちらほら見えるカイズも狙ったのだがこれは不調に終わった。後から来ていた釣り人には一枚掛っていたがやはりチヌ狙いのときはじっくりやらなくちゃぁ駄目だと、なんせ拙者の釣りは我慢が足りない、ひっきりなしに仕掛けを上げてあれこれやっているからね。

click

 昼頃には青空も広がりパタリと風が止み、それは気持ち良い状況になって釣りというより日向ぼっこをしているかのような感じであった。その頃からボラっ子の群れが寄って来てそれを釣ってやろうかとも思ったが仕掛けを換えるのが面倒でがくんと確率の下がったグレ仕掛けで通す。

 午後3時にはもういいやと先に仕舞うこととにし貴重な獲物のシマダイをブクに確保、他は舎弟のスカリにまとめて入れる。弟も軽い仕掛けでそこそこ揚げていてずっしりと重い、まぁ満足の行く釣りではあった。

 季節のせいか底の方でもグレが就餌するようになっているのでそろそろ紀州釣りも良いかもと思える海ではあった。

 帰路、義妹からのメールで良いカツオがあったからカルバッチョか刺身で夕食に寄ればとのことで、大喜びでゴチになる。その後途中のホームセンターに寄り紀州釣り団子用に米糠をゲット、そこには大型の精米機があって精米は有料だが出たヌカは自由にお持ち帰り下さいとあるのだ。精米するしとの多いことにも驚いたがやはり皆オイシイご飯には目がないということだろうね。STOP
【ニュースから】
 ブログ更新のさなか、ニュースで茨城沖、太平洋の海水温が例年より5℃も低いのだという。それでオキアミが居座り、シラスが獲れない、低温で弱ったイワシが大量に湾内に押し寄せ玉網ですくえるぐらいだという。確かに今年の寒波はきつい事が多かったように感じていたが海水温が5℃も低いとは驚きだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年04月08日(木) No.3280 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13][14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen