LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


仕切り直し。


click
♪〜寒かったけど。

 今朝は4時30分に起き、昨日と同じ神前浦・吉津漁港で釣りをと弟を迎えに。道具立てはそっくり積み込んだままなので顔を洗ってすぐ出た。昨日は風が強く、イマイチ面白くなかったので今日こそは心行くまでとしつこいのだ。

 津を出たのが6時前で8時には吉津港に到着、拙者は白灯台堤防の中ほどに陣を構え準備にかかるも、風はないものの曇り空でサムイ寒い、一度車に戻り、防寒服と雨合羽まで重ね着してなんとか間に合わせる。思えば一月二月の厳寒期に数回来ているのだから今日の出で立ちではインナーの防寒不足なのだろう。


 同行の舎弟は一休みの後、彼お気に入りの港内側の岸壁で釣るという。
しっかしよくもこれだけ釣りの志向が同じ風だとおかしみさえ覚える。一緒に来たってそれぞれまるっきり自分の世界に入り込んでしまうのだ。昔はそんな協調性に欠けるような一人勝手はよろしくないとも思わないでもなかったが、今では大手を振っての勝手気侭、気楽なもんだ。

 今日は仕掛けを一種類に絞り、湧き上がる木っ端グレには目も触れずベタ底でのグレの紀州釣りに終始したが、これが大当たり、次々と一号竿で一番面白いサイズのグレやチヌが釣れまくる。どうやら堤防の周りを群れで回遊しているようで15分周期くらいで当たりが止まったりまた釣れ出したりと実に面白い一日となった。

 大声出しゃぁ声が届きそうな港内側でやっていた弟が電話を掛けてきてどうだいと言うので入れ食いだよと答えると、じき同じ堤防の離れたところに移動してきてもっぱらフカセ釣りでグレを狙っているもなかなか合わせきれないようだ。改めて歴史ある紀州釣りが優れた手法であると認識したものだが、とは言っても、まぁ、好き好きだ。

 昼過ぎだったろうか、拡声器でなにやら漁協でサバを特別販売しますというのを聞きつけ、この3月に隣の方座浦でバカウマのカツオを市価の四分の一の値段で買ったことを咄嗟に思い出し、多分同じ思いだったのだろう弟が目聡く買いに行った。丸々と太った秋サバが三尾200円だったと言って9尾手に入れてきた。地元の方優先でようやく買えたらしいが、どこから沸いたかというほど大勢のおばあちゃんが並んでたと言っていたが愉快なことではある。
ちゃっかり二尾を譲ってもらうことにして、また釣りに没頭する。

 午後4時、あぁ〜面白かったと竿をたたむ。今日は釣った魚を半分くらいスカリに入れておいたのだがそのほとんどを放流し、食べる分だけと、中型のグレ3枚を捌いてクーラーボックスに、あと水槽にと子メジナ2枚と25cmのチヌ一枚だけブクに活かし持ち帰ることにした。

 サバの刺身で夕食を一緒しようというので弟宅に寄り、捌く様子を観察、包丁捌きは彼が一枚も二枚も上手だから見て覚えようって訳だ。しかし今日のサバはいかにも大漁の網で揉まれたもののようで身が煉れていて見てくれは悪いが食味は良く、一本釣りのサバとは別物のよう、ご飯に合うこと、美味しかったなぁ。


click
♪〜これじゃぁ窮屈。

 帰宅したのはもう8時を過ぎていた、我ながら良く遊ぶ、がっ、なにやら胃のあたりがムカムカする。ひょっとして食あたりかと舎弟に電話で聞くと何でもないという。そのうち口の中がすっぱい感じがしたと思ったとたんもどしてしまったのだ。見るとサバの刺身が消化されずに見て取れる、どうやらウマイウマイと調子にのっての早食いがいけなかったようだ。前にもこんなことがあったなぁと思い出したのは松坂牛での腹痛だ、食い意地が勝ると碌なこたぁない、だはっ。


click
♪〜・・・

 いい加減眠いはずなのに、持ち帰ったサバ2本を、さてどうしてやろうと考え、決めたのが「サバの味噌煮」と「しめ鯖」、あんなことがあったので刺身は止め、しかしどれも初挑戦だがうまく言ったらお慰みってとこ。

 25cmのチヌは60cmタンクにはちと大き過ぎるようだ。鱗が剥がれて弱っていたこともあって一度放流した水槽から取り出し〆て冷蔵庫に、なにやら生け簀料理もどきだ。しかし今使っている小さなエアポンプ付きバケツでの長時間の運搬は魚にかなりダメージを与えるようで生存率が芳しくない。これは何とかしなくちゃ。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月19日(木) No.3000 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

南伊勢の海。


click
♪〜新入居者。

 今朝は4時起き、昨夜舎弟と約束していて南伊勢への釣行だ。天気予報<では晴れで北西の風1メートルとあり天気図でも低気圧<が東に去り等圧線が列島を縦に3本と緩やかだ。一人でも行こうとおもいつつ電話したのだが、釣竿もガイドを修理したとのことですぐにいくいくとなり迎えに行く。    

 最初は神前湾の吉津漁港を目指したのだが到着すると強風が回っていて、いちど贄浦に戻るも、なんと堤防の港湾工事が始まっており入ることが出来ず、再度吉津漁港に戻る。拙者は二度三度新仕掛けで底を狙うも魚が回ってくる気配がないので、足元の小魚狙いに方針変更、木っ端グレとチンタを釣って遊ぶ。釣り針のダメージが無いものを選んでブクに確保、海水槽の二回目の住民をなって貰うべく慎重に扱う。

 午後3時には切り上げでもっぱら足元の小魚を狙ったのだがこれは良く掛かる。入れ過ぎがなと案じつつもチンタ3枚と子メジナ5、6枚を選んでブクに確保。出きればカラフルなものをと思ったのだが今日はチンタと木っ端ブレどまり。

 昨日作った新趣向の深場のグレ用の仕掛けはピクリとも当たりが無かったのだが、たぶん冷え込みで沖目の深場にグレが移動しちゃったのだろう。それで撒き餌で浮いてくる木っ端グレを狙いで、ふかせ釣りに興じる。10枚に一枚の割合でチンタ、多分へダイの子、がポツリぽつりと釣れあがる。返しの無い釣り針だがダメージの無いものを選んでブクに入れるがすぐに一杯になる。

 午後3時丁度に仕舞うことにしたのだが舎弟が昼寝していた1時間ほどの間に車のバッテりーが上がっていてJAFの厄介になってしまった。5月にも確か隣の方座浦の港で同じトラブルに見舞われ、その後点検に出したがバッテリー関係に異常が無かったはずだがどうしたことか。

 幸い30分ほどで近くのJAF提携業者が来てチャージして貰い何とかエンジンが掛かるようになる。しかし原因がワカラナイのが気にかかる。拙者の見立てでは漏電してるのではないかなぁと思うのだが同じような症状が10ケ月間で3回というのは多すぎる。

 弟を送った後、ホームセンター内のペット・ショップでまたまた追加アイテムを衝動買い、そして帰宅後早速ブクの小魚を水温を合わせた後、放流したが今回は何日持つことやら。照明もさらにアクアリウムらしい色温度最大のランプを買ってきたので早速装着、一層雰囲気が出る。

 舎弟と分かれる時、明日は風も弱まるだろうからとまたまた一緒に早朝出ることを約束する、スッキヤナァ〜♪。

STOP

web拍手_履歴



2009年11月18日(水) No.2998 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

島勝漁港。


click

 南伊勢方面の天気が曇りというので天気図を確認すると雨雲が紀伊半島から離れる兆しが見えるので、よし、釣行しようと決めた夜中の3時過ぎに、以心伝心か弟から紀伊長島の先の島勝浦の漁港にいかないかと電話、5時頃迎えに来るという。あわわ、寝る時間がないではないかと思ったが海で昼寝してやれとそのまま準備しても居眠りしていてやって来た弟に起こされ、そのまま出発だ。運転は彼におまかせだがナビがなぜか42号線を道なりに示さず脇道に入ったり出たり納得いかないガイドをするせいで余計な時間を使ってしまった。
 
 尾鷲の少し手前になる島勝浦には和具の浜などの景勝地もあったりトンネルを抜ける真正面に海が見える珍しい光景が出現したりと、やはり未踏の地は心ときめく。そして以前は有料だったり釣り禁止だったという右手の白灯台堤防、今は夜釣りのみ禁止でフリーになっている。ここは波の強い夜には伊勢えびが海底から上がってきて釣り針に掛かってしまうので密漁防止のため夜釣り禁止にしているといっていた。手長エビ釣りは聞いたことあるが伊勢えびも釣れるんだなぁと妙な感心の仕方をしてしまった。


click

魚が多いという堤防先端に釣り座を構え早速グレの団子釣り、すぐに20cm弱のクロメジナが上がり、そのあとも投げるたびに釣れてしまう。さすがにこれだけ木っ端グレが掛かるとつまらないので場所を変えてみたが今度はウンともスンともいわない、やはり先端付近が良いかと戻ってすぐに勢い良く浮き消しこんでくれたのが可愛い縞模様のイシダイの幼魚だ。シメタと慎重に針をはずしフラシに入れる。これは持ち帰って水槽の主役にとすっかり満足し、あとは惰性で竿を振っていた。

 午後3時過ぎに仕舞いとしてラッシュを避け伊勢道を帰ってきた。津に下りてからアクアコーナーのあるホームセンターに寄り、人口海水の素と水質改善用の薬品を何種類か購入。海水槽をセットして二週間、やはりリン酸や硝酸、アンモニアなどの濃度が限界を超え入れていた小魚が次々とダウンしているのだ。


click

 帰宅して荷物や魚の入ったブクなどを部屋に運び、ヒーターを入れようとして、大失敗に気付く。なんとブクのエアーポンプのチューブが外れていて、あのシマダイが息も絶え絶え、急いでエアーを補給したものの手遅れだったのは返すがえすも残念。まぁ、海水も出来ていないことだししばらくは入居者ナシの水槽で水造りに専念だ。

STOP


web拍手_履歴



2009年11月12日(木) No.2989 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

いやぁ〜、嬉しい。。


click
♪〜アズキマスが釣れた!!

 昨日、釣りには気が向かぬな〜んて言っていながら午後からメバルの旨さに釣られ贄浦で半夜釣りでさらなる大物夜メバルをとの思惑で出かけた。
 
 だいたいが、欲を掻くと上手くいかないもので、結果は完敗、ピクリともしない電気浮きを見て夜中の12時近くまで未練たらしくやっていたが侭ならぬものだ。

 釣り座と道具を広げたまま仮眠して夜明けを向かえ、気分を変えて新趣向の二本針での片ずらしの浮き釣り、これが功を奏したのか上げ潮一杯のころ27cmのアズキマスと50cmもあるボラが一号竿を折らんばかりに引き込んだ。いやはや重かったこと、特にこのアズキマス、マハタ科に属する超高級魚で青森県以南の岩礁地帯に広く生息するものの防波堤から釣れるところは極めてかぎられており、ここと隣の神前湾・吉津港が有名だと聞いていたがホントに釣れてしまったのだから、嬉しい嬉しい。

 よほど活かして持ち帰ろうかとも思ったがブクに入れるにはちと大きい、で、すぐにエラと内蔵を出しクーラーボックスに確保。

 アズキマスの名の由来でもある斑点が綺麗な魚で捌く前に携帯でパチリ、帰ってからこの斑点模様をデジイチでさらに記録。

 ハタ科の中では50cm程度とあまり大きくならない種だがその呼び名の多さには驚く。

「アカミズ(赤水)」、「アオナ」、「アズキマス」、「スジアラ」、「アズキハタ」、「アカアゴ」、「アカラ」、「アコウ」、「アコ」、「アコマス」、「アズキアコウ」、「イネズ」、「オラギ」、「キジバタ」、「ナメラバチメ」、「ヤマドリ」、「モイオ」、「アカガナ」、「アズキアカミズ」、「ワカミズ」、「アカメツ」、といろいろだ。

「キジハタ」というのが正式和名のようだ。

 絶品だというお刺身、早速夜に造りましたね、いやはや食い意地が張っているというかマハタの親戚だからアラで旨い出汁も取れるのではないかとグツグツ煮立てて味噌仕立てのアラ汁も、堤防で取り去ったエラと内蔵を捨てただけであとは全部食したことになる。
刺身は実に美味、くせのないコクのある味とでもいうのか釣れる数も僅かなこともあって喜ばれる訳だ。

 この「アズキマス」という名前に始めて接したのが今年の一月で、南伊勢に遊びに来ていて釣り情報で吉津港と贄浦漁港で堤防からクエなどと共に釣れるのだと聞き、まさかと思っていただけに驚いた。ただ、こいつは堤防からだと狙ってもなかなか釣れそうにもない、幸運だったとしか言いようもない。

STOP
【ぐふふな調理】

click
♪〜

_刺身に下ろす前に鮮やかな斑点模様を記念撮影。エラとワタを出す前はまるまると太って実に重く感じたものだ。

click
♪〜刺身とアラ汁。

click
♪〜いい天気だった。



web拍手_履歴




2009年11月08日(日) No.2979 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

くたびれたなぁ〜。


click
♪〜吉津港のヘダイ。。

 連続三日目になる釣行、元気に起きたのは早朝4時、特に準備もないのでゆっくり朝食をとった後、弟宅へ、そして昨日と同じ神前湾、吉津漁港に向かう。

 網干し場では8時頃から一面に広げられた魚網の繕いを何人かの漁師が黙々としていたが潮汐と天候に従って網の投入をするので大変だ、お昼の1時間ほどの休憩以外は休みことなくやっていたが定年などのない仕事であるし年配の方が多いが当に生業ということだなぁと、それと師の付く職業について考えたりしながらもっぱら小魚と戯れていたのだが、やはりシゴトをする人々の近くで遊ぶのは関係ないとはいえ心ざわつく物だ。

 良く晴れたが時折強い風が吹くも横風で釣りにはなったが集中力に欠ける。それでも途切れずに魚の当たりが出るので仕掛けや浮きの具合を見るにはとても良い場所だ。

 昼頃に車で30分ほどお昼寝、やはり連日の早出はくたびれちゃうね。

 特に大物も釣れなかったが可愛いらしいクサフグとヘダイが無傷であげられたのでブクに入れ持ち帰ることにして2時を回った頃にサァーっと気温が下がり、山の上に雲が出てきたのを見て、これは予報より早く雨が降りそうだと仕舞うことにした。今日の失敗は帰路、一般国道の23号線を走ったことで松阪から津市内は夕方のラッシュで酷い渋滞にはまってしまったことで、三重県の方はこの時間に23号線は走らないのだという。

 40年前からちっとも改善されていないというのだが、見たところ信号の設置と設定になんら工夫がない感じだ。特に中心部、官庁街の信号機は危険さえ感じる配置だ、一度上空から見てみるといいのにね。まぁしょうがないと皆が納得してるんだろうから新参者がとやかく言うこたぁないか。

 帰宅後、持ち帰ったヘダイとクサフグのブクの水温を水槽と同じまで上げて放流、ぐふふ・・これで合計七匹、カゴカキダイ、クサフグ2匹、グレとヘダイが一才と二才のもので60cm水槽に丁度良いバランスだ。

 そんなことにカマケテルものだから洗い物や食事がなかなか終わらない。おまけにブログの更新をと始めてすぐ寝てしまったようで結局アップしたのは朝になってから。STOP_

web拍手_履歴




2009年11月02日(月) No.2966 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

神前湾、吉津漁港。


 今朝は3:30起き、ほとんど寝ずに勇躍舎弟を迎えに行き、南伊勢・吉津浦に向かう。途中、260号線の山道で乗用車二台大破の事故を見た。カーブの連続の坂道で曲がりきれずに電柱に激突し後続車が追突したようだ、クワバラクワバラ。

 こちとら安全運転でまたまた来ました神前湾、早速餌の配合から入念に仕上げ、釣り座を構える。舎弟とは離れて別々にやることに、釣法が違い撒き餌などが違う為だ。

 今日もこれ以上ナイという穏やかで明るい秋晴れの一日、いやはや面白かった。海水が一段と澄んでいて海中が良く覘ける。そしてビックリする様な大物も見えたりして、仕掛けをトッカエひっかえ、そのたびにそこそこのサイズ、20〜25cmのグレが元気に竿を曲げる。

 吸い込み仕掛けや団子釣りから連想して、ヘラブナ釣の要領で二本針での練り餌が以外と効果的に思い早速やってみる。あはっ、これも大成功、グレの姿かたちがヘラに良く似ていると思ったのがきっかけだが、さすが渓流竿というわけにはいかず、リール装着の磯竿だ。だって40cm超えるようなのがチラホラ見えたり実際に釣れたりしているのだ。

 いろいろやってみて結局、昔ながらの紀州釣りが一番シンプルで性に合っている感じがした。午後5時に仕舞いにして弟に運転をまかせ拙者は助手席、さすが眠くてウトウトする。義妹が巻き寿司を作ったというのでご馳走になり、帰宅前にホームセンターのアクア・コーナーに寄って、海水槽様のオプションパーーツや水質改善薬品などを求める。

 弟は今日、大きな魚を二度もバラしたということで、熱くなっていて、明日も来ようと、ぐふふ、異議なしだ。早く寝なくちゃ。STOP_

web拍手_履歴



2009年10月31日(土) No.2963 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

帰らない。


今朝は4時と早起き、海に行こうかどうしようとうだうだしていたが良く晴れた空を見て9時過ぎてようやく出発、南伊勢の贄浦を目指す。

魚の気配ガさっぱり無く、もっぱら釣り道具の整理に精を出していた。

日が落ちる頃、一度は仕舞いにしたのだがどうも不満が残る。

餌も沢山残っているし、隣の神前浦はどうかなぁと夜釣りしてやろうと早速移動。

しかしながら結果は同じ、さっぱりだった。気がつくと23時を過ぎている。天気予報を見ると明日も穏やかな好天だと言うし、ええぃこのまま居続けちゃえと、今日は帰らない。
STOP
【メモ】

click

贄浦の夕陽。

web拍手_履歴



2009年10月28日(水) No.2954 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19][20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen