LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


カウント・ベイシー楽団。


 ほんとに何年振りだろうか、覚えていないほど久々のベイシー楽団、今日がその東京公演で確か9月頃にチケットを購入してあったもので、行ってきた。
 会場は都心赤坂のサントリーホールで、元来、クラシック専門の老舗コンサート会場だが近年は稀にジャズも。座席はビッグバンドを聴くのにちょうどよい前列10列目くらいだったが残念ながら中央よりではなく向かって右手45度くらいのところ。

click
  ♪抜けるような青空。

 感動は、・・特にない。
それじゃあんまりなので少し感じたことを記録すると、ベイシー楽団ってこんなに上品なオーケストラだったかとおどろいたのがまず一つ。メンバーの平均年齢が高そうというのは納得できるのだが、一曲目から実にソフィスティケーテッドなサウンドで、なーんかすぐ眠くなってしまった。Trpに元気のよいソロイストがいて進化したジャズらしい創意に富むアドリブを聴かせてくれた他に、耳を欹てたのは2曲ほどで、あとは居眠りしていた。ぜいたくなBGMだ。
 ジャズバンドは今の時代、コンサートにはふさわしくない、とおじさんは感じる、いや、これだけ楽しみにされている方々が居るのだから大きなお世話なのだが。若干の空席はあったものの興業として成り立つかぎりは続いてもいいか。ないものねだりはいけないね。

 もうひとつ、どうにも不快だったのがホールのPA、音響システムの調整、音響監督の耳を疑ってしまう。ひとつだけだが、ドラムをマイクで拾って拡声するのは良いとしてもスティックのリムショットの音だけが極端にスピーカーから出るものだからドラマーが左に居るにもかからわず、リムショットだけ右手のそでから聞こえてきて、だれかもう一人いるのかなと思わず探してしまった。この音の帯域のみアンプのゲインが突出しているせいだ。これは初歩的な検証不足だ。この規模のホールならマイクロフォンはソロイストのみにとか、あるいは一切なしにするとか少しは工夫するといいのに。音についていうなら生の良さはまるでなかった、残念。

click

 今まで気がつかなかったのだがホール入口の頭上にカラクリ仕掛けのチャイムがあって、開場時間になるとなにやらミュージックを奏でる。ホーンを鳴らすオルゴールもどきだが、お世辞にも妙なるとはいいがたいなぁ。パイプオルゴールというものらしい。
 もうひとつ前から不思議におもっていたことだがステージ後方に設けてある観客席というものはどういった意味合いがあるのか理解できない。無料で開放してるのかなぁ、どう考えても馬鹿げたことだ。

 今日の東京は良く晴れたビュティフル・サンデーだったのになにやら悲しげな語り口ばかりでつまんない。そうだ、プログラム中、後半にあったワン・オクロック・ジャンプだけはジャズの香りがしたが、それでも昔と違い汗のにおいはなくキレイなサウンドだったなぁ。昨今のジャズはなんせ、ギラギラとかガサガサしていないのが特徴だ、ハヤラナイということか。従順という言葉が頭をよぎる。称賛する方向であげるとすれば、サックスセクションの流れるような(うねるようなでない)きれいなsoli、トロンボンハーモニーのまろやかなこと、ひとえに各人の楽器演奏の精度の高さゆえだ。これならきっとシンフォニーだって出来る。



2007年12月16日(日) No.1450 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

ベニー・ゴルソン。


click

 今朝も朝から雲ひとつない冬型気圧配置で湘南は申し訳ないような良い天気だった。シゴトは延期になっているので今日は古いレコードを聴く、ベニー・ゴルソン・オーケストラだ。'62年の録音というから半世紀前のものだがメロディアスで騒さくないビーバップ・ジャズで当時は確か通俗的に過ぎると酷評されたアルバムだが大好きなのだ。なんせ参加メンバーがこれだけ凄いのにベニーの編曲と指揮はいかにもスインギーに心地よくやっているものだからジャズファンが怒るのも無理ないや、ピアノのビル・エバンスなどその面影もないバックを務めている。

click

 オーディオ・フィデリティ社によるこの原盤は当時最高の音響技術で録音されたもので、使用機材の詳細などもライナーノーツに記録されている。周波数16〜25,000Hzをカバーして200Wアンプでカッティングしたのだという。今聴いてもかなりクリアな音だ。愉快なのはトラック表記に間違いがあることで、おそらく増版はしなかったろうから現存するジャケットはみな間違っているのだろうな。

click


 長い間、聴いていなかったこともあって、とても新鮮な感じを覚えた。そしてハードバップからモード、アバンギャルド、フュージョンてな方向に行く前の各人が奇麗な和音の中で取っているアドリブがとても心地よく心和むひとときとなった。


 Google社から振込用のPINコードが郵送されてきた、といっても100$以上にならないと入金はされないのだが、現在のところ52$、なかなかクリックはしないものだ。トップページに書いてあるように100$になったら近くの小学校に図書券をと考えているが、いつになることやら、トホホ。
-----------------------
 書き終えた今日の記事を見て、レイアウトの無粋なことに唖然とした。20代のころ編集をしていたことがありページのレイアウトには随分と気を配ったものだったのに無造作過ぎるなぁ。



2007年12月06日(木) No.1431 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

ブラウニィー。


 今日は一日、デスクワークと決めて居てその間アナログ・レコードをかけておこうとセットしているさなか、電話があり急遽会えないかということで至って腰の軽い拙者は直ぐ出かける支度をし先方に伺った。唐突のことではあるが、まぁ切羽詰った内容のシゴトであり、なんとかしましょうということで帰宅、セットしてあったレコードを掛ける。選んであったのはいずれも'55〜'60年代のもので、クリフォード・ブラウン、コルトレーン、パウエルのもの。

click
秋、秋、秋、晩秋。。。

 聴きだすと、このクリフォード・ブラウンのストリングスをバックにしたナンバーがとてもBGMとしてはもったいなくしみじみと聴く羽目になってしまい、デスクワークがどっかに飛んでってしまった、だはぁ〜♪

 何回かこのブラウニィーのことは日記にしているが今日あらためて思い当たることがあった。それは拙者が少し、気分が沈みがちの時に聴くジャズメンは随分と限られているということ、チェット・ベイカー、ブラウニィー、パウエルの三人だ。これって単に個人の嗜好を述べて居るだけにすぎないか。

 どの演奏も楽器をあのように使えたらという羨望が先に立ってしまう、シトの本性は歌いたがりなんだと思う。演歌であれクラシックであれジャズであれ、歌いたいのだと、でなきゃカラオケなんざぁあれほど受け入れられるわけがないもの。でも楽器で歌うのは難しい事なんだよなぁ〜♪


2007年11月29日(木) No.1422 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

まったりと日曜日。


 雨模様のどんよりした雲がひろがる今日の日曜は家にこもってあれやこれやと時間を過ごす。そして音楽はやはりバド・パウエル、このところズゥ〜っと聴いている。処分しようとしていたカセット・テープにあった「Blues In The Closet」、幸いLPも残っていた。昔はLPを購入するとテープにコピーして四六時中聴いていたのだ。

click

 ジャズは不思議だ、今聴くパウエルは30年も前にのめりこんで居た時とはずいぶんと違った表情を感じ取れ、色褪せるどころが一層刺激的にさえ聞こえる。そういえばついこの間まで繰り返し聴いていたエリック・ドルフィーもチェット・ベイカーもバードそうであった。クラシックの名曲同様、この先時代を超えて聴き継がれるそれこそ「世界遺産」じゃぁないかと思ったりしている。

 処分といえば先週土曜日にパソコンがらみのメディア、フロッピーだのMOだのCDの類を30リットルのポリ袋に4っつも廃棄した。いやはやすごい量だ、タイトルを見るとN88BasicやMS-DOS3.1だのでのデータデスクがほとんどだ。ほんとにいつ作ったんだろうと思うくらいの数だ。もちろんシゴトがらみも一割くらいはあったが、あはっ。



click

 午後、冷蔵庫に先週漬け込んだ「〆サバ」があることに気づきあわてて取り出した。・・・ちょっと漬かり過ぎだが、まぁ食べられないこともない。改めて見ると結構大ぶりのものだったんだなぁ。側に写っているのは2月に札幌のスーパーで購入し、息子にからかわれた業務用(?)のチューブ入り練ワサビ、さすがに未だ使い切れていない。賞味期限はもちろん切れてるが拙者は一向に気にしない、それこそ自己責任で自分の味覚を信ずるのみだ。それよっか野菜が日持ちしないということを今頃知ったのが情けないわ。




 
♪〜タグの小技〜♪
 
 
 

 今日は時間がたっぷりあったのでhtmlタグの練習、いろいろ面白いことができるので飽きない。児戯と言われたってかまやしないさ、その通りだから。でも釣りだって音楽だってそうだよなぁ、遊びやせんと・・・・。


2007年11月11日(日) No.1390 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

ジャズ談義。


 今日は立冬ということだったが朝からカラッとしたまさに小春日和、昼から茅ヶ崎海岸へ出向き3時間ほどボラと戯れる。仕掛けと釣法がはまって良く掛かるのでいい運動になる。帰宅後、サーバー機のパケット・モニターをしてやろうと思ったところツールをすべて外していたことに気がつき改めてインストールする。Etherealも手軽なのだが拙者は昔からSapporoWorksさんのVISILが好きで、今回もそれを入れたのだがライセンスが有効だったのに感激してしまった。ずい分前にシェアウエアとしてわずか1,000円で購入したソフトだ。
XPはなんなく動いたがVistaはちょっと手間取った。どうやらWinPcapを動作させるのに権限の制約がきびしいようで、うまくマッチさせることでキャプチャーできるようになった、ふぅ〜♪


♪お店のほ〜むぺいじ

 そのあと、サイトのブログを見たところ昨日の記事に思いもかけず「KAMI」さんのコメントがあり、とてもうれしく拝見した。「KAMI」さんは埼玉県久喜市の『珈琲パウエル』の店主さんでジャズ鑑賞会なども精力的になされるそれこそジャズづくしのお方で、さすればこそ、その蘊蓄には拙者にとっても溜息が出るほど味わい深いものがあり、たまぁ〜にではあるが横から口を差しはさませていただいたりもする。我がサイトを立ち上げた頃にご訪問いただき、近くに行った時にはおいしいコーヒーを飲みに寄りますと言っていながら未だしなのが気にやまれる。

 ジャズに関するブログで拙者が良く訪問するのは4438milesさんの「Fのブルース」、dukeさんの「デューク・アドリブ帖」、Bassclefさんの「夢見るレコード」などなのだがどなたもジャズについては一家言あるくせもの(?)ぞろいで記事もさることながらコメントの応酬がじつに楽しいのだ。それにしても感心するのはホントに良く聴きこんでいるんだよなぁ〜♪

P.S----------------------
昨日の日記にはウソがあった。記事を修正しようかどうか迷ったが記録のためここに付け足しておくことに。

それは、
≪ 引っぱり出したジャケットのライナー・ノートに次なる一文があった。
曰く、
『これはブルースであり、ブルースとは何であるかという曲である。−−−つまり絶望した希望なのである。これはバドの感謝の念であり、バド自身がそう言うのをきけば、私たちは、バドとブッファマンに感謝しなければならぬ沢山のことがあることを思い知るのである。(デービッド・ホガース/訳・相澤史郎)』
うん、まさしく思い知る。≫

と云うくだり。

 言葉を良く知らない若かりし頃ならふんふんと耳に入る一文なのだが今ではごまかされない、はじめの一行だけで十分だ。以降の言葉はそれこそ取って附けたというか持って回った言い方とでもいうか意味の無い内容であるし、断定してはいけないことを言っている。天才の頭に感謝の念などというものがあるわけない、断言できる。創造する人間が聴き手に感謝することなどあり得ないことだし、そんなことを考える聴衆は傲慢に過ぎる。一日経ってあまりにも無難で当たり障りのない日記であることにやや腹を立て突っかかる、オサエテオサエテ。



2007年11月08日(木) No.1384 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

バド・パウエル。


 7:00起床、TVニュースを聞きながら再再度、釣り道具の整理に取り掛かる。なんでサッサと処分できないのかじれったい。大小のツールボックスなど合わせて12,3個もあってそれぞれにいろいろと狙いに応じた仕掛けやらなにやらが入っているのだが思いつきでその都度そろえたことが見え見え。これらをなんとか2,3個に集約しようとしているのだが捨てようか残そうか迷う迷う。

 民主党のゴタゴタといっては失敬だが、statesmanは本当にたいへんだ。要職にいる方々が一字一句の言葉を選んで話しているのを聞くとどうしてもヒヤヒヤしてしまう。昔からそうだったかなぁ、用心してというのは解らないでもないがたどたどしいとも云う、などと傍でぬかしている分にはいい気なもんだと滅入ってしまう。

 昼前に旧知の友から電話、昨日コールしたものの出なかったもので新しい番号を知らせていなかった為今日折り返しの確認だったようだ。用件は、なんのこたぁ無い、忘年会しようやという呑気なもの。現役時代の約束なのだ。一番年下の拙者が段取りをすることになっている。年だけは追いつけないんだよね。

click

 夜、急にジャズ・ピアノが聴きたくなりお気に入りの一枚、バド・パウエル・トリオ'64年のパリでの録音アルバム「姿なき檻」、じっくり聴くのは久し振りだ。

 中でもファースト・トラックの「Blues For Bouffemont」、超スロー・テンポのブルース・ナンバーだが何度聴いてもいいなぁ〜としか云えない。トリオを構成している他の二人、ベースとドラムもパウエルのピアノを際立たせるようなプレイで実に好ましく思える。格闘技のような演奏も刺激的で良いのだが時には一音一音噛みしめて聴くのは得も云えぬひと時となる。この天才にしてからに内面の不幸というのは何だったのかとあらぬ妄想を頭に描く。

 引っぱり出したジャケットのライナー・ノートに次なる一文があった。
曰く、
『これはブルースであり、ブルースとは何であるかという曲である。−−−つまり絶望した希望なのである。これはバドの感謝の念であり、バド自身がそう言うのをきけば、私たちは、バドとブッファマンに感謝しなければならぬ沢山のことがあることを思い知るのである。(デービッド・ホガース/訳・相澤史郎)』

うん、まさしく思い知る。

 数いるモダンジャズ・ピアニストでなんでバドか、つらつら考えるに音楽の三大要素といわれるうちの和声を完璧に我がものとして、その上に己のハーモニーを構築していることにあると思う。60年代にはその窮屈さと繰り返しの陳腐さ加減からやたら脱線していったジャズとは異なり平均率が確立した後の西洋音楽のセオリに則りおそらく悪戦苦闘したのだろうなと、穿った見方をしてしまうのだが、40年経っても色褪せないその演奏はクラシック・ジャズというにふさわしい。あのころモードだプログレッシブだ、やれフリー・ジャズだのフュージョンだのといろいろなスタイルが出現して、それはそれで新鮮でインパクトもあったのだが、個人的に言うと、飽きるの一言につきるのだ。

 あぁ〜、もう夜も更けてきた。時間が早くながれる。
明日はちょっと整理したツール・ボックスを持って海へ行こう。


2007年11月07日(水) No.1381 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

知らなかったなぁ〜♪


世の中のミュージシャン全ての演奏を聴く事など出来るはずもないのだが今日初めて知ったプレイヤーが居た。相当前から活動していたようだがその時期にはジャズや音楽にとんと接していなかったせいだろうがこんなにパワフルでハートフルなトロンボニストというよりジャズマンがいるなんて、世界はやはり広いなぁ。動画サイト「YouTube.com」のおかげで一気に見聞が広まった思いがする。音楽のスタイルやジャンルはどうでもいいのだ、この音色や唄い方にジャズの根っこの部分を感じて止まない、近頃の言葉で言うと癒される、アハッ、この言葉、初めて使った。
スエーデンの音楽一家、カーリングファミリィというバンド。姉妹ともにトロンボニストで、姉はピアノ、金髪の妹がスターでもあるようでバグパイプも達者で実にブルージィーな演奏をしていてそのアメイジング・グレイスなどはまさに引き込まれるように聴き入ってしまった。楽器はいいよなぁ、演奏している限り自由があるもの。早く歯の治療が終わらないかな、筋トレ兼ねて管楽器再挑戦だぁ〜♪。



2007年10月07日(日) No.1321 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen