LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


暑かったなぁ〜。


click


 今朝は7時起床、外はと見ると青空が広がって良い天気だ。午後から郵便局に用事あったので、ついでに暑さに逆らってヨットハーバーに回ってみようと、これも可愛らしい反骨なのだ。

 郵便といやぁ耳にするニュースは相撲協会と郵パックのトラブルのことばかり、ペリカン便が日本郵便に吸収されていたと始めて知ったが、こりゃまずいや。規模の差でそうなったんだろうが、でかくても腐ったとこどうし一緒になるこたぁなかろうに。名ばかりの制度改革で労働者の質の向上ってのはどだい無理な話だと、民業として確立した佐川急便やクロネコ大和の宅急便サービス、システムもさることながら社員教育の厳しさは徹底していて、親方日の丸でたらたらやってきたしと達とは比較にならない。日本通運の宅配部門であったペリカン便が採算ラインに届かなかったというのも無理ない話しで、後追いの郵パックも似たようなもんだと、まぁはた迷惑な話だ。

click


 大堤防に着いた頃は小潮の下げ3分、これから夕方6時干潮まで引き潮なのであまり釣果は期待できぬが眺める空と海の色には心洗われる。さすがこの暑さと潮廻りゆえか釣りするしとなぞ居やしない。市中では34℃にもなっていたが堤防先端あたりは海風がそよそよと気持ちいい。

click


 ついでにとツールボックスの小物を全部岸壁に広げ日干しだ。しかし今日は見事に当たりが出ない。しかし初めてまもなく続けて釣れたのがメダカほどのサバの稚魚、いっぱしに浮きを引き込むんだから嬉しくてナミダが出るね、とほほ。その後はまるで反応なし、まぁあまり期待してなかったこともあって、浮きを見るより空に浮かぶ白い雲の動きのほうにばかり目が行ってたなぁ。

 さすが炎天下に長時間じっとしているとかなり体温が上がるのが判る。クーラーボックスに持参の氷が程よく解けていて、これがじつに美味しい。この味を知ると色付き飲料水などとても飲む気になれない。

click


 午後4時半近くまでガンバッタがさすがばかばかしくなり止めて帰ることに。極寒期同様、この酷暑の中での釣りも獲物が居りゃぁともかく酔狂のきわみではないかと誰も居ない堤防を見て思うわけだがなんとも珍妙な嗜好ではあるな。

 少し早いが夕食にと寄ったいつもの「あじへい」、メニューにあった『夏がくぅ〜れば思い出す、昔ながらの冷やし中華』というのを頭の中で歌って注文。日本唱歌は今も教えてるのかなぁ。

♪〜携帯の写真、マクロモードにしてなかった、見事なピンボケ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月05日(月) No.3483 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

いい日曜日だ。


 今朝は9時過ぎまで寝坊を決め込み晴れ間の広がった空を見て室内乾ししている釣り服だのダウンジャケットなど外に。湿気が少なく昼からハーバーにでもと考えてる矢先、弟からハーバーに様子を見に行くとメールあり、じゃぁ寄りなよと誘う。

 今朝のブランチには昨夜のなめろうと頂き物の「鯖缶」、若狭小浜の銘店・田村長の絶品、これは旨い。拙者自慢の手作りのサバっ子の味噌煮も残念ながらこれには敵わない。食事の最中に舎弟が上がってきたので食べる?と勧めるも遠慮されちゃった、そういやぁ煮魚が嫌いなんだよなぁ。

click


 彼が先に出た後、乾いた釣り服とベストに着替え餌だのバケツだの氷だの用意しておっとり刀でハーバーに。大堤防を歩き始めた頃舎弟が戻ってきて今日はあまり上がっていないようだと言って帰ったのだが、根っからの磯釣りマンゆえか市街地の堤防などではまず竿を出さないんだよなぁ。反対に拙者は水さえあれば道路の水溜りにでも竿を出しかねない節操のなさ、じゃぁねと別れる。

click


 しかし午後からは実に良い天気になった。白い雲と青空のコントラストがもう夏だ。のんびり歩く大堤防には家族連れも数組、小さな釣り師が上手に竿を操っているのを見るのは実に楽しい。西寄りのやや強い風があったので阿漕湾側に向かって陣取り早速釣り開始。追い風となるので仕掛けが良く沖まで飛ぶのだがあまり遠いと浮きが見えないのが悔しいところ。

click


 おっかしいな、今日はさっぱりサバっ子が回ってこない。2時間ほどピクリともしなかったが午後3時過ぎた頃、強い引きで25cm近いグレが立て続けに2枚もあがり、となりの方が玉網をいれてくれた。小さけりゃ持ち帰ろうと思っていたので放流しようとすると近くでファミリーフィッシングを楽しんでいたおばさんが大きいですねぇと感心してくれたので、良ければ貰ってくれますかと持ちかけたところ満面の笑みを浮かべてクーラーに納めてくれた、よかったなぁ。

 時合いだったのかその頃からあちこちでちっちゃな子の歓声が上がる。子メジナやガシラが釣れたようだが、うれしいね。こちとらサバもアジもさっぱりなので4時には上がりにして帰り道はスーパーで買出し。しかし買いたいものが無いんだよなぁ、とりあえず牛乳と目にとまったビン入りのみかんジュース、味噌汁の具に豆腐くらいのもんだ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月04日(日) No.3478 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

アメニモマケヅ。


 セットしたはずのアラームがエントリーされておらず約束15分前の3時15分に電話で目覚める、大急ぎで支度しながら念のため詳細天気予報をのぞいたりツブヤイタリしながらも20分程で出発、給油もしなくちゃと、そこはそれ、安全運転でガラ隙の道路を弟のところへ。待ちかねてたかのように道具を積んで運転はおまかせ、拙者は助手席だ。今日は心なしかテンション高いんでないかいなどと言いつつ天気の話、途中の度会郡山中は全体に濃い霧雲がかかっているもののほぼ無風状態。出掛けのレーダー映像では昼まで持つか持たないか微妙な雲行きなのだが、目的地の尾鷲〜南伊勢方面は屈指の多雨地帯で夏場は衛星画像に写ってなくとも雲が湧き上がるところなのだ。それにしても九州地方の雨が止まないね。

 無料化実験の伊勢道、時間のせいもあるがいつもの土曜日とさして変わらない交通量にも感じた。例によって玉城インター出口の餌屋さんで練り餌の配合を、半日分ということで量はいつもの半分。今日は二人の釣り方が異なるのでベースとなるような配合にして現地で其々が好みに合わせることにした。

click


 到着した吉津漁港、ベタ凪の海と霧の掛かった山並み、空はというと少し青空さえ見える明るさで気温が25℃と絶好の釣り日和、赤灯台堤防に向かう途中話好きの弟は地元の時間待ちの漁師のおじさんとなにやらお魚談義、そしていつものポイントには舎弟が入りその裏側の港内に向かって拙者が陣取り何通りかの団子餌を作る。

 弟はグレ、拙者はフカセ釣りでアジかサバを狙ったのだが世の中なかなか思い通りには行かない。拙者のほうに25cmオーバーのグレが何度か掛かり弟の竿にはグレよりアジが何尾も掛かる、それで「な〜んだグレか」と「な〜んだアジか」とお可笑しな感想が交差して笑ってしまうね。

click


 しかしなんだかんだ言いつつもクーラーボックスには良型のアジがいっぱいになり9時頃からぽつぽつ落ちだした雨、雨合羽を着ての釣りになったのだがやはり集中力に難があって10時過ぎには切り上げて帰ってきた。

 舎弟と別れ帰宅途中に新しく出来た理髪店があり今日は丁度良いと寄って散髪してもらったのだが、若いスタッフがなかなか釣りに詳しくこちらの出で立ちを見たせいか津周辺の釣り場のことなどいろいろ聞いた。チェーン店なのかリーズナブルな価格と明るい店内は実に感じが良く、さらにはシニアサービスで格安料金が設定されており、拙者もオーバー60だよと言うとそんなけの釣り三昧は還暦過ぎなきゃ出来ませんよねぇ〜とウラヤマシがられた。

 帰ってから、何日かは雨模様だしと釣り服の一切合切を洗濯、シャワーしながら思い出し、頂き物のダウン・ベストを浴槽で手洗いしたのだ。ヘアリンスを多用して柔らかくもみ洗いすると羽毛に良いのだと聞いてたからね。

 アジも捌かなくちゃと思いつつ、氷を入れ替え、後にすることにして2時間ほど夕寝。起きてから釣り番組を二本見て今日のTVは終わり、これからアジを料理してやる。STOP

【ぐふふな調理】

click


 28cmのアジはフライにするにはデカ過ぎると、考えたのが「なめろう」。元はといえば漁師が船上で急ごしらえで作る賄い料理ということで、ありあわせの香味野菜をテキトーに集め、オロシ生姜だのニンニク、はたまたピーマンのみじん切り、青ねぎ白ねぎ、さらには練り山葵まで生味噌に混ぜてたたいたアジの身と合わせる。粘りが出るくらいまで練りこみ小皿に盛って出来上がり、これが白いご飯に良くあうのだが、酒のつまみにも良さそうだ。
 この旨いと思う物を考えるに、拙者の場合ひょっとして塩辛っけりゃぁなんでも美味しいと思ってるんではなかろうかと、ふと懐疑的になる。病院食などに代表される塩分控えめの料理などはとてもじゃないが好きではない。
 京風懐石なんぞでもまず薄味はペケ、出汁が旨く取れていてもいいお味といった程度で美味しいと感じないのだから性質が悪いやね。確か長野県佐久市で20年にも及ぶ追跡調査で塩分摂取を減らしてそれまで日本一の死亡率だった脳梗塞発生率が10分の一まで激減したというデータを見てその因果関係は十分納得できるのだが美味しく食いたいという卑しさが長寿願望に勝っているとしか言いようもない、困った御仁ではあるな。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月03日(土) No.3471 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

南伊勢・吉津漁港。


 今日の早朝4時過ぎに釣りキチの弟が昨日購入した仕掛けを試したいので今から南伊勢に行くのでと拙者の車に積んだままの道具一式を取りにやってきた。寝入りばなだったのと今日の午後から運転免許の更新に出かけるつもりだったので、気を付けて行ってらっしゃいと送り出した後、天気予報の雨雲レーダーと気圧配置を見ると南伊勢は快晴で南東の風1〜2m、急に考えが変わり電話してやっぱり行くから待っててと大急ぎで支度して玄関を出る。免許更新は雨の日がいい。

 南伊勢の海は5日ぶりだが、先月末から伊勢道・紀勢道が無料になっているのだ。我らブラザーズの為に政府が動いたのだろうと相変わらず減らず口をたたきつつ上がる高速道路、なにもわざわざ「実験中」なんて看板は要らないと思うがね。

 潮廻りは中潮、2時干潮で8時前には満潮になる。いつもの赤灯台堤防にあがり入念に準備をしていざ実釣、ところが海にはスズメダイと木っ端グレが層を成すかのように群れていて仕掛けが下まで降りていかない。なんとか掛けるのもやはり木っ端グレのみでどうにも宜しくない。潮が下げ始めてようやく20cmオーバーのグレも釣れだすがあまりにも忙しいので拙者は構内側に向きを変え底を這わすような完全フカセ釣りでアジかサバでもと方針変更。アジは来なかったが狙い通りサバっ子がポツポツと釣れ新リールも快調、と、突然リールのハンドルが抜けてポチャンと海中に、ぎゃぁなんてこったいとボビンを手で回しながら腰掛けている足元を見ると留めナットがあり、さらに右手のコマセバケツの中に抜け落ちたハンドルがあるではないか。岸壁ぎりぎりでなく少し下がって陣取っていたのが幸いしたようだ、ラッキー。

 しかし今日の吉津漁港は潮風もそよそよと気持ちよく昼近くに堤防の上で大の字になって昼寝、のつもりが15分もして暑さでこれはムリがあると釣り再開、1時のサイレンを聞いて帰ろうかと。今日は往きも帰りも運転は舎弟におまかせ、ウトウトしながら無事帰宅。途端に大きな雷が鳴り始め夕立の気配だ。なんでこんなに運が良いのかと顔を見合わせた。よく普段の行いがイイからでしょと云われるが、やはりそういうことかなぁ、がはは。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年07月01日(木) No.3466 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

夕釣り。


click


 いかにも梅雨らしい陽気とでもいうか、雨は降っていないものの湿気を含んだぬるい風がそよそよと吹く夕方、思い切り軽装でヨットハーバーへ釣竿持って出かけた。午後8時頃が満潮なのでそれまでの3〜4時間、ちょうど夕涼みがてらとありあわせの餌でなにか掛かればラッキーという感じの釣りだ。

 そういえば昨年の夏も暑い盛りにはあまり釣りをするしともいないようで、今日もほんの数人、しかし堤防に出ると意外に北西のそよ風が心地好く冷房入れた室内よっかは余程快適だ。先端から50m程手前のお気に入りの場所に腰をすえオキアミ餌で沖目に仕掛けを投げ、のんびりと浮きを眺める。ときどきボラかセイゴが群れで水面をバシャバシャ跳ねるのを見ながら底のほうを流していると思い出したように浮きが引き込まれ狙いのサバっ子が掛かる。一号竿で手ごたえ十分、右に左に走り回るので上げるまでが楽しいね。

click


 しかし群れが散ったのかほんとに偶にしか当たらない。まぁあまり釣れても処分に困るし丁度良いと、決してマケオシミじゃない思いで気分は上々、実はこのサバっ子をムニエルにしてみようという思惑があって2〜3尾で十分だったのだが結局3時間ほどで3尾、クーラーにたっぷりの氷を入れてきていたので暗くなる直前には仕舞いにして帰って来たが貧価には違いないな。

 今日はサッカーのTV観戦を23時から予定している。帰宅前に時間も時間だしといつもの「あじへい」に寄り何年ぶりかで天津飯を食すも、あれれ、蟹の身が入っているんじゃなかったのかなぁ。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月29日(火) No.3463 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

気付けば早25日。


 昨日は早朝4時に出かけてあの炎天下延べ16時間も遊びまわり帰宅してからさてブログに記録と思いながらもバッタリ寝てしまった。でも出かける前に一応更新してあるので良しとするも、日記としては行動の一端を記録しておきたいと夜中の2時に起きたのでワールドカップの始まる前に書いとこ。

 24日は全国的に晴れマーク、梅雨の合間のカラッとした貴重な一日とあって仲良し舎弟をともなっていつもの南伊勢、吉津漁港に釣行。今回の餌の予約の際にはすこし厳しい言葉で念を押していたのでビックリするほど新鮮なアミエビだったのは結構なことだったね。

click


 到着した吉津漁港の赤灯台堤防、わんさかと木っ端グレやスズメダイが沸いていて、それでも工夫を凝らしてなんとか仕掛けを底近くまで落とすと10回に一度くらいの頻度で22cmオーバーのグレが掛かる、これが面白い。正確に調べたわけじゃぁないが5〜8cmのものが今年生まれたやつで、10〜18cmくらいが2年生、20〜23cmは3年物のように思うのだがこれが秋には28〜30cmになるのだろうか、このクラスが一号竿に掛かるのが一番面白いのだ。今日は持ち帰らないので全て放流、いつものポイントには朝6時前からという釣り人が一人先に入っていて10時頃には上がったのだがここにも木っ端名人がいたね、スカリにはどっさりと木っ端グレが上がっていた。

 お昼のサイレンが鳴るころ、たいがい餌取りの多さに少しうんざりしていたトンマ・ブラザーズは暑い日ざしもあって、そろそろ止そうかとなり1時には漁港を出て帰って着た。

 津に到着した頃にはまだまだ日が高く、餌もたっぷりあるしということで弟を降ろした後拙者はそのままハーバーに寄る。サバっ子を一本針で誘って釣る面白さが後を引いていてそれをやろうという魂胆。

click


 ハーバーの車を停める場所近くの船上げ場に大型クレーン船が係留されていてなにやら大きな鋼鉄製の構台を組み立てていた。尋ねると水深が浅くなったので浚渫するらしい、あはっ、良い釣りポイントになりそうだと期待しちゃうね。

 それにしても大型の重機は存在感あるよなぁ〜、つい見とれてしまう。堤防でのサバっ子は5尾ほど掛けたころから少し風が出てきたので直ぐに仕舞いにして帰って着たが御殿場から自転車で様子見に来たというおじいさん(拙者に比べ)、鋼管町の方の様子など教えてくれたのだが来週にはこちらで遊ばしてもらいまっさーと元気に帰っていった。

click


 帰宅後改めて万歩計を見ると1日で4945歩、よく歩いたなぁ。足が攣らなきゃいいけどね。シャワーを浴び急いで夕食は冷凍保存のサバっ子の味噌煮で、これホント美味しいわ。

 で、ブログ更新しようとしたのだが眠気に負けて日付が変わった25日の深夜2時過ぎ起床、上手い具合にワールドカップの日本戦が観戦できるわい。
STOP
【皆勤賞?】
 運よくワールドカップ日本vsデンマーク戦の中継を見ることが出来、しかも快勝、サッカー大好きってぇわけじゃないがこれは嬉しい。専門的なことは判らぬが前二戦とはパスの回し方がまるで違って見えたのだが気のせいかな。  ニュースで観る大喜びの群集は見ていてさらに楽しいね。あの時間帯でのTV視聴率の数字を見てビックリ、さらには視聴占有率が85%ってんだから大変なもんだ。小学生も早起きして見たなどとインタビューに嬉しそうに答えているのを拝見すると、この調子で勝ち続けるとどうなることやら。選挙がすっかりかすんでしまうが、メゲズに頑張ってもらいたいものだ。

 サッカー観戦中、ツイッターでソフトバンク・孫正義さんの株主総会?での講演があると知り拝聴した。企業家とか商売人の範疇にはとうてい収まらない明晰な頭脳の持ち主で20代の頃からその動向に注目しているのだが今回は諸手を挙げて賛同とは云えない内容だったなぁ。まぁご当人が大法螺といってるくらいだから夢のある話とも云えるがこれもまた頑張ってほしいものだ。

 昼過ぎにはさすが眠くなり2時間も昼寝の後、空を見ると今にも降り出しそうな梅雨空で雨雲レーダーで見ても広範囲に覆われて予報は小雨、でもなぜか強く降らないように思って、ヨット・ハーバーに出向く。3時間ほどの釣りだったが足元に落とし込んで小型中型のガシラが3尾ほど釣れるも今日は放流、一度はチヌらしい引き込みで上げきらずに潜られ糸を切られてしまったのだが竿が違うので止む無しだ。しかし強力な引きだったなぁ。

 雨合羽は装着していたものの、時おりポツリポツリと降るくらいで暑くなくて良かった。帰りにふと思い至ったのはなんと今週は月曜日から連日欠かさず釣りに出ている、皆勤賞ならぬ皆釣賞。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月25日(金) No.3449 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

万歩計。


 今朝は10時起床、良く寝たなぁと飛び起きる。10時間以上も寝ていたことになる、寝すぎだな。
 昨日疑いを持った万歩計、気になりだすとどうにも確かめずにはおられない、で、雨は降らないようだしサバっ子の釣り味もなかなかに楽しいので昼からハーバーに出かける。

 大堤防の付け根で万歩計をセットしキャリーに釣り道具一式を括り付けイザ出発、歩数を数えて先端まで行った。結果は実測で645歩、万歩計の表示は590歩だからして不正確というほどでもない。拙者のぶらぶら歩きのストロークは0.6mだから距離にしてなんと380mくらいしかないではないか。中ほどに表示してあるプレートの「延長1500m」ってぇのは何のことかとしばし考える。ははぁ〜、松坂側に向かって横に伸びている堤防や対岸の堤防も入れての距離ではないのかなぁ、それとも基点が違うのか、いずれにしても無意味な表示だね、プンプン。

 今日は北西の風だったので背に受けて海側に向かって陣取り1号竿での餌釣り、薄曇で日差しは柔らかく暑くも寒くもない最高の釣り日和、ただ海水をくみ上げた所赤黄色っぽく濁っていたのは赤潮でも発生しているのかな。

 しかし魚の方は良く寄って面白いように釣れる、竿下の岩場では20cmクラスのグレも釣れたり、先端の黒鯛師は良型のチヌを何枚も上げていた。タモに入る直前に糸が切れて悲鳴が上がるのも楽しい光景だ。姿を見て逃げられちゃうんだからポールにはじかれたシュートみたいなもんだ。

 日が暮れる前に仕舞おうとしてたところに舎弟から明日の釣行の打診メール、もちろん即諾、サバっ子要るかいと聞くと「要らないっ」、煮魚が嫌いなんだよなぁ、美味しいのに。

 帰宅後、明朝の冷凍アミブロックの全解凍を予約の際、前回のひどい商品のことを云って今度あのようなものを売りつけたら名指しで非難するよと注意した。悪徳商人は大嫌いなのだ。STOP
【どう考えて良いのか判らない】
 Twitterで紹介されていた動画、うぅ〜ん、確かにここ数年都会も田舎も可愛い女の子ばかりが目について不思議な感じもしていたがこうも見事にカモフラージュできるとはやはり技術の進歩ということかなぁ。確かに自然というか神様は不公平に人間を作り出しているとは思うが昔はそれこそそういう場所に行かなきゃなかなか目にすることのなかった目元パッチリ、シミひとつない美肌の女の子が全員だとなると何かつまらないもんだ。これは正義なのか「白熱授業」のサンデル教授に聞いてみたいものだ、あはは。
 でもこのモデルさんはごく普通だとも思えるが変わりようはスバラシイ。

こちら


web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年06月23日(水) No.3439 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10][11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen