LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


油断。


 今朝も7時前に起床するも朝食の後眠気が襲いつい居眠り、2時間ほども眠ったろうか10時過ぎにはちゃんと起きて近くの郵便局へぶらぶら用たしに。待ってるあいだ飾ってある切手シートできれいなものがあったがまだ手持ちがあるしなぁと思い止まる。

 気圧の移動がゆっくりなようで九州地方ではまだ大雨、レーダーに映る雨雲は紀伊半島も覆っているが薄曇で時おり青空さえ見える。風も穏やかだしと今日もヨーットハーバーに出向く。今日は15尺の1.5号竿でまたまたサバっ子を釣って遊ぼうという魂胆、風向きは昨日と異なり南東寄りで、海側には回ってこないようだったので、河口側に向かって陣取り釣り始める。

 程よい間隔であたりが出てサバっ子が釣れるのだが、どうも4.5mの今日の竿がしっくりこない。バランスが悪いというか対象魚が小さすぎるせいかちっとも面白くないのでじきいつもの10尺3mの一号竿に変えて釣った。

click


 しばらくして今日の暑さからいつもは手放さない長袖の綿のヨットパーカーを持ってきていないと気付いたのだが、すでに左腕がジリジリと日焼けでヤバイ感じ、いつの間にやら青空が広がって太陽がぎらぎら照っているのだ。不思議と右腕は日焼けしないのは休みなく動かしているせいだろうな。

 今日は氷をクーラーボックスにたっぷり持ってきていて少量の海水で手がしびれるほどの冷たさの中に釣ったサバっ子をキープ。20尾も釣った頃には日焼けが心配になり止めて帰ってきたが実にお手軽な釣りだ。

 出掛けにテーブルの上にあった万歩計を着けて行ったのだが帰宅後見ると2900歩、1500mの大堤防を往復するのだから5000歩くらいには成るように思っていたがちゃんとカウントしてるのかなぁ。今度数えてみよう。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月22日(火) No.3436 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

サバっ子再び。


click
♪〜大漁だ。


 今朝は7時起床、降ったり止んだりの梅雨空だが風は弱いようなので、10時頃からハーバーに新しい仕掛けを持ってサバっ子を釣りに行った。汐廻りは長潮で7:19干潮、13:51満潮なので上げ潮いっぱいまで釣ろうかということだ。
 最初は河口側を狙ったがちっとも回ってこないので外側に移動して0.5号遊動浮きの一本針での餌釣り、潮廻りとは関係なく15分周期くらいで群れが回遊しているようで面白いように釣れる。サビキでも良く掛かるのだが手返しの早さから一本釣りのほうが効率が良いし面白い。今日は先日の南伊勢での撒き餌を冷凍保存してあったものを少し持って行ってたのでタナひとヒロで狙い通り当たりが出る。嫌われ者のサバっ子だが狙って釣ると難しくはないが案外面白い。今日は持ち帰って味噌煮にしてやろうと氷持参で来ていたのだが3時間ほどで小さなバケツいっぱい、40尾近くも釣れ氷も解けだしているので急いで帰ってきた。堤防先端ではベテラン黒鯛師が昼頃に50cm近い年なしのチヌを上げていた、居るんだよなぁ。

 帰って早速捌いたがやはり始めのほうに釣った何尾かは身がやわらかくヘタっていて、なるほど、サバの生き腐れだと実感、氷をもっと持参しなくちゃと思った。

 帰りに郵便局に3件ほど用があり立ち寄ったが窓口営業が4時でお終いだとなにやらATM故障の張り紙しているお二人が妙な顔つきでおせーてくれたが、ふぅ〜ん、だるい仕事ぶりだね。STOP
【最小不幸社会の実現】
 憲法の定めるところにより万民に対して最低限度の生活を国家が保障するとともに自立を助長するという現在の生活保護のボトムアップを言っているのかワーキング・プアーと言われる搾取される労働者を救おうとするものなのか定かではないが、五体満足でも収入を得るシゴトの何たるかを理解出来ない方々とか単に駄々こねてるかのようにシゴトをしない方々を、それでも生存させようという真に篤信あふるる思いなのだと理解するのだが、現実社会で例えばパチンコ屋さんや競輪競馬場、ゲームセンターにたむろする群集を見ているとなんともやり切れない思いがするのは拙者だけじゃない。

 先日の報道でもシゴト斡旋詐欺というのか、パチンコ打つだけで収入を得られますと言って80万円の権利金を詐取されたというお婆さん、この国には自己責任がずいぶん希薄になっている。詐欺師は許せないのは当然としても、なんなんだ、これに飛びつく精神てぇのは。

【アホじゃなかろうか】
 寝ようと思ったところ菅直人新総理の消費税についての会見を見て、何を寝ぼけたこと言ってるのかと、現実的なことやるなら先に国費削減やれよと誰もが思う、アホじゃなかろうか。わが国の税を見てみろよ、所得税だけじゃない、後付けの省庁のぼったくりや保険料を入れるといい加減にしろよとぶん殴ってやりたいね。なにやら眠そうな顔つきで原稿読んでたが財務省に誑かされたのかなぁ。Twitterで毒づいてやろうとしたらOverLoadだって言うし、まったくぅ〜。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月21日(月) No.3435 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

サバっ子。


 夜更かしにもかからわず今朝は6:30起床、小雨が降ったりやんだりだが昨日来家事全般に意欲的で次から次へとすることが出てくる。しかし、なんだな、身の回りをきれいにするとホントに気分が良くなる。
 昨日twitterで知った朝10時からのBS朝日の「激論!クロスファイア」で田原総一郎さんと仙谷由人官房長官の対談があるということで仙谷さんが何を語るか興味あって、めずらしく真正面からながらでなく視聴、よき統治者の資格十分と見受けられたがはや65歳になるという、つい御身大事にと健康の心配をしてしまった。

 昼前になって空が明るくなったので、完全に夏用の出で立ちでヨットハーバーにサバっ子でも釣りに行こうかと潮汐表を見ると、なになに、10:45干潮で17時頃が底裏。下げ3分から下げいっぱいまで遊べるとイソイソと出かけた。

 湿気は高めだが気温は暑いほどでもなく風も弱いので釣りには良い。大堤防先端には常連のチヌ釣り師が10人近くも居たのではないかな。サビキでサバかアジを狙うファミリーフィッシングの人々も多数いてなかなかの賑わいだが堤防が長大なこともあって混雑という程ではない。

 先端から50mくらい手前の低いほうの岸壁に道具を広げ、一号竿で浮き下ひとヒロの一本針の餌釣りでサバっ子を釣るのだが、今日は程よい間隔で当たりだ出て20cmくらいの真サバの子が二時間ほどで5尾釣れたので2時過ぎには帰ってきた。一週間前より一回りも大きくなった感じがして気分上々、途中\100ショップとスーパーなどに寄り雑貨類の衝動買い、またまたガラクタが増える。

 厳重注意が功を奏したか心なし郵便物が以前とおりポストに入っている。

 サバっ子を捌いていて、このサイズの塩焼きはどんなだろうと興味が沸き塩を振って一晩冷蔵庫に入れて置く事にした。それからやおら裁縫道具を持ち出し、買い込んできたパーツをフィッシングベストに取り付け、いっそう俊敏なるアクションを思い描く、というよりより横着に輪を掛けるわけだ。

 そんなことしているうちにサッカーが始まっていてあわててテレビを点けるも前半25分過ぎていたがまだ無得点、ガンバレ日本。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月19日(土) No.3433 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

連投。


 今朝は3:30起床、アラーム握って危うく寝過ごすところだったが45分にコールがあり、パっと起きる。大急ぎで持ち物を確認してそそくさと出発、弟を迎えに行く。あはは、外に出て待っていた、5分ほど遅刻だったからね。
 合いも変わらずだが伊勢道に乗りいつもの神前湾目指して行ったが途中玉城インター出口の餌屋さんで受け取った予約の解凍アミエビが相当痛んで古いものなのでガッカリする、こういう商売しちゃいけないなぁ。

click


 6時前には赤灯台堤防のほぼ指定席に陣取り練り餌の調合から念入りな準備にかかる。中潮で9時満潮なので一番いい時間なのだが海の色がいまいちピンとこないし、ぱらぱら撒くコマセにはスズメダイと他の小さな魚の群れが見えるのみでいつものようにグレが沸いてこないのだ。底近くに仕掛けを投入すると活発な餌取りで15秒と持たないほど木っ端グレが居ると判り、それではと仕掛けをいちだんと細く繊細にして次々と釣り上げるも今日は全て放流、たまに20cmクラスのが大きく竿を曲げるのが面白い。しかし手返しの回数は半端じゃない、暑い日ざしもあり昼頃にはや〜めたと二人の意見が一致して帰ってきた。

click


 帰路は弟が運転するというので拙者は助手席で一眠り、津の手前の嬉野PAで交代し送り届けた後帰宅したのがまだ午後3時、天気は相変わらず上々だしと荷物を一度整理したあと、今度は一人でヨットハーバーに出かけた。夕方から上げ潮で午後9時頃満潮ということで半夜釣りまでは行かぬが暗くなるまで竿を出そうかと、あわよくば先日のようにサバっ子の群れでも寄ってりゃあと考えたのだが甘かったね。3時間ほどピクリともしない浮きを眺めて夕暮れの雲を写メして帰ってきた。海は気まぐれ、魚は勝手だ。追いかける拙者は何なんだと思いながらも梅雨の合間の好天の一日をフル稼動して気が済んだ。

 夕食は久しぶりにハーバー近くの「かつ勢」でロースカツご膳の小を食す。ご飯とキャベツの御代わりは自由ですよと言われてもなぁ〜、出たものを残さぬように食べきるだけで精一杯なんですよ。勘定の時、財布にサービス券が入っていたのは幸運、日付けを見ると2月とあったから4ヶ月ぶりということか。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月17日(木) No.3429 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

天気になった。


 今朝は7時に起床、朝のうちは雲りがちだったが風もないし、何より潮回りが中潮で夕方4:30頃が満潮と津ヨットハーバー大堤防で釣りをするには最適な状況なので昼前から出かけることにした。

click


 例によってキャリーに一式積んで1500m先の先端まで歩く歩く、すでにチヌ狙いの常連が5〜6人、落とし込みでへちを探っていた。サビキで20cmくらいのサバっ子がよく上がっているので拙者も最初は一本針の餌釣りでそれを釣る。柔らかい一号竿なので面白いほど竿が曲がり一見大物でも掛かったかのようで愉快だ。で、ふとこのサイズのサバっ子なら味噌煮にできるなと思い、サビキ仕掛けに換えて数釣りをする。7本バリに4尾〜5尾も掛かるので手ごたえ十分、あっという間にビニールバケツ一杯にもなる。

 一本針に換えて何か別な魚と思ったが小さなメバルが二尾の他はやはりサバっ子が掛かるのみ。上げ一杯の4:30には止めて帰って来た。

click


 しかし午後からはホントに良い天気になって気持ちよかったなぁ。ただ常連のなかでやたらオシャベリなおじさんが居て閉口しちゃったなぁ。あののべつ幕無しに大声でしゃべり続けるってぇのはおよそ100人に一人くらいの割合で存在するようだが、なかなかに理解し難い人格だ。もちろん悪気のあるわけでもなかろうからそれを咎めるなんてことは考えもしないが、やはり遠ざかりたい気持にはなるな、あはは。

 帰ってから早速サバっ子の味噌煮に挑戦、生姜をたっぷり入れ砂糖、醤油、みりん、日本酒、味噌を溶き、煮詰めていったところ骨まで食べられるほどになり、美味しく出来あがったので嬉しかったね。自給自足、うふふ。STOP
【政治家の顔つき】
 先日の記事で外見で判断する人格って案外あたっているということ、新内閣でも誰とは言わぬが顔つきがアヤシイしとが何人か居るなぁ。早かれ遅かれバレちゃうんだろうがなんとも卑しいもんだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月09日(水) No.3407 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(3) Trackback(0)

ブログ書く間もあらばこそ・・


 今日も実に良い天気、しかも早々と目覚めタダシイ生活が続いている。夕べは早々に寝入ってしまい今朝になって総理の辞任を知ったが幹事長道連れということで一安心、良い方向に向かうだろうね。

 そういえば天気が良い時、頻繁に釣行メールが来ていたのにこのところちっとも無いのでどうしたことかと気になり多分お店だろうと、南伊勢に向かう前に寄ったところ今来ようとしてたということで危うく行き違いになるところだった。拙者が心配しちゃいけないが、まぁ元気なので一安心、明日一緒に行こうよと言う事で今日はそのまま単独行、6時には伊勢道に。玉城の餌屋さんで入念に撒き餌兼団子用の配合餌を調合する。思惑があって特殊というほどのこともないがしんじスペシャルだ。

click


 ちなみに公開すると、アミブロック2kgにスーパー・グレパワー1kg、サナギ粉300cc、糠300cc、押し麦150cc、小麦粉50cc、これを水を加えずに良くかき混ぜて用意し、用途に応じて小麦粉とパン粉を足し、練りの強さを加減するのだ。餌は不凍タイプのアミエビ小、パックが二分割されてるのが良い。日持ちするので便利だし、乾燥したって使えるんだから。

 これはあくまでグレ主体の雑魚釣りを目指すもので本命にこだわる方には向いていないとも言えるな。

 例によって8時のサイレンが鳴り響く頃、神前浦・吉津漁港に到着、いつもの赤灯台堤防に釣り座を構え悠然と海中を覗きこむ。パラパラと撒き餌すると今日はうんざりするほどのボラッ子が回ってきていて、やな予感。中潮で9時が満潮だったが始めてから2時間近くぴくりとも当たりが出ない。海水温が18℃と下がったせいもあるのかなぁと思いながらも、木っ端グレがちらほら見えだしたので極細仕掛けに換えてやっと何枚か掛けたのだが昼ちかくなってようやく少し大き目のグレが姿を現し団子に反応が出だしたので1.5号浮きでの小団子釣りにしたところ20cmオーバーの物が釣れ出し、立て続けに5,6枚も掛かったところで中断してお昼に。ここは12時になると漁協かどこかがエーデルワイスの曲を拡声器で流すんだ。

click


 堤防の付け根に漁船を修理する小さな造船場のようなスペースがあって今日は2杯の漁船が引き上げられており炎天下つなぎの合羽を着たおじさんがペンキを盛んに刷毛塗りしていた。海水に耐えられるようにか、ずいぶん粘着性の強い塗料みたいで分厚く塗りこんでいたがなかなかに大変な作業だ。

 下から見上げると明るい青空をバックに鶯色の船体がひと際映えて見えたものだ。

click


 昼からは、もう釣れることは解っているのでまたまた仕掛けの工夫に熱中、と言っても単にオモリの位置を変えたりハリスの太さを変えたりして様子を見るのだが、海中が見透せるだけに底のほうのグレの動きが面白い。

 海はホントに解らない、じきグレの群れは姿を消し、上にはボラッ子、底にはスズメダイの大群、そして何も知れぬ小魚の集団が右に左に何事もないかのように通過してゆく。今日は朝から南西の爽やかな微風で気温が22度くらいか、十分堪能できたと3時前には切り上げて帰って来た。

 夕方、インスタントの冷やし中華なんぞ食べた後、デジカメ写真の取り込みしながらつい寝てしまい起きたのが夜中の2時、ありゃりゃ、どんどん朝が早くなる。と、メールが入っていて早朝5時に出ようよ言うではないか。もちろん異存なし、急いでブログを更新したのだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月03日(木) No.3395 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

へんだなぁ〜。


click


 早く寝たせいで今朝は4時前には起きてしまった。横になったまま何か面白いツイートしてるしといないかなぁと探しながら一言二言つぶやいたら次々とあらぬことを呟き出したので止しにする。癖になりそうでヤダもんね。

 天気予報では今週、引き続き好天が続くとあって特に今日の南伊勢方面は風も弱そうだし釣行を決める。たまたま開いたサイトページに占いがあって「疲れる様な行動は止めましょう」とあったので天の邪鬼としては行かないわけには気が済まない。

click
♪〜ギラギラ太陽、・・レンズを拭かなくちゃ。


 ゆっくり朝食を取った後、8時過ぎになってから出発、伊勢道は6月から無料になるやに聞いていたがそうではなかった、朝令暮改、さっぱりわからん。

 行ったのは毎度おなじみの神前浦・吉津漁港だが今日は右手の小堤防の方に釣り座を構える。午前中は南東の風がやや強かったので背に受けるかたちで港内側、低い岸壁でのんびり太公望気取りだ。海水温は20.5度、透き通った海は足元で7メートル近くあるのだが底まで見える。

 ところが茶色い雲のように小さなテンジクダイの群れは居るもののいつものように木っ端グレの姿がまるで見当たらない。いやぁ〜な予感がしたが案の定始めてから3時間近くぴくりとも浮きに反応が出ない、まぃったね。いったいぜんたいどこ行っちゃったのかと思いながら飽きもせず海中を覗きこんでいたのだが昼過ぎからようやく魚が寄ってきててんでにヒラを打ったり仕掛けにちょっかい出すもこれがなかなか釣れない。手を変え品を変えてなんとか釣ろうとやっきになるがダメで、結局ガン玉一個を背負うフナ釣り用の軽い浮きにしてようやく何尾か木っ端グレをかけただけ。

 午後からは風もほとんど無くなり日差しで暑いほどの天気になって今日はコンクリート工場も操業していないのか静かなことこの上なく、ぽつねんと一人だけで釣り糸を垂れていたのだがこれぞ釣りの醍醐味ってな感じがして気分良かったなぁ。その上に、獲物をなんて欲張りなことは考えないのさ。いや、悔し紛れでは決してないのだ。

click


 道具を仕舞ってから日もまだ高いしとぶらぶらあたりを散策、自転車で来ていた女の子がふたり、岩場でなにか採取してるようなので何が取れるのと大きな声でたずねるとなにやら貝がとれると言っていたがそれほど興味も湧かず5時頃には港を出て帰って来た。市内に入る頃ちょうどラッシュだったが国道を避け脇道を通ったところすんなりと家までたどりついたのでびっくりした。

 こちらに来てなにが良いかって車移動のストレスの無さ、給油の際確認したところ今日などは平均で燃費が15km/L、平均速度がなんと50km/H以上なのだ。燃費はともかく神奈川や東京での平均速度は一ケタ台が普通だったからね。STOP

 帰宅後ニュースで鳩山首相と小沢幹事長の辞任を知る。小沢さんを道連れにしたのはやはり鳩山さんの正義感だろうな。もういぎたない老人政治家は要らないやね。馬力のある若い政治家に日本のリストラをお願いしたいものだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月02日(水) No.3394 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11][12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen