LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


メモ、めも・・・17回も行っていた。


♪〜2009-03〜04月の釣行記録。


 今回の三重滞在は25日間にも及んでいたが内6日間は山口県まで出向くとい
う行動があったものの、その間、釣りに出かけたのが17回、おおむね天候が
良かったこともあったがさすがにお腹いっぱいという感じもしないで無い。


日付 場所 日付 場所

--------------------------------------------------------------------
3/26 柳井市平郡島東 3/28 紀北町錦漁港、尾鷲湾
3/29 津市鋼管町   3/30 津市河芸漁港、紀北町錦漁港
4/1 柳井港フェリー乗り場 4/2 柳井市平郡島東
4/5 紀伊長島・赤岩付近 4/6 津市河芸漁港
4/7 長島・赤岩 4/8 津市白塚漁港
4/9 錦漁港 4/11 津市志登茂川
4/12 南伊勢町神前浦 4/13 南伊勢町神前浦
4/17 南伊勢町神前浦 4/18 鈴鹿市白子漁港
4/19 静岡県清水港
--------------------------------------------------------------------
24日間の旅行中、17回の釣行。


おかげで津〜松阪〜伊勢〜志摩〜紀北〜尾鷲方面の道路にやたら詳しくなった。
STOP_

web拍手_履歴




2009年04月22日(水) No.2535 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

紆余曲折、というほどのこともないが。


 昨日は眠いのに、夕食を鈴鹿市で見つけた「ザ・めし屋」なるしゃれた定食屋に行こうと誘われ、弟夫婦に同伴する。なんとなく不自然な成り行きだったのだが真の目的はすぐ近くの釣具店で選んでいた中通しの18尺の磯竿の購入だったのだ。どうしてもほしいものをネダル時にはいつもこんな感じで妙に明るい表情になるらしい、まるで子供だ。しかしシトのことは言えないな、あはは。

 さすが24時間一睡もしていないので帰ってバタンと寝てしまう。起きたのは早朝3:30、少し疲れが残っている感じでうだうだしていたところ舎弟から電話があり、今日より明日のほうが天気良さそうだから遠出は明日にしようという。それもそうだなと、そのまま二度寝。

click

 そして7時半頃か、どたどたと上がってきて、たいへんだ、明日は雨みたいなので今日これから行こうという。やっぱりね、新しい竿を使ってみたくてうずうずしてたようだ。こちらは休養十分なので、よっしゃと飛び起きて支度にかかり8時にはもう出発だ、行き先は昨日下見した神前浦だ。

 ネットでの情報は正しかった。志摩方面からと尾鷲からの中間くらいの穴場ともいえる辺境(?)の港は魚種の豊富なことと足元が良いのと釣り人の少ないのがいい。それと周囲が山に囲まれた湾なので風の影響が少ない天然の良港だ。

click
♪〜真アジ、構図がまるで鯉のぼり。

 ちょうど来ていた地元の古老に湾内のいろいろなポイントを聞くことができたのだが場所場所でチヌ、グレ、アジ、カマス、アズキマス(キジハタ)などなど多彩なことったらありゃしない。湾内が急深になっているせいかクエが釣れることもあるらしい。
 今日のポイントではグレ狙いだったが間断なく当たりが出て小型ながら飽きない程度に釣れ続き、舎弟の仕掛けには型の良い真アジが釣れてきたりして、まぁ面白い一日になった。結局暗くなるまで遊んでしまい、帰宅したのはもう20時を回っていた。真アジは拙者が捌くからといって持ち帰り用意されていた夕食をいただいた後、捌いて冷蔵庫に。明日の夕食で食することとした。

click
♪〜端午の
  節句も
  近いし、
  あはは。

 今日、海水を汲み上げて手を入れた時冷たさを感じなかった。この2,3日で2℃くらいも水温が上昇したかのようだ。この神前浦、抜群の釣り場だなぁと意見が一致し、先日予約をしたという南紀白浜のペンションに行くよりここのほうが絶対に楽しめるということでキャンセル。磯つたいに10分も15分も歩くのはかなわないし、岡っぱりでそれほどの釣果は期待できるものでない。
STOP

web拍手_履歴




2009年04月13日(月) No.2520 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

南伊勢町(度会郡)神前浦、吉津港。


 夜中の1時頃に目覚めて、そのままヘッドフォンで音楽を聴きながら差し入れの本を拾い読みしたりして明け方4時過ぎに意を決して出かけることに、先に舎弟のお店に寄り軽い朝食を取りじゃぁねと先日良い思いをした錦漁港に向かう。予報では昼頃に風が出そうだとあったが、それより日曜日ということで場所が取れるかが心配だったが幸いお気に入りのポイントに入ることが叶った。

click

 釣り始めてじきに大きな当たりで25cmのグレが釣れ、大いに気を良くする。もうここには随分来ている感じで魚の寄ってき方がなんとなく分かったようにも思うのは錯覚というもんだろうな。早速、しなくてもいいと言われていた写メールを舎弟に送る、「ご立派、よかったね」との返信だ、ぐふふ。

 一枚釣れたので気が済み、ぽかぽか陽気の堤防で日向ぼっこしていると、突然大声がして、「やったぁ〜、自作のヤエンで釣ったゾォ〜!」。堤防の先端でアオリイカ釣りしていたおじさんの雄たけびだった。見にゆくと30cm以上もある立派なアオリイカがあがっていた、これは叫びたくもなるな、まして自作の仕掛けでともなるとアドレナリンの噴出は大変なものだろうと想像しちまう。なんかこちらまでハッピーな気持ちになってしまった。

click

 昼には仕舞って志摩方向に移動することにし、先日立ち寄った古和浦湾の先の神前浦という漁港に行った。帰って調べるまでなんと読む地名なのか分からなかったのだが南伊勢町度会郡カミサキウラと知った。この度会郡というのも読み難い、ついトカイグンなどと言ってしまう。

click

 どうやらここは紀州釣りのメッカと目されるほど有名な場所らしく渡船や筏などが目白押しで、参加料1,000円で1年間の最大のチヌを競う大会がエンドレスで行われているのに驚いた。しかも60cm以上しか対象にならないという、スゴイねぇ。優勝賞金60万円というのもなかなかのものだ。

 撒き餌がなくなっていたこともあり、左右の堤防の様子を見て回り次回に備える。いやぁ〜、ここは魅力的な所だ、貝や海草のつき具合がいかにも魚が居つきそうで見ているだけでわくわくするような海だ。地元の方か、胴付サビキのカッタクリで30cmぐらいのカマスを何尾か掛けていた。
STOPサイトの定期更新しなきゃと思いながら、もう眠いzzzzzzzzzzzzz。

web拍手_履歴



2009年04月12日(日) No.2516 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

紀伊・錦漁港。


 良い天気になるということで、早朝から大のお気に入りの漁港、大紀町の錦への釣行をした。夕べは早く寝すぎて、夜中の12時20分を朝4時と勘違いして起きてしまい「Gyao」の無料映画を3本も見てしまい、そのまま5時には出発、紀勢自動車道に乗ってからバケツ類一式を積み込み忘れたことに気がつく、やだねぇ。

 最近はイカ釣りが人気のようで堤防には活きアジを餌に投げ釣りしているしとが5,6人はいただろうか、夜釣りの続きかも知れない。港内に向かっては本場の紀州のダンゴ釣りをされている方が一名いたきりで良い釣り座に入ることが出来たのはラッキー。すぐに子メジナや海タナゴが掛かるも如何せん小さすぎる、ということで舎弟は一人で一昨日の紀伊長島の磯に場所替えしたいというので拙者一人残って続けることにしたのだが、その10時頃からか北風が急に強くなりだしちと寒いかなという状態に。止めるにゃ惜しいし車は出ちゃったし、思いつきで大きなポリ袋をベストの下に巻きこんだところ寒さは無くなったが釣り難いことは変わらない。しかし足元に群れる魚が餌を追いかける様子や餌によっては見向きもしないのが良く見てとれて興味は尽きない。

 風を避けてお昼のおにぎりなんぞパクついているとき、メールが2通、遠く離れた北国の次姉から近況を知らせろというものと、さきほど別れた舎弟が長島ではフグばかりで風もすごいのでこちらに戻るとの連絡だ。

click

 午後になっても風が強かったが3時を回る頃ピタリと止み、風向きも東寄りとなり、それはそれは良い天候となった。そして遠投した仕掛けにやや型のいいメジナが掛かりだし、拙者の細竿は満月のようにしなる。隣の釣り人がタモを構えるほどのサイズが連続して釣れ、面白いこと。

 結局、日没直前の6時過ぎに仕舞ったのだが帰りはさすがに運転は出来ないなと舎弟に任す。助手席でウトウトとしてる間に帰り着く、50分しかかかっていない。

 夕食後、昔勤めていた会社のことに話題が及んでいるさなか、なんとその仲間連中から携帯に電話が入ってきて驚いた。まさに、うわさをすればなんとやら。
安否確認?と近況報告のようなものだがたまの電話はうれしいものだ。何人かで一杯やっていたようで、愚かしいことだらけの人情の世界だが、やはり捨て切れるものではないなぁ、などとあっさり思う自分に改めて驚く、コワイは。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月09日(木) No.2507 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

津・白塚漁港。


click

 夕べは深夜に2時間ほど手伝いに行き夜中の3時に寝たのだが今朝は7時にスッキリと目覚め天気の良さに気分良くする。それではと溜め置いた洗濯物をまとめて洗濯機に入れ2週間ぶりに洗濯、キモチイー。

9時頃には近くの白塚漁港に出かけた。大きなボラがあちこちで白い腹を見せてジャンプするのが見られたが、あいにく釣りの対象になる魚はまるで居る様子もなかった。しかしポカポカと暖かい日差しの下で道具の整理やら仕掛け作りなどして結局夕方5時すぎまで堤防の上で遊んでいた。地元の釣り好きのおじいさんが来て、ここは6月にならないと漁港内には魚が来ないのだといっていた。確かに海の水はまだまだ冷たい。

STOP

web拍手_履歴





2009年04月08日(水) No.2504 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

完敗。


click
♪〜赤岩から紀伊長島を見る。

 今朝は4時に起床、5時には出発の予定だったが舎弟が起きてこない、草臥れてんじゃないかなぁと降りてくるまで待っていると5時ころになって眠そうな顔で降りてきた。急ぐとこもないのでそれから準備をして6時過ぎには家を出た。向かうは紀伊長島、赤岩の磯場。今日から春の交通安全週間ということで安全運転に徹するも道路が空いているせいで一時間ほどで到着した。
 途中寄った釣り餌屋さんでは、ついあれもこれもとちと無駄使いをしてしまったが、手を変え品を代えていろいろな製品が出るのでシロートとしては、つい買ってしまう。

 平日の早朝とあって幸い先入者は一人もおらず、貸切状態の磯となった。ここはすぐ側が駐車スペースで便利なことこの上ない。

click
♪〜こんなじゃ、とても持ち帰れない。

 絶好の潮回りと海水の色なのに午前中はまるで当たりが出ず、おかしいなぁと首をひねるばかり、下げ潮止まりの11時頃に持参のおにぎりを食べたあと、ぽかぽか陽気のせいで、舎弟は車でひと寝入りするといって中断したのでじゃぁとその後に入り、撒き餌をすると子メジナがわんさか沸いてきたので、大物はあきらめて、それで遊ぶことにした。たまに手の平大のものも掛かったりして、まぁまぁ面白かった。一休み後の弟も3時頃には再開したのだがやはり大物は出なかった。暗くなるまでやるとひょっとしてということもないのだが、今日は深夜出勤があるというので4時にお仕舞いにして帰ってきた。
STOP

web拍手_履歴



2009年04月07日(火) No.2503 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

紀伊長島。


 天気予報で紀伊地方の今日は雲りがちだが穏やかな風と波ということで、朝早くから出かけようということになり、夕べは早めの就寝、夜中の3時には起きたのだ。例によって弟はせっせとおにぎりなどこしらえて準備していたのだが、夜中に店に行っていたからひょっとして寝てないんじゃないかなぁ。

click

 まぁ運転は拙者がすることとして今日は紀伊長島目指して出発、海岸線近くまで行ったところで長島とは逆方向の小さな漁港に回ってみようとずんずん降りて行って見たところ古和浦漁港というところに出た。養殖いけすや釣り筏のあるいかにも紀伊らしい湾で漁船の数が多く、朝のひと時出船がひっきりなしという感じで、波止での釣りはどうかなということで、長島に向けて海岸沿いの旧道を走った。

click

 一車線の山道になったが両脇に点在する山桜が満開でじつに見事なものだった。日当たりの良いところはもう花びらが舞い落ちていた。高台に差し掛かったところに展望台があり湾内を一望でき、その景色を満喫したあと長島に。

 その長島に入る直前に絶好の磯場があり駐車スペースもあったので、停めて様子を見た。赤岩と言われている磯で大型の寒グレが釣れる名場所だと後で知ったのだが、今日は足元の良い場所にポイントを取り、のんびりと小魚相手に時間を過ごした。潮の色も潮と通しも良く、岩礁と砂地が程よく点在していて水深もあり、こんなに道路近くなのに磯場の雰囲気満点の場所だった。

 今日のポイントではフグの猛攻に遭い、降参といったところだったが、ここは又こなくちゃと決心し、午後3時、早めに仕舞った。そのころから気温が上がり出し青空も見えてきたのだが、朝も早かったしね。STOP

web拍手_履歴



2009年04月05日(日) No.2501 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24][25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen