LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


半日行。


click


 昨夜は早々と寝入ったせいで夜中に一度目覚めサイトの更新後、お気に入りのプレイリストを小さく流し明かりを真っ暗に消してすんなりと寝入る。朝5時前には起床して空を見ると薄雲りながら明るい、改めて予報レーダーを見たところ雨雲はなく午前中は風も弱そうなので今日はぶらりとヨットハーバーに出かけることに。

 しかしこうも早起きが続くといつもの事だが気分上々なのになにやら本来の自分じゃないような心持もして奇妙なもんだ。

click


 8時頃にゆるりと準備をして津ヨットハーバーの大堤防に向かう。河口に着いてからさて今日はどんな釣りをしようかと考えるもとりあえず手当たり次第に道具をキャリーに乗せ、先端まで歩く。この気候、天気の月曜日だ、常連のシニアグループが5,6人すでにわいわい賑やかに竿を出しているがあまり芳しくはないようだ。潮回りは中潮で6:30頃が満潮だったので丁度下げ3分、河側の低い堤防に陣取ったので流れが海側にゆるゆるとあり一号竿での浮釣り仕掛けではなかなか落ち着かない釣りになってしまう。

 それでも30分に一度くらい当たりが出て、回って来た手のひら大のグレと20cm弱のアイナメが上がったので満足する。先端のシニアグループでも何尾か釣れたようで早朝から来ていたのか10時頃には皆引き上げていったが直前に若い黒鯛釣り師が落とし込みで28cmの居つきではないチヌを上げていた。測った水温はもう18℃にもなっているので南伊勢とは比較にならないがチョコっと釣るには手軽な場所だ。

click


 昼前には風も強まってきたしと止めて帰って来たがどちらかというと釣りより海と空ばかり眺めていたような半日だったなぁ。昼食にと寄った中華料理の「あじへい・ハーバー店」で、ランチメニューのチャーハンと餃子のセットを食したがさすが完食すると腹12分くらいで、残しゃよかったかなと出しなに思ったが食べちゃったものはしょうがない、注文するときに量を減らしてもらえばいいんだよね。

 帰宅後、水槽の手入れなどしていてテーブルに下から干からびた小エビが一匹、これは半年近く水槽に居ついていたシラサエビだ、そういやぁ数日前に寝ている時にピチャリと水音がしたように思っていたが多分その時飛び出しちゃったんだろうな、已んぬる哉。STOP

 【強そうなので】

click


 午前中行っていた津ハーバーで釣ったアイナメ、上げた時口にハリスの付いたもう一本の釣り針を咥えていた。ハリスが0.6号くらいの細いものだったからきっと昨日でも釣り人から振り切って逃げたやつなんだ。そっと針を抜き、この生命力ならと生かしバケツに入れ部屋に持ち帰って海水槽に入れてやった。子メジナが5,6尾はいっているのでやや窮屈そうだったがしばらくして落ち着いた様子だったので記念撮影、こうして見るとなかなかに精悍な顔つきだなぁ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月31日(月) No.3386 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

単独行。


 今朝は5:00と無用に早起き、あぁ土曜日だなと思いつつ横になったまま司馬遼太郎さんの「空海の風景」をようやく、3週間がかりで読み終える。いやはや3年ほどまえのエリック・ドルフィー評伝以来の読書だ。こんなのはやはり若い間に読まなきゃ感激より徒労感が勝ってしまうな、なんて毒づきながらもなかなか面白かったのだ。

 そしてこの年にして改めて知る漢文のいわば美辞麗句が持つ発する人間の思い入れの伝達力のようなものを感じてつい脱線し、「漢文の初歩」なぁ〜んてひも解いたりするんだから時間が掛かるはずだ。

 天気図の気圧配置から南伊勢の海の明るさに思いがおよび、さらには「空海・・」のせいで吉野山金剛峯寺について調べるうちにドライブがてら出かけることに。このところ大音量でジャズを耳にしていないのでそれへの欲求もあったのだがなんとも脈絡の無い行動ではある。

 8時頃に出てお気に入りのCDをカーステレオに掛け一人スイングしながら走る伊勢道、オーバースピードに注意しながらではあるが無邪気にもルンルンといった感じであっという間に南伊勢の海だ。

click


 今日は途中気ままに目についた場所に停め水辺に降りたちぶらりと散策、目的地である贄浦漁港の手前の人工的な藻場で小一時間ほど遊ぶ。昔はボラ網漁をよくしていた場所らしいのだが今はコンクリートで造成され、それでも左右両岸の小さな砂浜や小磯は奇麗な海水と相まって実に心和む一画だ。ここから一山となりが贄浦漁港で昨年は二度ほど海沿いの旧道を走ったが半端じゃない細い山道で陸の孤島にふさわしい処だなぁと思ったものだ。

click


 目的の贄浦漁港に着いたのはもう10時を過ぎていたが広い堤防に釣り人が4人ほど、思い思いのスタイルでのんびりやっている。良く見るとなんのこたぁない、何度も見かけている常連さんたちだ。そういや近くに老人ホームがあるやにも聞いていたからそこの住民かも知れん。

 今日の潮回りは大潮、ここの経験では大潮の時に良い釣りが出来た試しがないのだがそんなことお構いなし、新考案の「遊動ブラクリ団子」仕掛けがここでどんな効能を発揮するのか試したかったので最初は風裏になる港内側の低いほうの岸壁に釣り座を構え、いざ開始。・・・魚がいない。

 地元名人にもたまにかかるのが木っ端クラス、うぅ〜ん、いない魚は釣れないさとお昼頃には中断してなにか小腹にいれようかと町で唯一のスーパーに行く。超大型ではないが都会の駅前スーパー同様の規模で近隣の皆さんが利用されているらしくなかなかに活気のあるお店になっていて、ついでだから思い浮かぶもの全部買い込んじゃえとカートをころがして買い物に夢中になる。なんか商品全般、妙に安いのが愉快でついつい調味料やレトルト食品など買い込んでしまった。外に屋台を出してたたき売りよろしく並べて売っていたバナナなんて20本以上付いている大ぶりの房が150円だってぇんだからビックリ、大量輸入の在庫処分なのかなぁ。帰って一本食したのだが丁度食べごろ、ということは痛まぬうちに全部口にするのは難しいかもね、あはは。

click


 昼過ぎから心機一転、俄然釣り気が出て堤防外側に釣り座を構えなおし4ヒロのタナどりをして浮子に集中、モゾッとする当たりで掛かったのは27cmのグレ、やったね、新考案の仕掛け大成功と大喜び。しかしその後は木っ端グレが2枚ほどでやはりこの潮回りのときには群れが来ないようだ。もっとも今日はいつもなら広範囲にばらまく撒き餌をしなかったこともあるのかも知れないが、ただ水温は17度とこの時期にしては低いのも関係しているかも。

 3時頃に仕舞うとき入れ違いにやって来た青年、志摩の英虞から岡っぱりで烏賊のエギングだといっていたがいろいろ周辺の情報を教えてくれたね。昨年拙者が志摩から尾鷲にかけて海沿いの国道260号の旧道も走ったことを話すとそんなとこ地元住民でも走らないよと言っていた、だはっ。この贄浦やいつも行く吉津漁港は僻地というにふさわしい処のようだ。この10年くらいで道路が整備されようやく志摩方面からでも車で来れる感じになったのだと言う。彼の言では暮らすにはこんな不便なところは無いというのだが、それは病院がないとか店が少ないということで頗る付きの楽観主義者である拙者にはなんら問題でもないのだ。五体満足で元気な時に病院通いの利便を考えるということがなかなか理解できぬとうそぶく神経はヘンなのかなぁ、あるいは刹那主義か。

 帰宅後、100km離れたスーパーでの買い出しを冷蔵庫へ、数枚のデジカメ写真を整理したかしないうちに寝ちゃった。良く歩いたからね。

 しかし、こんなサイト見ちゃうと彼我の違いを思い知る。「http://imaginepeace.com/

STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月29日(土) No.3380 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

空と海・・・


click

 今日は早々と目覚め、舎弟との約束の5時半まではまだ時間があるしとなかなか読み終わらぬ本の続きなど。今日の南伊勢、予報では晴れで北北西の風3メールとありどうかなとも思ったが、そこは楽観的に大丈夫だろうと確信していざ出発、ひんやり爽やかな朝の空気は雨に洗われたかのようだ。
 いつもより一時間近く早く着いた神前浦、吉津漁港はきらきら光る海と空が眩しいくらいで早速赤灯台のある防波堤中ほどの定席に釣り座を構えゆっくり時間をかけて餌を練る。

click


 この時期、気に入ってるのは一号竿の遊動浮仕掛けで一本針の餌にオキアミや石ゴカイを使いウズラのタマゴほどの練り餌でくるんで底近くのグレを狙うのだが、今日は大潮回りで11時半が下げいっぱいとあって準備終わった7時頃は丁度下げ半ば、予感通り第一投目で23cmのグレが竿を大きくしならせて上がって来た。その後も餌取りは半端じゃなく、忙しい釣りになったのだがどれも木っ端クラスで20cm超えるものは4枚ほど、他に0.8号ハリスを切っていったやつが2枚いたが大小かからわず当たりは極めて小さく、ほとんどの場合、2回の当たりで必ずと言っていいほど餌は取られる。

click


 今日の海水温はもう18℃にもなっていて、まぁ活性の高いこと、撒き餌なんざぁ必要ないがここのグレは実に上手に餌をついばむ、あのカワハギなんかより上手だ。浮木に出る反応はほんの数ミリ程度、時にはピクリともしないで餌だけ食べる。余程の集中心で見ていなきゃまづ掛からないというのが癪でもあり面白い。今日は後ろからの風だったので強い割には釣りになったが風波が騒ぐので余計当たりを取るのが難しく感じたね。

click


 お昼のサイレンが鳴る頃、突然ひらめいた仕掛けの工夫、早速作って試してみたところ、これが大当たり。それこそ百発百中ってな感じさえしたので参考までにその画像を。名前をつけなくちゃとあれこれ考え、「遊動ブラクリ仕掛け」と命名、弟に見せたところ、なぁ〜んかアキレタってな顔で笑ってたが、これはスゴイと感心してほしかったなぁ。

 この仕掛けの勘所はオモリと餌を付けた針の部分を固めの団子でくるんでしまうことで、グレの習性から団子をついばんだ勢いで餌に食らいつくのを合わせるというもの。餌だけや団子だけの時に比べ格段に釣れる確率が高い。

 まぁ雑魚釣りの小技といったところ。

 3時頃には丁度餌も使い切りもう十分と仕舞いにして帰って来たのだが、風が強かったものの空気が澄み切っていて空も海も山も雲も実にくっきりと爽やかな一日だった。そういやぁ、もう少しで読み終える「空海の風景」のことを思い、吉野山金剛峯寺はここから近いなぁなどとぼんやり思っていたが、稀代の哲人空海が世間に戻る前にひらすら眺めていたという空と海、けっしてぼんやり見ていたわけないだろうな。
STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月27日(木) No.3374 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

今日もサイコ〜♪


click

 早く寝たのは良いが案の定3時間ほどでシャキっと起床、釣り行くときはいつもそうだ。予報では27度くらいまで気温が上がるとあったが一応コットンシャツの上に毛糸のベストも着用、ウインドブレーカーも着て4時半過ぎには舎弟を迎えに行った。同行する友人というのは、はるばる栃木県からきているということだがこの一週間は雨にたたられてまだ一回しか釣行できていないという、ついてないね。
 
 道中、度会郡山中は濃い霧に覆われ楽天家としては風の弱さを期待しちまったが、いつもの神前浦、吉津漁港に着いた時にセメント工場の8時の始業サイレンが正確に鳴り響き、我らも定位置に釣り座を構える。

 今日は中潮、10時が下げいっぱいであったのだがそれまではポツリポツリと木っ端グレが釣れ、上げ出した頃からは俄然として絶好調、狙い通りの釣れかたでいやはや面白いのなんの、敵の習性を知ると釣りは100倍も楽しくなる。 なんせ仕掛けを投入するたびに必ず当たりがでるのだから忙しいことこの上ないのだが数釣るのが目的じゃぁないのでもっぱら仕掛けをいろいろ換えて反応と掛かる確率を体感する。

 魚はすれてくるとやはり上部の異物を警戒することは間違いないようで、当たりが少し遠ざかったところでハリスを1メートルと長めにとり中オモリを警戒させないようにすると、ハリス30cmの時に比べ断然食いつきは良くなるものの、針を飲み込まれてしまうのが面白くない。結局針上8cmのところにがん玉を打って僅かなあたりをヒョイと合わせるようにするのだが、0.6号は弱すぎるなぁ、都合3回ブチンと切られてしまったのは残念、大きいのも回ってきているのだ。

 今日は南東の風2mとあったが幸い日中ほとんど微風程度、気温は27℃までも上昇、当然ベストもウインドブレーカーも脱いで午後2時過ぎまで面白い釣りが出来た。

click

 帰りに弟宅で晩飯をと誘われるも時間が早いこともあり、加えて筑前煮と竜田揚げを調理してやろうと鶏肉を準備していたこともあり遠慮して真っすぐ帰宅。一休みの後、筑前煮を調理した。最後に水分を飛ばす段階でタレのお味の良さにハタと頭にうかんだのはあんかけ状態にすりゃ美味しいじゃなかろうかと脱線、そうしたのだ。アンカケ仕立ての筑前煮、こんなの初めて食べたが美味しかったよ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月25日(火) No.3370 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

何事も無かったかのように。


 今朝は5時半起床、昨日来用心深く消化の良いモノをと心がけ朝食には珍しくお粥など作って、頂き物に「わさび振り掛け」なる卓上タイプの一缶があり初めて封を切って食したところ、あはっ、これは美味しい、危うく丼いっぱいも食べそうになり気が付き止したのだ。程々が肝心、さっそく学習の成果が、と上機嫌、バッカだねぇ〜♪。

 今日も見事な五月晴れ、低温続きで新茶が二週間も遅れての収穫だとニュースで知る。新茶は一芯二葉を抜くように摘むんだ。ふんふん、「一槍二旗」とも云うんだね、摘んだことはないが全国の著名な茶所は一通り見ているせいかニュースで見る茶畑には心ひかれる。

click

 今日は中潮で午後2時半頃が下げいっぱいで暗くなる頃に満潮になる、ということで3時頃から津のヨットハーバー大堤防に出かけた。ほんとに雲ひとつない快晴の海、岩田川河口から伊勢湾に向かって人っ子一人居やしない、まるで空と海を独り占めの感すらして、まさにこの世の春、な〜んて浮かれているときっとまたバチが当たるな。

click

 気温が25℃にもなっていて、セーターを脱いで道具一式をキャリーに載せ大堤防の先端まで行くことにした。河側の低い方に釣り座を構え、今日は柔らかめの9尺の投げ竿で底魚が掛かるのを待とうという悠長な釣りに徹する。

 道糸2.5号を8号の中通しオモリに通しサルカンの先に30cmほどの1.5号ハリス付き丸セイゴ針を一本だけの超シンプルな仕掛けで、石ゴカイを付けひょいと投げ込んでじっと竿先を見てるだけ、なぜか昔からこの釣法が案外好きでこの間、ホントにな〜んにも考えていない。普段なにか考えてるのかと問われても答えに窮するが、やはり人並みに人間に混じっているとあれこれ思いを巡らしているように思うのだが、それに比べればということでただただぼぉ〜っとしている。

click

 満ち潮に乗って上ってくるオサカナを期待するわけだが、この釣りは工夫もなにもあったもんじゃぁない、魚が仕掛けを見つけてくれるのを待つだけで運だけが頼りってぇんだから、まぁ賭け事みたいなもんだけに恨みっこなしでなんら高邁なる意味があるとは間違っても無い。拙者の格付けではこれはもう道楽の極致ではないかとさえ思うのだ。

 とっ、竿先が激しく揺れて急ぎ巻きあげて上がってきたのは、むふふ、狙い通りのアイナメで26cmの大きさ、満足満足。そのころから続々と釣り人が来だしたのだが満潮までの2〜3時間を狙ってだろうが正解だね。

click

 その後も2度ほど当たりはあったが針掛かりせず、日が沈むころにはお仕舞いにして帰って来たのだが途中腹の調子も良いことだしと、中華食堂「あじへい」によりラーメンと餃子で夕食を済ます。もちろんいつもは頼む「おろしにんにく」はパス。
STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月17日(月) No.3356 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

ココロはればれ。


 今朝はなんと3時半に起床、4時には出発、もちろん釣り。予報で見る天候は快晴、気温は17〜18℃と低めながら風は弱そうということで舎弟と合流していつもの南伊勢の海、吉津漁港を目指した。

click
♪〜眩いばかり・・・

 6時過ぎには到着、太陽がまぶしい。土曜日だがここはいわゆる人気スポットとは違って釣り人なぞいやしないので気兼ねなく好きなところに釣り座を構えさぁ釣るぞと入念に準備にかかる。気が急くという事がまるでないのが気分を良くする、そして最初に用意したのは18尺の渓流竿での雑魚狙いなのだが木っ端グレに混じって20cmくらいのものが掛かり思いなおしていつもの1号磯竿に換える。

click
♪〜準備中。

 今日はなぜか朝から木っ端グレが乱舞状態でスズメダイの姿が見えなかったのは不思議なのだが11時頃にぶわぁ〜っと一度湧き上がって来ていた。これが見えると気が削がれるのだがしばし堤防の低い方で大の字になって昼寝なんぞして時合いを待つ。

click
♪〜うっふっふ、ヤッタネ。

 この時期は撒き餌をしなくとも雑魚が多くて仕掛けを底まで落とすのに難儀する。チンタ・メバル針の細地の7号、ハリス0.8号で紀州釣りをしていたが連続で3回も針を伸されてこりゃだめだとチヌ針1.5号に換える。これが功を奏してか上がったのが27cmの良型グレ、このくらいのが回ってくると実に面白い。海中にはちらほらカイズらしきものも見えるがガン玉なしでふかせるとまず木っ端グレに針ごと飲み込まれてしまいなかなか釣れないのはしょうがない。

 餌は生オキアミ、ボイル、そして石ゴカイと交互に使ったが今日はなんといっても練り餌、団子が程良く調合出来たせいで切れまなく釣れ続け好天のしたでの波止釣りを満喫といったところ、午後2時ころにはずっしりと重いスカリをお土産に、お仕舞いとした。

 帰宅前に寄った舎弟宅で義妹がカツオのたたきが沢山あるから食べていけばと言うので、もちろん御馳走になる、がっ、これが悲劇のもとになるとは・・・。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



2010年05月15日(土) No.3344 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

水替え。


click
♪〜ほんとにイイ季節になったなぁ。

 午後3時頃から水槽用に新鮮な海水をとヨット・ハーバーに出かけた。柔らかな日差しもあり暖かそうだったが念のためセーターを着て、もちろんフィッシングベストも装着してだ。振り出しの15尺の渓流竿で雑魚も釣ってやろうという魂胆、ハーバーの横、岩田川河口に面した船溜まりの小岸壁はすぐ傍に車が置けて実に手軽な場所なのだ。

 釣り座を構えた時には少し暑くてセーターもウイドブレーカーも脱いでしまうほどだった。25度以上になったんじゃぁないかな。

 驚いたことに以前に比べ川底に大小の石が堆積して水深が1メートル近く浅くなっている、流れてきたのだろうか。作った仕掛けは0.5号誘導錘を抱かせた誘導浮き仕掛け、針はチンタ・メバルの6号でハリス0.8号、道糸0.6号と繊細極まる構成だ。間違って大物が来た時は事故だと思ってあきらめる覚悟ができているので、これで十分なのだ。

 荒い底なのでタナ取りに苦心したが小さなあたりでアイナメの子やハゼが釣れ、二時間ほどだったが面白かったなぁ。

 暗くなる前にヨット・ハーバーの方に回り持って行ったポリバケツ2個に海水を汲みえっちらおっちら持ち帰った。そして水槽の掃除を始めたころ大河ドラマ「龍馬伝」が始まり、あわててそちらに目を向ける。

 一旦好意的に「観る」と決めるとなにやら全てのシーンが好ましく思え、ぶつぶつ文句言うよっかよほど気分が晴れやかだ。しかしあの漫才出の役者さん、天性のものか、たいした演技力で驚くばかりだ。

 そういやぁ一昨日か注文していた司馬遼太郎さんの1975年出版の御本「空海の風景」全2巻が10日も早くamazonから届いていてまだ100頁も読んでいないが、その内容にびっくりしている。出た頃にはその題名から虫唾が走る感じで見向きもしていなかった物だけに余計そう感じる、楽しみなことではある。STOP
【石ゴカイ】
 夜遅くになってついに決心、数ケ月ぶりで海水槽の水替えと清掃を2時間掛かりでやった。今年に入ってからは入れる小魚がどれもあまり長生きせず悔しい思いもしていたが釣り餌のあまりのシラサエビと石ゴカイは5か月近くも元気に生きているのだ。そして今日、生物濾過フィルターを交換しようと取りだしたものになんと1〜2cmほどの石ゴカイが10数匹も生息していたのだ。驚いたなぁ〜、ひょっとしてこの水槽で繁殖したのではないかとその生命力を思い、ちと嬉しかったね。槽内に付いた藻もきれいに取り、汲んで来た海水を半分くらい入れ替え、ついでにレイアウトを少し変えて今日持ち帰ったハゼやアイナメを入れたのだがくたびれるね。一晩たつとピカピカの水になるはずとようやく床に就く。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年05月09日(日) No.3336 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12][13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen