LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


どしゃぶりの雨の後。


今日は久しぶりのどしゃぶりの雨だった。しかし高速道路を走っている間だけで下りると止みだしてきて到着したときには、初夏を感じさせる良い天気になっていた。前記事に書いたようなアドレナリン大量放出のような行動の後なのでどうなることかと思っていたが、異変は感じられない。一日を終え帰宅後
日課になりつつあるRSSリーダーを立ち上げ拾い読み。その中に「4438miles」さんの久々の新着記事を読み、感激した。こういう内容の話はだれとでも出来ないもの。この調子だと先行き明るいのかなぁ。僅かではあるが光明が見えてきたかな。それにしても楽器をやる人がつくずく羨ましく思える。演奏の良し悪しや出来不出来は関係なく、本人の心を託せるものだから。と、早速ギターのほこりを掃除しのチューニングをした。
2006年04月20日(木) No.97 (ジャズ)
Comment(2) Trackback(0)

好きな曲


click

このところすっかりリッスン・モード。で、モードといえばマイルスの「All Blues」。ハイテンポ・4ビートのごりごり演る曲も良いのだが、自分はなんと言ってもゆったりとしたテンポでのジャズ・ワルツのほうしっくりと心に入ってくる。そして昨日の記事にも書いたチェット・ベイカーのラスト・コンサートでの「All Blues」。発売当時にチラッと耳にしたときはマイルスの物まねにしか聴こえてこなかったのだが、今聴くとまるで違う。比べるものではないが、音に潜む情念というかくるおしさは、マイルス以上と。やはり人には年月を経無いと備わらない情感というのがあるのだなと一人ごち。
2006年04月16日(日) No.93 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

音源


click

ずいぶん前からお気に入りに登録してたまに聞いていたチェット・ベイカー(Tp,Voc)の「My Funny Valentine」とサイト。大好きな曲の一つで、1988年4月ドイツ公演の時の演奏。デビュー当時からあの甘い声とTpの音色に哀愁が漂うミュージシャンだった。最近暇さえあれば聴いている。なんて哀しい音楽なんだろう。今、巷では楽器演奏がブームとTVで取り上げられていた。しかも吹奏楽や映画「スイング・ガールズ」の影響か管楽器(特にSax)が大人気だとのこと。つい興味があって見てしまうのだが、自分の思う音楽とは違うという先入観つきまとい。喜ぶべきところを、音楽は人それぞれ、何でも好きと公言しているのになんと心の狭いこと。
CDはこちらで。
2006年04月15日(土) No.90 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

バード


click

ジャズファンならだれもが認めるチャーリー・パーカー。そのアド・リブはそれまでのノー天気なジャズをすっかりある種高尚な音楽にしてしまったと思う。絶好調のときの、あの湧き出てくるフレーズの連続は驚異的だ。大前提に楽器を自由自在に操れなければ出来ないことなので、その点でほとんどの演奏者は別な表現を模索する。楽器を自由自在に出来るというのは演奏者の永遠の課題である。アマチュア音楽家が程ほどを楽しむということが如何に大切なことかとつくずく考える。
2006年04月11日(火) No.86 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

ヤマハ・プレイヤーズ王国


今日の日曜日は久々に「プレ王」なるサイトめぐりをした。
自分でコミュニティーを作っていて、くる人などいるのかなーと半信半疑であったが、現在お二方の参加で計3人。自分以外は当然若い音楽大好き人間である。皆楽器をやっていて、その活動を見るにつけ、ちょっと羨ましくも思う。
+++[108133]++[728]+++
2006年04月09日(日) No.84 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

老兵は。。


click

鬱々とした、日曜日、最近よく行き来しているzacさんからマクリーンの訃報を知らされる。享年74歳。'93年頃から病に伏していたとは聞いていたが最近、ロリンズと組んで活動するやにも聞いていたのだが、老兵は去り行くのみ。。。合掌。
2006年04月02日(日) No.74 (ジャズ)
Comment(1) Trackback(0)

思い出したように、また昼食。


click

金曜日の日記に書くつもりで撮った写真、このところ写真の解像度、分解能、品質、描画についてのあれこれを調べまくっているのだが、これはこれで随分奥行きの深い技術が必要なんだとため息をついている。先週は会社でのデスクワークが多く続けて昼時には近くのお店となったのだが、この日はこじんまりとした焼肉店。昔は、夜食や飲み会で随分とお世話になっていた所だがこの頃は月に1〜2度のお昼ごはんを食べに来るだけになってしまった。注文品も毎回「カルビ定食」なる一品しか頼まない。昼間っから「おろしニンニク」などたっぷり食し、まぁはた迷惑このうえないのだろうが、かまやしないさ。で、これにコーヒーが出て千円はリーズナブルと思っている。写真のことだが、以前からやろうとしていることは、安手のコンパクト・デジカメで撮った5MPxの画像を光学的に縮小して高密度表示させたいということなのだが、何通りかの方法が見つかり、かなり目的は達成されているようにも思うが、自分としては何がどうしてどうなったのかが理路整然としていなければ面白くない。なんとも因果な性分ではある。
2006年03月26日(日) No.47 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18][19] [20] [21]
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen