LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ママカリ。


click


 やっと秋の気配がする気温。今朝は大潮で満潮が5:30頃というのであわよくばアジでもと近くのハーバーに暗い内から出かけた。

 やや風が強かったが竿を出せぬほどでもなく道具一式キャリーに乗っけテクテク大堤防の先端まで歩く。風がフォローになる外海側に陣取り明るくなるころからサビキ仕掛けを入れるとしばらくしてママカリが掛かりだす。

 群れが回ってくると7本針に鈴なり状態で釣れる釣れる、アジは出なかったが十分面白かった。

click


 ママカリはサッパともいってなんといってもニシン目ニシン科の魚で小ぶりながらなかなかの食材なのだ。

 刺身で良し、焼いてさらに良し、日持ちさせるにはやはり酢で絞めるのが定番だ。日が高くなる8時頃まで釣れ続き50尾以上にもなったので大満足で帰って来た。

click


 しかし今日は朝から気持ちのいい青空が広がり久々に窓を開け放しクーラーを停めたのだが快適な気候だ。

 釣ってきたママカリをどうしてやろうかとあれこれ作戦を考えるもとりあえずはボールに氷水とともに入れ冷蔵庫へ。昼寝してから捌いてやろう。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年09月09日(木) No.3636 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

食い意地に誘われて。


click
♪〜奈屋浦の海。

 今朝は3時に起床、一週間ぶりで日の出づる海、南伊勢へと出漁、根気よく狙えばアジが釣れると信じての事だったがいつもの神前湾・吉津港で夜明け前から二時間ほど粘るもさっぱりで、同行した舎弟の提案で昨年一度訪れた近くの海の釣り堀に行こうと10キロ程離れた奈屋浦湾にあるそれに向かったところ、なんと6〜8日の三日間休業の張り紙、ならばと対面の白灯台堤防に行き様子を見ると地元の方々10人くらいがワイワイと竿を出していてみなさんアジを釣っていた。ここは南伊勢有数の漁港で水深もあり魚種が豊富で魅力的なところで昨年は何度か来ているのだが漁船の往来が多いので落ち着かない感じがして今年はあまり来ていないのだが、アジが釣れるとなりゃこれは釣るしかないと早速道具一式持って堤防先端へ。丁度太陽がギラギラ暑くなり出した7時過ぎ、地元の方は一斉に獲物を持って引き上げていったね。30cmクラスのも掛かっていたから期待してしまうが、堤防のアジは時間を釣るようなものだしなぁと後手踏んだ感じもしたものだ。

click
♪〜スズキ目ハタ科。

 案の定、さっぱり群れは回ってこずサビキ仕掛けに木っ端グレやちっちゃいシマダイが掛かるばかり。アジはあきらめ、竿を換えいつものフカセ釣りで底近くを流してみるとなんと一投目で小ぶりではあるがアオハタが釣れた。きゃはは、うれしいね。

 車で一休みしていた舎弟も竿をもって釣り始めたがやはりフカセ釣りでは木っ端グレとシマダイばかり、沖目の底を流していた拙者はそれでも小型ながらカワハギや大きなベラ科のキュウセンなどが掛かる。

 少し離れたところで紀州釣りをやっていたチヌ師には大きなボラが掛かったりしていたし、次回はここで団子釣りをやってやろうと。

 しかし今日の南伊勢の海と空はじつに晴れやかで奇麗な感じがして良かったなぁ。遠くには夏の名残りか積乱雲が見え上天はというとはや秋の気配のする青空だった。11時を過ぎる頃からはさすがに暑くなり正面からの風もやや強まってきたしと仕舞いにして帰ってきた。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年09月07日(火) No.3632 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

んっ?


 今朝は久々に南伊勢への釣行、夜中の3時半に家を出る。気温は27℃、予報では雨の心配もなさそうだ。いつもの神前浦・吉津漁港に着いたのは5時、空が白み始めていて風はなく半そでシャツでは涼しいくらいだ。いつも持参する薄手の綿製パーカーが洗濯した後干し忘れ濡れたまま持って来ていたがウカツなことではあった。

click
♪〜これは珍しい模様だ。


 今日は餌取りの小魚との知恵比べとばかり完全フカセ釣りでタナや餌やオモリや針をとっかえひっかえ忙しい釣りとなった。最初に集まっていたのがイシダイの幼魚シマダイの大きな群れでやたら活性が高く、否応なしに釣れてしまうのだ。返しの無い釣り針で釣っているのでほとんどダメージもなく海にお帰り頂くのだが、一尾、おやっと目を惹かれた個体がありこれは珍しいと持ち帰った。7本の横縞のうち二本がつながっているのだ。

 小魚とはいってもこの浮きが消しこまれるのが面白いというのが説明のしようもないということで同行の舎弟と嗜好が一緒なのだ。そのうえに少しでも大きな魚が掛かれば言う事ないなぁと言ってる矢先に25cmクラスのグレが釣れ出す。さらには底を這わせていたサザエの醤油煮(おつまみの残り)餌に良型の赤ベラが掛かったりしてわいわい喜んでいる頃には太陽が正面の山から顔を出し一気に気温が上昇し始める、いやはや暑いのなんの。

 8時のサイレンが鳴るころにはもうよそうかなとも思ったのだが久しぶりに来た海だしちとモッタイナイとけちなことを考えて釣りを続けたのだがそのころ何度も一緒になった津在住の釣り好きのご夫婦が現れやぁやぁと、今日はサビキでのアジ釣りだという。聞くと連日来ていてまぁまぁのアジを釣っているというではないか。こちとらはもう惰性で竿を出してるようなもんだからご夫妻の仕掛けと釣り方を見ていたのだが、オーソドックスなサビキ仕掛けを港内側に20mほど遠投して時々しゃくりコマセを出す釣り方、これは根気に尽きるなぁと改めて感じ入ったものだ。それと明確に目標を決めなくちゃダメだなと反省しつつ、もう眠いし暑いしと11時に撤収、聞くと弟も9時頃にはもうやめようかと迷ってたらしいが、二人して柄にも似合わず遠慮深いのだ、あはは。

 帰宅したのは昼を少し回ったところ、シャワーを浴びて道具の仕舞いを終えたところでさすがに眠くなり午後3時就寝、20時起床。時間のずれがなかなか戻らない。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月30日(月) No.3616 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

無用に元気。


click
♪〜ギラギラ8月の太陽を真正面に。


 結局一睡もせずに深夜2時半出発、舎弟をひろっていつもの南伊勢・吉津漁港に向かった。天気予報は曇りだが雲の厚さから晴れの予感。日の出がめっきり遅くなり到着したときはまだ真っ暗の漁港だったが夜釣りしていた方もちらほら。この時期、岡っぱりで良型の魚は出ないとの確信からなにか変わった雑魚を期待してアジの切り身餌と石ゴカイ餌でフカセ釣りをする。
 ここは実に魚影が濃いところで撒き餌には雲のごとくいろいろな小魚が沸いて来る。一番多いのはスズメダイと木っ端メジナ、そのうちシマダイの群れやメッキの大群。

click
♪〜詳細に調べたところ上がロウニンアジ、
  下がギンガメアジの幼魚のようだ。


 今日はこのうち通称メッキ呼ばれる南洋系のアジ科の幼魚に的を絞って水槽で飼ってやろうと無傷で釣り上げることに徹する。白銀色に輝く魚体はなかなか魅力的で、これが体長1mにもなるロウニンアジやギンガメアジ、カスミアジの幼魚かと思うと感無量なのだが、これらはたまたま黒潮に流されて日本近海にたどり着いたものの、越冬は適わぬらしくこの夏だけの命らしい。

 「死滅回遊魚」と云うらしいのだが随分と即物的で無粋なネーミングだ。「不帰回遊魚」とか「漂着回遊魚」ってのがぴったりくるな。

 薄曇りを期待していたのだが、日の出前からすっかり青空が広がり風もないせいで時間とともにどんどん気温が上昇する。おまけにいつもかぶっている帽子を忘れたせいで、一段と暑さを感じる。この程度で熱中症はまだまだと思うものの転ばぬ先の早上がりと11時前には仕舞いにして帰り支度、釣りキチ弟はまだがんばってるがまぁ気が済むまでと声をかけ、活かしバケツに確保した元気なメッキの海水を入れ替えたりトランクの整理なんどしていると拡声器から漁協でカツオの放出があると、これは買わなくちゃと急ぎ行ってみると手に手にバケツやビニール袋を持って50人近くも並んでいて、大きな保冷車の前でトロ箱に詰められた3キロ以上もありそうなぶっといカツオが次々と売り捌かれている。

 見た所数量に限りがありそうだと思ったがひょっとしてという思いで並んでみたんだがやはり20人位も前で完売、残念だったねぇ。

 昼過ぎには津に戻り、義妹が渡すものがあるというので店に寄るとお盆だからとの心使い、店のほうはスタッフがダウン続きで大変らしい。

 本当なら昨日買いに行こうと思っていたお盆のお飾り、っていっても不信人故たいしたもんでもないのだが節目節目に改めて故人やご先祖に思いを致すのは心安らぐことでもある。それで遅ればせながら帰宅前に御花とお供えの果物などを買って帰宅、飾りつけをしたのだが、我ながら元気だなぁとあきれるね。特異体質なんじゃなかろうかとあらぬ心配さえしてしまう。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月13日(金) No.3583 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

食べるたべる。


click
♪〜動きが早くてピンボケだ。


 今朝は7時起床、予報と違って青空が広がっている。もうお盆の時期、そんな気候と感じる。あまり動き回っていない時は睡眠時間が5時間くらいが調子良い。

 数日前、南伊勢の海から持ち帰ったシマダイと子メジナが皆すっかり水槽に馴染んだようで活発に餌を食べる。それどころか夕べのあいだに20数尾居た釣り餌の残りのシラサエビを食い散らかして残っているのは4尾だけだったのには驚いた。石ゴカイなど入れると競うように喰らい付くのだがいずれも幼魚ということもあって残酷というよりは可愛らしさが感じられるね。

click
♪〜戦々恐々たるシラサエビだが・・


 昨日だったか仲良し弟がcanonのdegic搭載コンパクトデジタルカメラを持って来て結構な値段だったと思うが充電器がどこかにいっていて使えないのだという。2002年発売の当時としてはなかなかの物で確かに捨てるには惜しいと、試しにCFカードをPCに差したところ画像も残っているし本体もきれいだ。ならばと早速充電器を探して注文、一日で今朝届いて居た。クロネコ大和の宅急便だがこうでなくちゃサービスとは云えないのだよね。個人的にはこのクロネコ便と佐川急便の信頼度は確かなものがあって、つい日本郵便のサービスを疑ってしまうのだ。

 昼過ぎにその弟が遊びに来て、もう着いたのと喜んでたが話は黒部ダムへのドライブ・ルートをどっちまわりにするかの相談。情報は腐るほどあるがあとは極めて個人的な好みということでしかないのであれこれ相談するのはあまり好きじゃぁないんだ。パッと決めて出たとこ勝負が面白い、どこ選んでもそれは五十歩百歩というのが拙者の流儀なんだがしとそれぞれで選ぶ過程が面白いと言う方々も多いのは確かだ。まぁ楽しみなことではあるなぁ。しかし弟もおかしな奴で日本海の新鮮で旨い寿司が食えりゃ好いというのが実に解りやすい。STOP
【ジブリ作品】
 宮崎駿さんの率いるスタジオ・ジブリ、数々の秀作アニメ映画を作られてきていてプロデューサーである鈴木敏夫さんの人となりが好きなこともありその創作に携わる姿勢にいたく共感を覚えていたのだがこの夏休みに封切られた新作「借りぐらしのアリエッティ」、宮崎さんがなんとかジブリの後継者をと才能豊かなアニメーターであったマロさんに全てを委ねた一年半の様子が昨日だったかドキュメンタリーとしてテレビ放映されたのを息をひそめて拝見したのだ。

 アニメ映画そのものに興味は薄いのだが表現物を創作する宮崎駿監督の人間性とその思考にとても共感する部分があって何十億円の費用と数百人のスタッフの命運を若いもんに託す決意のほどが見られて興味深いドキュメンタリーだった。

 昨年だったかジブリの新作発表でこの「借りぐらしの・・・」をカリギュラと聞き違え、えっ、っと注目したことを思い出したがこの新人監督の作品、評判は上々と聞くのだが、この後、続くことを願って止まないのだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月11日(水) No.3577 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

小雨降る中。


 夕べは11時頃、少しは寝ておこうと無理して眠ったのだがほんの一時間半ほどで目覚め、出発は3時だしとごそごそ起き出して釣行準備、2時半に同行する弟からのモーニング・コール?を合図に早々と迎えに行く。

 予報はしばらくは弱雨となっているのだが市内は降っておらず、ひょっとしたら南伊勢の海も晴れてるかも知れないなどとチョー楽観的な話をしながら伊勢道をひた走る。大内山インター出口の餌屋さんで撒き餌の調合をしたあと20分ほど走りいつもの神前浦・吉津漁港に到着、夜明けが随分遅くなってまだ真っ暗の海は大潮の満潮直前、そういえばここの大潮どきの釣りはあまり良くなかったなぁと思いながらも準備万端整えて赤灯台堤防に向かう。中ほどに夜釣りしていたという釣り人が一人、メバルが数尾バケツに入っていたが芳しくないと言っていたね。

 今日はちょっとした思惑があって、釣餌をいろいろ持参してきており、これだけ小魚が沸いているのだし何か変わったものでも釣れるんじゃぁなかろうかと妄想に期待をかけたのだ。妄想に限界が無いというのが、まぁ釣りバカの馬鹿たる所以だろうが無邪気でもあるなぁ。

click


 空が白み始める頃からポツリポツリと小雨が落ちてきて雨合羽を着るも気温24℃で風もないので苦にならない。グレ用のダンゴ餌を練り終えて半分を舎弟に渡し一号棒浮きでのフカセ釣りを開始、覚悟はしていたが餌取りの小魚の群れが半端じゃない、大きめの固いダンゴに包んだ餌が下まで降りてゆかず途中で食われちまう。それにもめげずオキアミ、石ゴカイ、アジの切り身、サバの切り身、キビナゴの切り身、ムキエビ、アサリの身などとっかえひっかえ投入する。木っ端グレとスズメダイとフグはなんにでも掛る感じだ。

 浮きを2号に変えてなんとか仕掛けを下まで降ろせるようにしたのだが底にも餌取りがびっしりという感じでなんとも忙しい釣りになってしまった。ムキエビ餌の時立て続けに5尾もイシダイの幼魚シマダイが釣れ、これは餌のせいというより多分群れが入ってきたんだろうが嬉しい嬉しい、活かしバケツのグレを皆放流してダメージの少ないシマダイ2尾を確保、水槽で泳ぐ姿を想像してにんまりといったところだ。

click


 ひょっとしてと期待したアズキマスやアラなんかは出なかったものの下げいっぱいの11時半頃まで一心不乱に竿の上げ下げ、さすがその頃には眠くなってきておしまいに、活かしバケツのシマダイを弱らせずに持ち帰ろうと海水を入れ替え入念にトランクに詰め込む。相談したわけでもないのに同じタイミングで舎弟も釣り仕舞い、帰りも彼が運転するというので大助かりだ。この時期は難しいねぇといいつつどっかには大きいのも居るはずだと、そりゃそうだ、奴も妄想に取り付かれた釣りキチなのだと改めて合点したね、あはは。

 帰宅早々、早速シマダイを水槽に移すべく準備、一時間かかりで放流、地味なグレとは一味も二味も違う縞模様、しかも兄弟みたいな大きさで面白い。

 一休みのあと、そろそろ落ち着いたかとアミエビ餌を水槽に入れたところ小さい方がまずついばんだので餌付けの期待が高まる。STOP

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも


2010年08月09日(月) No.3569 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

穏やかな土曜日。・・・花火大会。


 今朝は7時に目覚めるも二度寝して9時に起床、寝る子は育つなどと良く言われるがジジイだって良く寝りゃ元気になるのだ。暑さも一段落した感じだが窓外のクマゼミは今日も盛んに鳴いている。このやかましさに自己の閑さを感じることの出来た芭蕉ってのはやはり俳聖に違いないや。もっとも耳にしていたのはニイニイゼミだったとの説が有力でこのクマゼミやアブラゼミであったらどうかと考えると愉快でもある。

 「閑さや 邪魔をするなよ セミの声」・・・ダメダ、こりゃ。

 夕べ観たDVDは残念ながらハズレ、ダメもととばかり題名で選んでいるのだから文句を言えた義理じゃないのだが作った方々の思考を想像するのは楽しいことだ。STOP
【花火大会】
 雨は降らないようだし、潮廻りも良いということで、夕方6時過ぎにチョコット夜釣りと出かけた。ところがいつも行くヨットハーバー手前で通行止め、おまわりさんに聞くと花火大会があるので渚町からハーバー、阿漕湾周辺道路は歩行者天国なのだという。どおりで浴衣姿のしとが多かったわけだ。海側に向かう細道を続々と市民が押し寄せている、さぞや賑わうだろうなと思いつつユーターンして帰ろうかとしたのだが、せっかく出てきたのだしと10kmほど離れた鋼管町の大岸壁にでもいって竿をだそうとそちらに向かう。ここは昨年も何度か来ている津を代表するような釣りのおお場所、あはは、いるいる。大勢の釣り人で採貝所付近は車でいっぱいだ。幸い良い場所に停車でき、早速道具を肩にして手ごろな岸壁に釣り座を構える。

 何人かの周りの方に様子を聞くとちっちゃなセイゴの子ばかりだと皆苦笑いしていたが、それでもいいさと、ひょっとして拙者には大物が来るかも知れないという思い過ごしが釣りの楽しみなのだ。

click


 と、ドーンという音に驚いて向こう正面を見ると、あはっ、阿漕湾をはさんでちょうど津の花火大会が見えるではないか。そしていつのまにやら拙者の周辺に敷物を敷いてお行儀良く座って花火を見る方々が20人近く、どうやらここは花火見物のグッド・ポイントだったらしい。

 花火の音は5〜6秒遅れて届くので音がしてから見ると花火がしぼむ頃で電気浮きを見ながらの花火見物は「あずましくない」。まぁ、ついでに観れただけでも幸運だと思いながらも8:56に最後の大玉が連続して上がりそれが消えると一斉に見物の方々が立ち去ったのだが、丁度一時間半、毎年の行事なんだろうな。

 釣りのほうもちっちゃなセイゴばかりなので、そのあと小一時間ほどして仕舞いに。市中にラッシュが残っているというのでさらに30分ほど待ってから帰って来た。自分で焼いたCD丁度一枚聞き終えたのだ。

web拍手拍手 履歴 もっとこっちでも



 
2010年07月31日(土) No.3542 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8][9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen