LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ユドゥ ビィ ソゥ ナイス、シャバダバダ。


 雨続きでアウト・ドア遊びはままならぬが頭の中がジャズモードに溢れいろいろと忙しい。新しいソフトであの「Milestones」を入力始めたのだが、すぐに今の音源再生環境やらPCとTVの接続設定やらに目が行ってしまい、中断してしまう。さらに、いつもお邪魔するジャズ・ブログ「デューク・アドリブ帖」の今週の話題がコール・ポーターの名曲、「You'd Be So Nice To Come Home To」で記事とコメントを楽しく読ませていただいていたのだが、当ブログにもコメント下さるイムクさんの言でチェット・ベーカーがこの歌をインストではなく、唄ったものがないと聞き及び、へぇ〜〜〜っと驚いてしまったのだ。そしてこの曲をどんな方々が歌ったり演奏しているのかに興味が湧き世界中の巨大ポータルサイトを隈なく探し回る羽目に陥ってしまった。

 さすが名曲、ジャズ・スタンダードの中でも抜きんでて好まれるだけあってほとんどの有名プレイヤーやシンガーがアルバムに残しているものだから際限がない。危険を承知で海外の音楽サイトなども探ったのだが、ホントに多種多様な演奏と歌があった。さらには題名の名移(意)訳としても名高いところから、この「You'd be so nice」についてありとあらゆる辞書を読みまくることになり、なるほどと、「You would」というのは日本語には無い観念なのだと再確認する始末。興味深かったのは「You'd Be So Nice To Come Home To」をYahoo翻訳に掛けると「帰ってくれたらうれしいわ」となること。Excite翻訳ではカタカナで音読みが出る、忙しいなどといったらバチがあたる、ヒマだねぇ。

♪〜大紀町錦漁港の空と海。大画面で眺めると
ホントに気分が良くなる。

♪これはXPに入っていた「フォト・ストーリィ3」で編集。



 そんな中、この音源はどこかの動画サイトにアップされて、どう聴いてもチェット・ベイカーの演奏に聞こえる演奏であり、日本の静岡県の方から発信されていたもののだが、DTMかも知れないなぁと思いつつ、それでもひょっとして実際の演奏録音かも知れないと他をさがしたのだが、どこにもない。もしDTMでの作品だとしたら拙者が今まで耳にしたものの中では最高だと感じた。そんなこんなで時間潰しにこの正月に足しげく通った紀伊の錦漁港の画像をフォト・ストーリー風に編集して遊んでいた。

 青い空と海、画像を見てるだけでも晴れ晴れするというのが実にノー天気でお気楽なしとではある、ぎゃはは。
STOP_追記。
いやはや、この音源でアルトにからんで出てくるのはてっきりバルブ・トロンボーンと思いこみ、しゃかりきになって探し回ったところ、どうやらCTIレーベルでのジム・ホールの'75年のアルバム『アランフェス協奏曲』の一曲目らしいと見当をつけたのだがレコード・CDを持っていないので間違いなくとは言い切れない、確証を得たいところだ。そして、上のビデオ・クリップに埋め込んだ音源のあったサイトを再度探し出したのがこちらであった。CDはこっち
 このアルバムでのYou'd be so niceは最初に見つけてあったのだが肝心のブルックメイヤー(と思っていた)の名がないので却下していたのだ。しかしTrbならもう少し音域が低いし、こりゃぁフリューゲルホーンだ、聞き違えるなんて聴感覚も劣化するのかなぁ。フレーズはブルックメイヤーそっくりだった。最初見つけたのは別なサイトだったが、こちらが本家のようだ。
 それにしてもユドゥビィソナイスとチェットで有に10時間近くも翻弄されてしまった、ふぅぅぅ〜♪。

web拍手_履歴




2009年01月30日(金) No.2335 (ジャズ)
Comment(4) Trackback(0)

あと、11日。


My Favorite Place

 お日さまがたっぷり入りこむ部屋にいると、あくせく外に遊びにゆくのもツマンナイと思ったりする。今朝はのんびりと9時に起床、じき電話があり昨日のDVDラベルの事だったが、もう送ってありますよ〜と言ったところ、とても喜んでくれた。プチ一日一善、あはっ。
 明るい日差しを見て、これは洗濯だなと2か月ぶりに下着と靴下を。ブログで調べるとホントにこの位のペースでしか洗濯なるものをしていない。普通の基準でいうとどうなんだろうかと思うがワイシャツなどはあまり着なくなったせいで半年も前にクリーニングに出したものがほとんどそのまま残っている。

 年末につきものの大掃除、今年はお正月に居ないしと横着を決め込むこととした。それよっか、年賀状の宛名書きが出来ていない。あわわ、今日と明日しかないというのに、今晩は徹夜になりそうだ。
STOP_スパムメールの大量発生、今週の月、火曜日だけだったようで水曜日以降は以前の件数まで落ちている、といっても毎分0.4件くらいの頻度で煩わしいことには変わりない。

web拍手_履歴



2008年12月20日(土) No.2218 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

ロング・トーン。。


 早朝6時頃目覚めて、あぁ〜今日は水曜日、燃えるゴミの日だと気付きパジャマにコートを羽織ってえっちらおっちらと2週間分の袋を捨てに行く。生ゴミはどうしても臭いが出るので我慢できないから。あまり調理もしないせいか量は少ない。この頃思うのは廃プラゴミの多さで、部屋のゴミ箱もその方が4倍くらい多く出る。外はまだ暗いし目新しいニュースもないしと再びぬくぬくした布団に潜り込んでメールチェック、心持ちジャンクメールが減少傾向にあるのだがそれでもジャンク・フォルダに一日500件からの着信がある。半数は海外からで残りは国内のいわゆる出会い系サイトがらみのもの、一時期解析などして遊んでもいたが所詮ネットの匿名性を利用したありえない内容のものばかりで食傷気味だ。ときおりウイルスが蔓延するのか拙者のアドレスを詐称したジャンク・メールが一斉に出回ったりしてびっくりする。海外からのジャンク・メールで圧倒的に多いのは薬品がらみの呼び込みで、これはインターネットが始まった時からのことなのだがひょっとしてケミカリストはPC使いの先駆者だったのかも知らん。

 2度寝のあと起きたのはもう午後の2時、たしか天気予報では曇りのはずがあにはからんや良く晴れた青空が広がっていた。出かけようかと迷っているうちに、あっという間に夕方近くなってしまいあきらめる、光陰矢のごとし、グダグダ状態は相変わらずだ。

click

 そんな中、目にとまった我が愛器、キングのテナー・トロンボーン、model-3B、歯も定着したことだしとロング・トーンに挑戦してみた。

一定のピッチでの音を出すのが楽器演奏の基礎であるからしてこれは管楽器に欠かせない訓練なのだ。あはっ、中低音のFで30秒弱しか続かない。

強靭な意志を持って毎日数時間もやりゃぁ半年もすると多分倍以上になるかなぁ。如何せん楽器奏者の名には当たらぬ気紛れモンではある。

しかし無心に音を出しているとあっという間に時間が過ぎる。もうすこし練習すればひょっとして多重録音でアンサンブルを楽しめるかも知れないなぁと希望を持つ。


♪〜いい音を出したいなぁ。

La source de la vie est espoir.


click STOP_

web拍手_履歴



2008年11月26日(水) No.2155 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

フラー週間。


click

 今週は願ってもない好天続きだったのになんとも引きこもりがちの一週間ではあった。これは一つに我が愛するTrbプレイヤー、カーティス・フラーの再発見というか、彼の作品を片っ端から聴き直して浸っていたこともある。
 彼は22歳でメジャー・デビューして立て続けにアルバムを発表して一躍ジャズトロンボーンの寵児となったのだが、その頃の演奏を今聴いてもそれは納得が出来る。多くのジャズファンが彼の演奏、音を温かいと感じているのが良く解る。これはクリフォード・ブラウンなどと同じで天賦の才能としか思えない。20代の若さでこんなハートフルな演奏をしちゃうとその先、大変だなぁと余計な心配をしたり、ブラウニーもまさしく天賦の才と感じるのだが、おそらくこういう事は学んだり修練では出てこない味のようにも、今は思う。そういった点から考えると偶然なんて失敬な事を考えたり、いや、これはヤッカミになっちゃうか。
 今にしてようやくそんな音楽を、あたかも大自然の心に沁み入る風景同様に受け入れられる事に気が付いた、ノー天気ではあるが幸せな事でもある。

♪〜「The Magnificent Trombone of Curtis Fuller」から
『I Loves You Porgy』の一部。

♪〜CDの紹介ですぅ。

STOP_夕べ、埼玉県の「珈琲パウエル」サイト掲示板でニール・ヘフティさんの訃報を知り、あのブラウニーの「With Strings」を取り出ししみじみと聴き入り、他の音源を探している内になぜかサミー・ネスティコさんとごっちゃになってしまい訳分かんなくなってしまった。どちらもローリング・トゥエンティ生まれの作編曲家ということで混乱してしまったようだ。これをもってボケてきたなどとは決して思わない、ぐふぅ〜。

web拍手_履歴



2008年10月18日(土) No.2041 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

カーティス・フラー。


click

 今日はdukeさんとこのblogで取り上げられていたフラーのアルバム、「BLUESette」のこと、拙者は持っていないのだ。あれれとばかり探して見たのだがナイ、あまりにも良く目にするジャケットの絵柄なので持っているとばかり思い込んでいたようなのだが、なんとシアワセなしとであること。この中の「Five Spot After Dark」が特に好きでサイトを始めた時にうろ覚えのリフをDTMで作りトップページのBGMにしたくらいなのだが、30年以上も経てそっくり記憶に残っていたということが驚きであった。

 それでフラーのアルバムが何枚あるのかと調べたところリーダーアルバムがわずか3枚、ゴルソンに付き合っているのが3枚、メッセンジャーズにいたっては1枚しか無かった。好きというにはちと少ないなぁ。その中で一番思い出があるのが米インパルス・レーベルでの「Soul Trombone」、発売直後の輸入盤を有楽町のレコード店で見つけ大喜びして買ったことを覚えているのだが、今日出してみると、あろうことか、白いカビがうっすらとかかっていた、あわわっ。dukeさんのおかげで思わぬお手入れが叶ったという次第。

 考えてみりゃ、あの頃はアルバムを通して聴くことが少なかったし、たいていテープに録音して聴いていたようにも思う。そのせいかスクラッチ・ノイズはほとんど増えていないというのがメッケモンである。

 アルバムタイトルの「BLUES ette」、接尾語のetteは小さいとか可愛いの他に「〜もどき」の意味もあってブルース・フィーリング溢れる彼がタイトルにしたというのが、いかにも洒落ていると感じたものだ。なんせ、ひねくれてたから。



♪〜入力した時には題名もあやしかった。





STOP

web拍手_履歴



2008年10月12日(日) No.2027 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

音楽三昧。


click

 鬱々としていたはずなのに今朝は起きてからやたらアクティブになっていて戸惑う。次々と身の回りの雑事をこなすと同時にPCのプレイ・リストにお気に入りのピアノ曲を羅列して一日中流していた。このピアノという楽器は実に奥の深いものだなぁと思うことしきりなのだが、NHKで放映している「スーパーピアノレッスン」などを観たときあらためてそれを感じる。まぁ、教えられて出来る芸術などたかが知れているわいと思う反面、そこから突き抜けるだれかが居ると考えるとまんざら捨てたものでもない。なんといっても格調の高さは半端じゃない、歴史の重みなんだろうなぁ。その点、ジャズやポップスは気楽で肩がこらない楽しさがある。

 先日、日本コロンビア社長のインタビューを目にし、この90年間に蓄積した10万曲もの楽曲のオン・デマンド配信について語られていた。今の時代、どうやら作者のアルバムを求めるというより一曲一曲個別に選ばれることが主流になりつつあるようだと言っていたが、確かにそう思う。

 今日はmp3の編集ソフトをあれこれ探して試してみた。多くのものはフリーソフトとして公開されていて、その志が極めて先進的なことと強く思う。ぬきんでた頭脳を万民のために解放しているようで気持ちが良い。

♪〜疾走感がある時はこんな曲がイイ。

練習曲の良さはそのメカニカルな美しさ、左脳人間にはぴったりくる。

STOP_このところチャイナからのクローラーの勢いが猛烈に押し寄せている。動的なページを含め音源ファイルから画像まで全てをダウンロードしている。まぁ別に困ることではないのだが一回にしてほしいものだ。中国といえばこの11月に封切られるというジョン・ウー監督の大スペクタクル映画「red cliff」、たのしみにしている。どちらかというとその三国志の時代より以前の春秋の頃の出来事に惹かれるのだが善悪の規範が2000年も前に確立していていまだしとは悪事に精を出すというのが面白い、とでも思わなきゃ生きてはいけない。

web拍手_履歴




2008年10月08日(水) No.2008 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

楽器の楽しみ。


click

 今日はしばらく遠ざかっていた楽器に触れ音を出して遊んでいたのだが、だんだんと欲が出てきて、そうだ、マイナス・ワンの教材が残っているかも知れないとごそごそ探し、見つけ出したのはもう半世紀も前の教材で楽譜とコンパクトLPという7インチのレコード盤付のものだ。表紙の補修テープもはがれボロボロだが音は出た。スイングジャズでは名をはせたJ.Hillさんの作編曲でお手本の演奏はBuddy Marrowさんだ。当時モダンジャズにとりつかれ、遡って中世のポリフォニーから黒人霊歌まで実に広範囲に何か足しにならないかと探し求めたものだがジャズに関して国内ではこれはというものがなく、こういったスイングジャズでもそのノリの違いにどうしようもない憧れを持ったのをまざまざと思いだす。
 今聴いても、やっぱ、スイングしなけりゃ意味がないと。口直しには8ビートも好いんだけれどね、ぎゃはは。
ダサイなんて言葉が当時あればまさに我らの発する音がそうであったなぁとつい遠い目になってしまう。

♪〜その中から一曲、Blues for Trombones〜



STOP_

web拍手_履歴



2008年09月28日(日) No.1976 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen