LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


終わった。


click

click  危ぶまれた、あるいはそれを期待されたのかも知れない北京オリンピックが無事閉会式までこぎつけた。よくぞここまでやったねと拍手あるのみだ。IOCの幹部の誰かが北京市内でデモの一つもなかったことの不可解さを訴えていたが戦車まで出動させてりゃ当然のことだ。まぁ、ヨカッタヨカッタ。
 今朝は4:30就寝、11:00頃まで寝ていて男子マラソンは午後のダイジェストで見たのだが優勝はケニアのサムエル・ワンジル、インタビューに上手な日本語で答えるのを聞いて嬉しくなってしまった。なんといっても、日本じゃおなじみの選手だものね。
 あとダイジェストで見た女子棒高跳びの優勝者でロシアのイシンバエワが世界記録を出した時の映像、鳥肌がたつほど感動した、すごいわ。結局今大会では感動シーンが2回しか無かったことになる。
 夜、閉会式を見た、さきほど聖火が消えたところだ。出だしの太鼓ショーの色彩のチャイナ・レッドのケバサには目が痛くなって、ついていけなかったが、かの国でハレの色使いなのだろうなぁと思った。
 あの宙づりの「大太鼓」、生の音はどんなだろうと興味深々だったが良く聞き取れなかったのは残念、想定外の大きさというのは単純に目を惹きつける。
 大会旗をロンドン市長に引き継いでからの英国側の演出はなにかホッとする感じであった。レッド・ツェッペリンの64歳になるギタリスト、ジミー・ペイジが出てくるんだもの、驚いた。聖火が消えてからは歌謡ショーみたいのが始まったがもう見てやしない、身勝手なもんだ。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月24日(日) No.1908 (雑感::北京オリンピック)
Comment(0) Trackback(0)

女子バレー。花火。


click 負けちゃった。しっかしさすが世界ランク一位のブラジルチームの強さには目を見張ってしまった、変幻自在、攻めも受けも全員隙なしといった感じで、恐れいりやした。選手の目が皆、賢そうでなにか一本、筋が通っている爽快感のようなものがあり悪い感じはしなかった。目つきで見る限りでも負けていたように思った。
 しかしこのせっかく性別での競技システム、チームプレイであれば監督、コーチ含めてなぜ同姓になっていないのかなぁと疑問を持った拙者である。作戦やトレーニングもひっくるめて競うのであるからして野郎の考えなど無いほうがよほどフェアーと思う、バレーボールにとどまらないか。

STOP
_今年は五輪開会式の花火に圧倒され各地の花火大会の様子をあまり見なかったように思うのだが、フラッシュ素材など公開されている「Time Tripper」さんのサイトで花火のjavaアプレットがいろいろあり、夏の名残に動かしてみた。クリック連発すると面白いように打ち上がるのだから。音入りの大画面だとさらに愉快だ。かのサイトでは手作りの紙ラジオとか3D工作マシンの記事などあってとても面白い。











Time Tripper  ♪〜音入り大画面はこちら



web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月19日(火) No.1896 (雑感::北京オリンピック)
Comment(0) Trackback(0)

やったね。


click  今朝は7時過ぎに一度起きるも疲労感が取れずニュースを聴きながら二度寝、結局お昼まで寝ていた。グータラな拙者とは関係なくバドミントンのスエマエ組が世界ランク1位の中国チームを破ったというニュース、こりゃ大変だとダイジェストを探して観戦する。はげしいラリーの応酬でほんとに一瞬を争う競技なのだねぇ、見ていて手に汗にぎるたぁこういう競技だ。これぞオリンピックと大満足だ。「オグシオ」にかくれて知名度が低かった分、驚きが大きい。

 柔道はやはりつまらない格闘技になってしまっている、以前から思っているのだが、はだけてしまう柔道着にどんな意味があるのか理解できない、ゆるふんでの相撲みたいなものだ。そして女子のばあいに特に目立つ組手争いにあけくれる5分間はつまらなく、醜いものだ。しかも8m四方の狭い枠内で場外ばかり、いっそサッカー場くらい広いところでやればとイラつく。世界柔道連盟ってぇのはかくも知恵者が居ないのかと絶望的になる。

 女子テニス一回戦、あれれ、ギャラリーがほとんどいない。かの国ではよほどマイナーな競技なようだ。しかし民衆の自由意思でチケットを求めたことが解って良かった、あはは。雨で流れた再試合だったと後で知ったが。

水泳100m平泳ぎ決勝もさすが北島の連覇、よかった。より早くが如実に伝わる真のスポーツだわ、素晴らしい。勝利者インタビューも感動ものだったなぁ、私的には今大会初と言っても良い。

STOP_あの開会式を見て嫌な感じをしたのはよほど拙者がひねくれているのかと不安になって今日はいろいろな方の感想を見たのだが、なんと大方が同様な思いを持っていると知り一安心。どうしても、あのナチのオリンピックや旧ソ連時代の軍事パレード、北朝鮮や新興宗教団体のマスゲームを連想してしまうもの。気の毒ではあるが大いなる愚挙として歴史に残るに違いない。いくら凄いといっても共感を得られなければ称賛されない、程々とは難しいもんだ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月11日(月) No.1882 (雑感::北京オリンピック)
Comment(0) Trackback(0)

残念、女子バレー。


click  今朝は6:30起床、日曜日だなぁと何するでもなく時々思い出したようにTVを点けてみるが根っからのスポーツ人間ではないようで五輪中継も高校野球もすぐたいくつになる、昨日途中まで見た女子バレーは残念ながら敗退していた。
 中継で唯一見たのが66kg級男子柔道、金メダルとなったことより起き上がれない敗者を一顧だにしない選手に恥ずかしい思いを持った。決まった後も夢中で締め付けていたという失態、昨今の日本代表ってぇのはこんな程度なのかとひとり憤慨していた、個人的には懲罰もんだ。
 勝っても負けても文句たらたら、いけないなとは思いつつ、今回はまだ感動的なシーンをお目にかかれていない。

STOP_

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年08月10日(日) No.1881 (雑感::北京オリンピック)
Comment(0) Trackback(0)

女子バレー。


click  おっ、バレーボール女子の対アメリカ戦をやっている、2セット目を取って1対1、近代バレーボールは本当に高度な技を競うスポーツになっていると改めて感心する。ハラハラドキドキ、なが〜いラリーの応酬などまさに反射神経の展覧会だわ、人技とは思えないくらいだ。オリンピックはこうでなくちゃ、
3セット目途中だが、もう眠いので明日のニュースを楽しみにしよっと。。。続く。。。はず。

STOP_グーグル・マップの新しいサービス、ストリート・ビューで遊んでみた。データ転送速度が上がり、データも蓄積されていく一方だから、いろいろなアイデアが実現する。有用かどうかは別として、やはりというか、このように公道に見える家々について個人のプライバシーがなどと言い張る輩もおるらしいが、風景だろうって、まったく、ャんなる。



大きな地図で見る


しかし、インラインフレームでの直リンクを勧めるあたりは、さすがに新時代の知能だと恐れいってしまう、愉快だ。
惜しいことにリロードすると表示されなくなり、ブラウザのキャッシュをクリアしなくてはならない、これではリンクと言えないな。
 と思ったら、サーバーの容量不足でアクセス制限のせいだという、そんなのダメジャン。

web拍手ブーイングも_履歴



2008年08月10日(日) No.1880 (雑感::北京オリンピック)
Comment(0) Trackback(0)

■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen