LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


不注意。


click

 今朝、5時過ぎに目覚め、急に海に行くことにして6時過ぎにあたふたと出かけた。茅ヶ崎沖でのキス釣りをと7時出船目指して向かったのだが店に着いたのが1分前、と、店のシャッターが閉じている。どうやら休みだったようで、それではと堤防の方で昼過ぎまで小魚と遊んだのだが、仕舞う時に18尺の振出ざおの穂先を折ってしまった、ぎゃぁ〜、大事にしてたのになんてこった(涙)。

click

_しかし、すっかり晴れ上がった空に気を取り直して、青空の写真など写していると偶然色鮮やかなパラモーターが飛来してきて近くの駐車場に着陸、間じかに珍しいものを見たなぁとウキウキ気分、音からすると50cc位のエンジンなのだろうか、軽快な感じの飛行ぶりだが平地からの離陸と着陸は相当に危険な感じもする。STOP_夏本番を前にしてこの茅ヶ崎海岸でギクリとする光景を見た。地元の老人会の方々だろうか10人ほどの人が砂浜のゴミを集めていた。拙者より一回りも上の年代と思われるが、浮ついた気分が一瞬落ち込んでしまった。善く生きるってぇのはかくも難しいことなのか、さぁどうする。
STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月01日(火) No.1813 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

カビてしまいそう。


 今朝は6:00ジャストにピシっと起床、気象レーダーの雨雲の様子ではひょっとすると青空も期待できそうなので、こもってちゃぁカビが生えそうだし海辺に出かけることにした。有言実行、8時に出発だ。。。夜に続く
STOP

click

 あはっ、降られてしまった。おっかしいなぁ、午後2時過ぎまでシトシトと小降りの雨が止まず、ちと当てが外れたが、こればかりはしょうがない。浜辺の海の家の造作も雨で中断している。しかし好きなんだなぁ、小雨の中、小一時間雨合羽を着て手製の振出ざおで小メジナと遊んで帰って来た。


 3時頃にちょっとだけ日が差したがほんの10分ほど、もう帰る頃だった。

click



 ついでに買い出しもするが野菜の少量買いが案外たいへんだが各種食材を見ているうちに俄然調理人ダマシィがあたまをもたげ、あれこれ買い漁る。

 ♪〜昨日の日記にパウエルのことでおかしなことを書いてしまったので今日は気分なおしに大好きな「クレオパトラの夢」、このスイング感に勝るものはない、リズムの三位一体(使い方がチガウか)、だはっ。CDはこちら

【iPhone用】


STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年06月23日(月) No.1790 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

鮎が掛ってくれた。


click

 今朝は8:00起床、小雨模様ながら明るい空で晴れてきそうな予感、ちょっとした届け物とシゴトの打ち合わせでお昼に向け外出し、帰りに相模川中流の新昭和橋下に様子見に立ち寄った。小一時間ほど立ちこんで「コロガシ釣り」を試みたところかわいらしい鮎が掛ってきた。他にもヌマチチブなんてのも釣れてきたりしたのだが、如何せん小さ過ぎる。昨日来の風邪のせいで立ちこみは流石に疲れてしまうので早々に切り上げる。せめて15〜20cmくらいあると好いのに。そのころにはすっかり青空が広がって、気温も上昇。梅雨も一休みといったところ。

click
雨上がりの・・・。


 油断して腕まくりなどしていたせいで両手が陽に焼けて真赤、夏の釣りは長そでと手袋が欠かせない。
2008年06月09日(月) No.1758 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

ねむいねむい。


 今朝は4:30に起きて早々と出かけたせいで、今はまだ夕方6時なのに、もう眠くてしょうがない、PC開いてもすぐコックリコックリしてしまう。やっとの思いで、一件だけ書類を作り、ポストは明日にしよう。。。続く、、はづ。STOP

click

 やはり、夜8時頃に電話があり仮眠終了だ。今日の湘南の海は昼頃からよい天気となったのだが、うねりが残っていて揺れる揺れる、出船してじき何人かがダウンしていた。拙者は平気だったが、釣り始めてしばらくすると猛烈に下腹がいたくなり焦ってしまった。幸い船には水洗トイレがあったので出すものを出したらすっきりとした、下痢だったが、昨夜から、なにが悪かったのかを考えるに何点か思い当たるふしがあった。用心しなくちゃ。
 今回もひとつ大きなドジをしてしまった、それは乗船する際に釣竿を一本間違え、渓流用のものをキス竿と取り違えてしまっていたのだ。やむを得ず予備に持ち込んだ旅行用の振出竿2.4mで釣ったのだが釣趣がいまいち、そして釣果もパットしなかった。ヒイラギばかり釣れ肝心のキスは10〜15cmクラスが十数匹といったところ。水温はまだ相当冷たく感じた。
 午後からはあまり気合いが入らずもっぱらひなたぼっこってな感じで2時には帰港、風も強いし市役所にも寄らなくてはいけなかったので帰ってきた。
 
 やはり、眠い。揺れる船上は案外体力を使うのかも、めずらしくクタビレタ〜って感じがする。click

STOP

web拍手_ブーイングも_履歴




 
2008年06月06日(金) No.1754 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

相模川。


click

今朝は7:00起床、どうやら雨の心配はなさそうな空模様ということで、8時頃から早々と出かけた、もちろん相模川。R246の通る新相模大橋下流で岸から約一時間ほど竿をふるうがまるであたりが無いので早々に鮎は止め、細竿でのハヤ釣りに興じる。いろいろな餌で試すのだが何匹か釣れると敵もさるもの、パタリとあたりが出なくなる止まってしまう、で、少し場所を移動して同じような繰り返し、不思議なものだ、本能的に警戒するのだろうか。

click

 今日の相模川はやや濁りが入って、水量も多く、かかるのは4〜5cmのアブラハヤばかりだったが昼過ぎに漁協の巡回員が来たので日券を買う。前回は雑魚だからとサービスしてくれたしとだ、次回からは年券買うので鮎の良い場所を教えてとずぅずぅしいお願いをしたところ、釣り人が殺到するので教えられないという、うふふ、でもこっそりオセーテと頼み込んでおおよその場所を見当つけたのだが、こりゃぁ拙者のイジマシイ反則だ。
 釣り人も少ないし鮎も出ないので、またしばし管理員さんと水質浄化の話などした。自分の不明を恥じるのだがこの時期、川が濁るのは農業用水によるもので昔からなのだねぇ、汚染とはちと違うようだ。そういえば周辺の田んぼはどこも満々と水を湛えていた。ようやく半世紀を経てゴミや油や生活排水の垂れ流しが無くなり泳げそうなまでになりつつある川だが、梅雨明け頃にはきっと川底が見えるくらい透きとおった水になるはずだ。

STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年06月04日(水) No.1752 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

鮎解禁。


click

 今日はホントに良い天気で気分もウキウキ、日曜日の鮎解禁日ということなのでさぞかし賑わっているだろうと見物に立ち寄った。相模川中流、厚木市金田付近、このあたりは「ころがし釣り」が主流で先月の漁協の試釣ではやや小ぶりながら数は例年以上だったらしいが1時間ほどの見物の間はあまり掛かっている様子はなかった。この鮎だけは今まで手を出していなかったのだが今年はやってみようと決心し、川を後にして一路湘南海岸の茅ヶ崎漁港に行く。

click

 やはり内陸とは空の青さが違う、好天の日曜日とあって人出もかなりのもので、久々に堤防先端で竿を出す。小メジナが山ほど湧いてくるのでヘラ竿を出し、しもり浮き仕掛けで数釣りを楽しんだ。魚にダメージをあたえないように返しの無いハリで釣った魚をブク付きのバケツに入れておき帰りに放してきたのだが手の平くらいのサイズでもなかなかにスリルがあって面白い。

click

 2時過ぎにはもういいやと止めにしてのんびりと帰って来た。夕方、いつも行く釣具屋さんで鮎釣りの道具を買う、さすが伝統ある釣りだけに道具もピンからキリまで多種多様、高価なものでは一竿200,000円以上のものがあったりして驚く。しかしながらおそらくこの先、何回もやらないだろうから一番安手のものにしたのだが、これでまたガラクタが一揃い増えてしまった、あぁ〜あ。

click

明日は。。。曇り。STOP


 今日、帰りに寄った店で何気なくマニュアル撮影したところ、木の質感が初めて得られた。ウレシィ〜♪

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年06月01日(日) No.1747 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

相模川中流。


click

 雲が多いものの穏やかな一日、午後から相模川の厚木近辺の探訪、その昔、釣りを始めたころにポイントを几帳面にスクラップしてあったところに行ってみた。

R246の懸る新相模大橋からしばらく下ってあゆみ橋、相模大橋からさらに下ると用水路の流れ込みのあるちょっとしたワウンドがあり、ひっそりとした感じが良くてしばらく眺めていた。3〜40cmくらいの鯉がゆらゆらと何匹も泳いでいて心和む。

click

その後、あゆみ橋の方へ戻り海老名市側の川岸を探索、夕日をみながら帰って来た。

鮎解禁を前にほんとに人影もなかったのだが水量が多く滔々とした川相に満足、秘かな愉しみである。
STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年05月27日(火) No.1735 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29][30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen