LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


青空に誘われて。


 今朝は10時起床、8時間以上も熟睡だったが断片的に夢を見た、珍しいことだ。外は実に良い天気で南からの高気圧に覆われると天候が一変する。まるで4月の陽気だ。カーテンどころか窓まで開け放ち空気の入れ替え、ついでにフロアーの掃除などする。実に気持ち良いものだ。

 午後3時近くになって、あまりの天気の良さに釣られ近くのマリーナへ出かける。そして大堤防先端まで行き新しい仕掛けのテストと竿を出す。

 水温が14℃まで上がっていて地元のベテランの釣り人が伝統のボラの風船釣りで50cmオーバーのボラを10尾以上特大のスカリに確保していた。20尺の延べ竿で短冊状に切った風船をひらひらさせて餌を食わないボラを掛けバリで釣るこの時期特有の釣り方で掛る確率は抜群だ。ただあの長竿が苦手であまりやろうとは思わないのだが、なんとかダマクラかして餌釣りできないものかといろいろテストして遊ぶも、そうは問屋がおろさない。今日は駄目だったがボラが回遊していることが判ったのでなんとか餌釣りの方法を見つけたいものだ。

 暗くなる前には帰ってきたが往復3kmの散歩みたいなもんでイイ運動にはなるなぁ。と、帰る間際に釣りキチの弟からのメールで明日以降天気が崩れるから明日「久しぶりに」釣行しようよとのお誘いだ。なにが久しぶりだよと思いながらも否応もなしで了解、腰の軽さは一流だね。STOP

web拍手_履歴



2010年02月24日(水) No.3204 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(6) Trackback(0)

あぁ、春が近いや。


 今日は4月上旬の気温になるというので急きょ釣行を決め朝6時に家を出る。行き先はいつもの神前湾・吉津漁港だ。目覚ましを5時半にセットしていたが、なんと4時半頃に、起きたかぁと弟からのコールで起こされる。ん〜、もう、早すぎるって。

 今日の神前湾は穏やかな日和で日中は16℃までになったが南寄りの風だとどうやら海水に濁りが入るようで透明度が落ちるので、釣果より海中の魚を見たい拙者にはイマイチ気合が入らない。しかしさすすがのグレ名人、だましだまし10枚くらいの釣果はあったので良しとする。

click

 少し遅めの到着だったので定席は顔なじみの釣り人が入っていて二本バリで底を狙っておりチヌなども掛けていた。以前それとなくこの時期の釣法を伝授していて間違いなくその成果だ。

 弟はなぜかフグの猛攻に四苦八苦していたがハリスを1m以上にしてガン玉なしのフカセではこの時期のグレは当たりが出ないのだが、まぁ好き好きでとやかく言うこともない。


click

 昼ごろに、津在住の釣り好きの年配夫婦がやぁやぁとやって来ていつもの釣りを始める。旦那はカマス名人、奥方はアジ名人と皆が認める釣り上手なのだ。旦那さんなど漁師が出来るんじゃぁないかなというくらい魚の習性や海の見立てが確かで恐れいっちゃう。今日もダメだと言いながらしっかりと獲物を確保して、拙者に一尾のカマスを分けてくれた。

 我が家の水族館用になるべく小さなグレを3枚だけ活かし、持ち帰ったがやはり年を越すと5cmだった幼魚も一回りも二回り大きくなって一段と警戒心が強くなっておりなかなか水槽になじまないのが頭痛の種だ。クサフグも2匹もちかえったが釣り人に嫌われるこの魚、なかなかにユーモラスな顔つきで見る分には面白い。

 いただいたカマスを今日こそは上手く捌こうと手順を調べ、なんとか背開きに成功、塩焼きにして美味しく食べた。STOP

web拍手_履歴



2010年02月23日(火) No.3201 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

負け惜しみ。


 今日は暖かな良い天気になるというので、早朝4時半には南伊勢・吉津漁港へ向け出発、もちろん弟も一緒だ。途中、ちょっと道に迷いかけたものの方角は違いないようだから、そのうち出るさと細い畦道のような道路を進んでいつもの道路に合流できたので内心ホッとする。

 漁港に着くころには風も弱まり気温も8℃まであがっていて、予報では15〜16℃にまでなると言っていたので防寒服を一枚減らして支度にかかる。いつもの並びと入れ替わって釣り座を構えたのだが、結果は芳しいものでなかった。

 風向きのせいか汐に濁りが少し入っていて海底がぼんやりとしか見通せない。朝のうちから10時頃まではちっとも魚が寄ってこず反応ゼロという、イヤァ〜な感じであったがちらほらと小魚が見えてきたと思ったとたんに待望の当たりがあり、20cm大のグレが釣れた。しかしさっぱり続かず仕掛けを換えタナを換えエサを換えいろいろやるも撒き餌に群れる魚の種類がかわるだけで一向に当たりが出なくなる。それでも午後4時ころまで粘って、間違ったかのように3枚の小型グレを釣り、まぁこんな日もなくちゃぁねと強がりを言う。
 弟は昼寝から戻って一投目に23cm位の良型グレを上げ、がぜん張りきりだしたのだが、やはりちっとも当たりが出ないので苦労していたようだ。さらには1.5号竿を満月のようにしならせて海面まで上げてきた太いグレをバラしてしまい、あぁ残念。STOP

web拍手_履歴



2010年02月21日(日) No.3198 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

神前浦・吉津漁港。


 日替わり天気で寒さも相まってなんともこの時期は穏やかでない、確定申告も迫ってるせいでもないとは思うが、好天の今日はまたまた南伊勢の海へ舎弟を伴っての釣行、5時過ぎに電話すると未だ寝てた。そういやぁ時間を決めてなかったなぁ、だはっ。
 

click

 予報ではそうとう寒くなるとあったが早朝の津で5℃、漁港に着いた8時では8℃にもなっていた。北西の風が丁度釣り座の後ろからなのでそれほど気にはならないものの、上から下まで完全防寒装備で支度をする。正面に見える青空がきれいだったなぁ、と、こちとらまだ竿ケースを開けてもいないのに、隣で弟が20cmオーバーの重そうなグレを釣りあげた。こりゃぁ幸先いいと期待に胸ふくらませ急ぎ拙者も10尺の細竿で開始、ところがまるで掛ってくれないのだ。しかし海中を覗くとかなり魚は寄っている、今日は大潮で下げ三分の時合いだったが見えるのは大きなタナゴや木っ端グレ、チヌらしき魚、これは後でイスズミの群れだと判ったのだが、改めて南伊勢の海はスゴイと思った。


click

 しだいに撒き餌で上がってくるのだが、これが釣れない、で、手を換え品を換えべた底でガン玉なしのハリスでふかすと、ようやく釣れたのは手の平大のチヌだ。隣の弟もチヌを何枚かあげている。目を凝らして海中を見るとグレは全く餌を食おうとせず、中小のチヌが群れをなして寄ってきているではないか。

 それで、狙いをチヌに絞り、合わせるタイミングを目いっぱい遅らせたところ、ぐふふ、釣れるではないか。当たりがもぞもぞとあった後、浮きが完全に引き込まれるまで待つのだが、つい息をころして今かイマカと待つのだから心臓に良くないな、おまけにフグの当たりもそっくりで針を取られるとがっかりだ。

 昼頃から風も弱まり、この時期では最高の日和になった。気温も13℃まで上昇、驚いたのはグレが一匹も掛らず全てチヌ、サイズは小型とはいえ拙者が7枚、舎弟も同じくらいと上々の釣りではあった。例によって一番小さなほうから3枚だけ活かしバケツに確保、後は珍しく弟が持ち帰るというので一緒にする。

 今日は水槽用の海水を汲んで持ち帰ろうとポリバケツを三つ、計45リッター分を積み込み、午後6時過ぎには帰宅、部屋まで三往復してバケツを上げる。さすが息切れしちまった。その後三時間がかりで水槽の水換えを敢行、きれいになった箱海(?)で泳ぐチヌとグレを飽きずに見ていた、あっ、オリンピックだとあわててTVを点けるもあまり目が行かない、寒そうで・・・。STOP

web拍手_履歴




2010年02月13日(土) No.3171 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

イザ、行かん。


 23時就寝、4時起床と今日は釣る気満々の目覚め、ただ天気予報では気温が10℃くらいまでにしかならぬと言っていたから寒そうだ。朝食には最近のお気に入りである粗びきウインナー・ソーセージを焼いてカラシマヨネーズでいただく。それにかりかりトーストとコーンポタージュとレタスを2枚、我ながらの手際良さに気分良くするも、このところの運動不足で首回りが軋んでいる感じだ。寝っ転がってキーボードってぇのがいけないとは思いつつ、つい・・。

 出発前にもう一度Yahoo天気で風向風力を確認ついでにブログ更新、このところ画像がないなぁと思うも、しっくりくる写真が無いんだからしょうがないやね、今日はどうかな。STOP

web拍手_履歴



2010年02月13日(土) No.3166 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(4) Trackback(0)

今日は暖か。


 気圧配置が緩み、今日は曇り空ながらも暖かになるので先日完敗した神前浦・吉津漁港に行こうと約束の時間に遅れること30分、7時ジャストに弟と合流、5時半にセットした目覚まし時計を握ったまま一時間も寝過ごしちまった。前回の撒き餌や餌がごっそり保管してあるので今日は餌屋に寄ることなく通勤割引の伊勢道を走り8:30には到着、この時間でもう気温が12℃もある、しかも無風状態で云う事なしだ。

 いつもの場所に釣り座を構え、海中をのぞくと今日はちらほら魚影が見え、撒き餌に反応もする。そしてひとヒロ半のタナで面白いように木っ端グレが掛ってくる、こんなに水温が低いにもかからわずだ、不思議だなぁ。しかしいずれも喰いは浅く皆唇の先にかろうじて針掛りしているという、まさに名人芸だと自画自賛、今日の弟は仕掛けがうまく合わず難儀していたが昼過ぎにはチヌを2枚あげ、たいしたことないと言いつつチト自慢げな感じ。手の平大と25cmクラスではあったが拙者も釣りたかったなぁ。

 日中は陽も差しぽかぽかと、20℃くらいまで上がったのじゃぁないかなぁ、なんせ暖かかった。なによりこの吉津漁港にしては珍しく一日中風が無かった。

 結局30〜40尾もあげたろうか、ずっしり重くなったスカリを見て地元の方か、これだけ釣れりゃぁたいしたもんだというのを気分良く聞いて3時頃には撤収、いやぁ〜面白かったね。2月でも釣れるじゃんとますますこの南伊勢への引っ越しを思い描く。今日、散歩に来た近郊の方の話しでは空き家なんどクサルホドあると言ってたしね。

 手の平大のチヌと一番小さなグレを2枚だけ活かしバケツに入れ我が家の水族館へ、他は弟の友人へのプレゼント、上手に料理するらしい。

 仕舞う頃にパラパラと雨粒が何個か落ちてきたが雨というほどの事も無かったが津に戻る頃にはにわか雨、しかし冷たい雨ではなかった。

 友人宅に寄ったあと、久しぶりに回転ずしに行こうよとなり近くのホームセンターで換えフィルターなど買ってから少し早目の夕食とした、寒ブリのトロってぇのが絶品であった。STOP

web拍手_履歴



2010年02月10日(水) No.3159 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(2) Trackback(0)

完敗。


 今朝は5時起床、風に不安があったが天気図の等圧線を拠り所に南伊勢・神前浦へ弟と出かけた。案の定、いつもの場所に釣り座を構えたものの横風がかなりあって落ち着かない。気温も4℃しかないしいつもなら群れをなして湧きあがる木っ端グレの姿がいつまでたっても現れない。海タナゴの群れが一か所に固まって泳いでいるだけでちっとも喰いがたたないのだ。やはり2月3月は海水温が一番下がる時期だけに、さすがの南伊勢の海もダメなようだ。

 回りを見渡したって釣りなんぞしているしとは皆無、魚の居ないところで釣るほどバカげていることはないな、トホホ。

 小さなタナゴが掛ったところで、やはり風が気になり隣の贄浦漁港に移動した。こちらは後ろからの風なので落ち着くのだが、やはり小魚の姿が見当たらない、どこ行っちゃんたんだろうと顔見合せながら、ヤァ〜めたと帰ってきた。

 帰りの車中ではなんてバカなんだろうと漁期を考えない二人を互いにあざ笑う。途中寄った珈琲店で昨年の釣行を調べてみると2月と3月下旬までは海に来て居ない。昨日のブログで魚の居ない伊勢湾の悪口を書いていたが熊野灘も寒さには逆らえないようだ。たぶん深みでじっとしてるんだろうね。

 津に戻ってから不良品のエアーポンプ一式もって購入店にゆき検証してもらい、メーカーに送って原因の報告を求める事にした。担当の、自身もアクアリストだという若い店員さん曰く、別なメーカーの物を示して個人的にはこちらをお勧めするというので、そういう類いの問題ではないのだよと、生き物の命を左右する製品なのだからして粗悪品は許されないのだと、殺生を趣味とする拙者とは思えぬ注文をつける、あはは、今回ばかりはクレーマーと呼ばれようが平気の平左、理は我にありだ。しかしなにやら不漁のうっ憤を晴らしてるかのようで大人げないかではなく、子供気ないかと鉾を収める。STOP
【不良品といえば】
 あぁ〜、プリウスのブレーキの利き具合が大ごとになっている。あれは結構微妙な問題で、メーカーは利き方の好みの最大公約数的なところで設定しているわけで車ってのは一台一台皆感じが違う。ましてや米国で報じられているそれがせいで追突したなんてのはよほど運動神経が細いとしか考えられない、増してや低速においてってんだから。トヨタの技術者はさぞ悔しい思いをしてるだろうね。そのでんで行くとMSなんぞ毎週のようにリコールしなくちゃ。

 とあれ、空気を出さないエアポンプのほうが大問題だ、と思う。STOP

web拍手_履歴


2010年02月05日(金) No.3152 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16][17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen