LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ほんに久方ぶり


ご存知、ラブレターだ(^_^)。

 http://shinji-world.ddo.jp/data/MyMusic/loveletters.mp3

記事はのちほど( ›◡ु‹ )。


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2014年07月25日(金) No.4442 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

よーやく、だ。


月光の曲・三楽章。

♪〜iPhone用はこれ。

 ちょっと陽が差してきてる日曜日。早起き生活10日目だが上手い具合にマイブームが訪れて楽曲モードなんだ。懸案だった10年前の曲の、音符の発音タイミングを直してる。デビエーションだね(^_^)。

 早起きモードたってなんのこたぁない、SSWアプリを立ち上げて、シーケンサーでのメニュー操作と、機能の思い起こしではある。慣れた頃にベートーベンの月光の曲、プレストの部分を丹念に取り繕ってMIDファイルとMP3に書き出して一件落着。何時かは時が来れば直す様な気がしてたんだが、此れでチョットだけ満足。

 そしてコウレイの日曜日のテレビ予約。まぁ面白いんだから。子供や大人でも現役となると頭脳のムダ使いになるんだが、3〜4年前の世界のドラマや優れたドキュメンタリー番組を観る分にゃ、再放送で古いとは云え年寄りの娯楽の王様だね。

 今日もまず、NHK・Eテレビの『こころの時代〜宗教・人生〜「鑑真が残したもの」』をきき耳立てて聞いて居たんだね。壮年の頃は娯楽番組と一緒で、こんなマッコウ臭い対談を聴く人が居るんだぁと言う思いだったのだが、ようやく普通に聞ける様に成り申した。昔は「晴耕雨読」なぁんて云ってたが現在は.......
STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2014年06月08日(日) No.4424 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

9年目にして.......


 まいったね、我がサイトのDTM、mp3コンテンツが、イヤフォンの大音量で聴いて、こんなにイイとは知らなかった\(^o^)/。もう9年にもなるんだ(遠い目) 此れを自画自賛と言わなくて何と云う?(15:39)

 今日は端折ってコレまで。


STOP

Permalink web拍手 もっとこっちでも



2013年06月21日(金) No.4196 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

秘かな楽しみ。DTMと天丼。


click

 今朝は8時起床、特に予定もなく列島に張り付いた低気圧と雨雲をながめつつデジタル三昧、自宅サーバーのあれこれは目新しい手法もなくちとお熱が冷めた感じなのだが、中断されていた「自宅サーバー全国マップ」のSAOさんのサイトが昨年から再開しているのを見つけ再登録、昨今の家電なみになったPCが持つ機能を目いっぱい使い倒しているかのような方々の分布を垣間見る感じがして楽しいものだ。しかし、こんな面倒なことを好むしとはさすがに少数だが、決して変人というわけではないのだと、・・思いたい、ぎゃはは。
 それはともかく、昨日だったか知りあいから電話で手書きなら10分で出来るのに慣れないPCで1時間以上も掛けて書類を作ったのだが、これで便利になったと云えるんでしょうかと尋ねられ返答に窮してしまった。こればっかりは便利と思うしとには画期的な道具だが、無理強いするようなものでもないか、強く薦めるべきなのか悩ましいことでもある。
STOP

click

♪〜midi初心者へのアドバイス〜ロウバシン。
 音楽の表情に欠かせないものとして
 Velocity、Deviation、GateTimeの3要素があって
 実際の演奏というのはこの画像くらいランダムなのだ。
 ひところもてはやされたファジー理論で1/fの揺らぎが
 心地よさをもたらすのだとしたら計算機にも音楽が
 創れるかも知れない。CGソフトでは既にあるらしい。

 もう6年近くも趣味の筆頭にしているデスクトップ・ミュージックなのだが今日はヒマにあかせてシーケンサー・ソフトのマニュアルを拾い読み、一種類だけ見て感想もなんだが個々の操作についての説明が主体で音楽そのものについてのレクチャーが無いのはそんなことは使うしとの問題でしょと云うことなのかなぁと思ったりしていた。楽器にも説明書なんかは無いもんなぁ。

 音楽は音であるからして感性や知識だけでは聴くことは出来ても音を鳴らす為には楽器が必須で、良い音を出す為には計り知れないほどの身体的訓練が要求される。そしてその間に音楽の拠って立つ歴史や系統立って確立した理論なども知ることになるのだが、それなくしてDTMの世界に入りこんじゃうというのはあまり感心できないなぁとも思うが、まぁそういう世界というかアプローチもあるのだと見るしかない、しとそれぞれだからね。まして他にシゴトをかかえたアマチュアであれば掛ける時間など限界があるだけに、あまりいのめり込んでしまうしまうというのも考え物だ。これは楽器でも云えることだが程々で楽しむことが出来るという穏やかさが肝心になる。

 そこでただひとつ訴えたいことは手間暇かけていないものに絶対といっていいほど良いものが出来ないというのが実感としてあって、例えばショパンの小品ひとつとっても一音一音にこれだけニュアンスを加えなければ得心することが出来ないし、それが楽しくなければソフト製作者に申し訳ない。たまたま拙者が楽器演奏者の側からDTMに入ったということで、そのように思うだけだが近未来にひょっとして聴くしとの心をエグルようなDTM作品が出現するのではないかとも考えながらの一小節一小節、秘かな楽しみではある。
STOP
【ぐふふな調理】

click

_残りもんでしょ、といっちまえばそれまでだが、昨日の天丼で不満のあった溶き卵、今日はご覧の通りトロトロ、ぷるぷるで大満足。さらには昆布〆の残りも食し、40尾の鱚で3日間も楽しめたということになる。魚好きの拙者が考える味の良い魚、
ベスト・ファイブは
 1にフグ
 2に真アジ
 3に鱚
 4にメバル
 5にカレイ
おおきなお世話か、あはは。

web拍手_履歴



2009年06月04日(木) No.2632 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

できたっ。


 当サイトの一大メインテーマでもあるDTMデスク・トップ・ミュージック、ノートPCでもそういうのかは定かでないが、いわゆるコンピューター・ミュージック、さっと出来るのもあれば、やたらつまづいて時間が掛かるものがある。今回はすっかりショパンのノクターンにはまり込みかれこれ8回目のミックスダウンが終わり、自己採点で65点くらいかなぁと最終バージョンとした。まだこれだけの集中力があることに驚いたのだが、間違いなく技術という点で向上があると思うのが嬉しいことだ。これでまたしばらくは別なことに目を向けられそうだ、桜の季節だしなぁ。

♪〜これがその最終バージョン。

◆再訪の方はキャッシュをクリアしないと前のまま再生されるかも。


STOP_

web拍手_履歴



2009年03月22日(日) No.2469 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

不思議なこと。


 数日来、DTMで作成した音をmp3やwavファイルにしたものをPCで再生すると歪んだ音になっていたものが、なぜか今日は普通に再生される。そういえば以前も同様なことがあったのだがPCの音源についての知識不足は如何ともし難い。でもPCでそこそこの音だと、やはり手軽で便利なものだ。

♪〜テスト。

しかしながら、ここにきてこれほどあっけらかんとノー天気なサウンドが出来るというのもビミョウーな思いがする。見方によっては軽薄とも云えるが今更だなぁ。

【素朴な疑問】
日常的に調理することが生活の一部になっているのだが、ときどきアレッと思うことに出くわす。その一つに玉葱のこと。子供の頃の記憶では皮をむいて包丁いれるとテキメン目に沁みて涙が出たものだが、今の玉葱ではみじん切りにする場合でもあまりそれが無い。品種が変わってしまったのだろうか。それとは逆に香味用のいわゆる万能ネギの細いやつ、冷凍保存してやろうと切り刻んでいるとこれがやたら目に沁みる。芳香成分の多少に由来するのだろうとは思うが、ネギがねぇ。。STOP_

web拍手_履歴




2009年02月08日(日) No.2360 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

音が・・・


 DTM三昧のこの頃だが、新しいソフトにしてからどうにもmp3音源のPC再生音が耳触りで、気になってしようがない。wavデータをCDに焼きつけると若干良くなるのだが、それでも聴くに堪えない。以前、オーディオ・マニアの方が最近の音源であるmp3は端っから相手にしていないといっていたのだが良く納得できる。グラフィックでいうとギザギザが目に余るというか、それはまるで音の波形がまるで変わっているかのようだ。手元にあるPCの中で一台だけ比較的音質が良く聴こえるものがあったが、データと音源ボードの相性があるのかも知れない。それとも、拙者が現在使用しているエンコードやデコードのモジュールが上手くマッチいていなのかなぁ。

 どうにも我慢ならず、なにか良い方策はないのかなぁと、近くの大型電気量販店に夕方いったのだが、前は品揃えしていたCDデッキやプリ・アンプなどのオーデイオ製品がほとんどなく、i-pod関係や、超小型プレイヤーばかりしか無かった、やはり秋葉原に行かなくてはダメか。

 しょうがないので、あれこれ設定を変えたり組み合わせを変えたりで時間ばかり経ってしまう。それだけでは、ナイ、数日来不調のサイトのページ・スクリプト、メインサイトのほうはほぼ修復なったが、このブログcgiがシッチャカメッチャカというか、スクリプトの文字化けによる不具合が沢山出てきてどうしたもんかと迷っている。ウインドウズ環境ではファイルの転送などをデフォルトで文字コードが「Shift-JIS」ということで、「EUC」コードのファイルの扱いが難しい。EUC変換可能なエディタで編集しても普通にコピーとかすると化けてしまうのだ。きっと正しい手順があるのだろうが、残念ながらそこまでは詳しくない。あれこれやってみるしかないなぁ。

 音響といえば、捨てるに忍びなかった40年前のスピーカー・ユニット、デカイ木製のツーウェイ・ステレオで昔流行った家具調ってやつ。今はアナログ・レコードを聴くのに使っているのだがPCのヘッドフォン出力をそのスピーカーに直接送ったところ、なんとも包み込まれるような優しい音が出てきて気分良くした。
STOP_

web拍手_履歴



2009年02月04日(水) No.2351 (DTM)
Comment(0) Trackback(0)

[1][2]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen