LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


神前湾・吉津漁港。


 今朝は5時半に目覚めるも起きられず一時間ほど二度寝の後、今日は行くといっていた弟を拾って目指すは南伊勢・神前湾。予報では昨日より暖かくなるといっていたが朝方は4℃くらい、風は弱く冷たい感じでもないので期待が膨らむ。

 今回は二人とも同じような浮釣りでグレ釣りなので、玉城インター出口の餌屋さんで撒き餌と付け餌を仕込む。撒き餌の配合も自然と役割分担が出来ていて実に手際が良くなり、あっという間に出来上がる・・なぁ〜んてつまんないことを考えながらすっかり日が昇った吉津漁港の防波堤の拙者の定位置には先に釣り人がいて、舎弟と並んで隣に陣取る。

 撒き餌を入れ、海中を上からのぞき見ると、次第にいろいろな小魚が寄ってくる。時折チラッと大きなものも見てとれ少しドキドキする。竿を出すまでの準備をするのが一仕事、今日は釣りに専念集中するぞと釣り座の回りの環境整備を入念に行った、まさに大風呂敷を広げてのご開帳といったところ。

 先に竿を出していた弟が良型25cmの太いグレを上げ、ちらりと横目で見て少し焦るも、いや今日は何故か釣れる気配が感じるのでそぶりにも出さなかった、ハズ。

 中潮の丁度あげいっぱいの時合いであったが水温は13℃と低いにもかからわず、コマセを追う小魚の動きが良い。2ヒロのタナから始めてすぐに大型・小型の海タナゴが釣れ出し木っ端グレも混じりだして直き、小さな当たりを軽く合わせた所、大きな引き込みで先日の轍を踏まぬように手をいっぱい沖に突き出しが岸壁に寄らぬよう巻き上げる。水面まで浮かして重さを感じるととても0.8号の道糸では抜きあげられぬとタモを使い、27cmの大きなグレを手にしてにんまり。

 9時頃には、先に来ていたダンゴ釣りのベテラン釣り師が今日はアカンと帰られたので、そちらに移動、大所帯ゆえこれまた大仕事だ、あはは。10メートルほど動いただけだが太陽の方向で浮きの見え方がずいぶん違うので、ますます意気盛んな感じとなり、タナをすこしづづ上げてゆくも立て続けに20cm〜25cmクラスの良型グレが掛りだし、作戦成功を確信する。なんせ当たりが微妙というより浮きを動かさずに餌を食べてしまうのだ。ちなみに仕掛けをバラスと通し0.8号ハリスに7号細地グレバリ、0.5号中錘に自作の遊動式クジャク羽根の棒浮、極小ガン玉を針上8cmに打ち、餌は不凍タイプの沖アミMサイズを小さく千切って付けるのだ。あと餌のタイプをボイル、生、加工物と変えて行くのも効果的に感じる。なんせこの時期、防波堤のグレはめったなことで針に付いた餌を吸い込まない、食わえて走るなんてのは100回に一度くらいというのが・・・拙者の観察日記にあるっ。

 と、テンション高めの昼過ぎ頃だったか、拙者達の後ろの港内側でサビキ釣りをしていた馴染みの仲良し夫婦の奥さんが大きな声をあげて引き揚げたのが沖釣りでもめったに出ないような大きなマアジ、驚いたねぇ〜。このサイズのアジは水深50m〜130mくらいに居るものだが、なんらかの拍子に港内に入ってきたのだろうね、その後も立て続け合計10本以上も掛っていた。群れが入って来ていたようだが、10年来通ってきていて初めてだと言っていた。旦那のほうも顔なじみでカマス釣りの名人クラス、我らと同じ津市内からだと言っていたがあまり凄いすごいと言ったせいか帰りしなに、良かったら一本あげますよとおっしゃるのでずいずうしくもありがたく頂戴したのだ。旦那の方も大漁だったようでクーラーがいっぱい、ついでにカマスも一本どうぞと、これまたありがたく頂く。

 弟宅にフランチャイズ本部から試食用のお弁当が来ているので夕食にそれを食べてみてくれないかと言うので久しぶりだしと上がって食す。電子レンジで温めるタイプの二層式お弁当で「つゆだく牛丼」なるものを頂いたのだが良く出来てるなぁと感心した。日ごろはまず敬遠する牛丼だが、これは脂味にクセがなく美味しく食べられたのだ。よほど研究したんだろうなぁ。

 ともかく、そんなこんだで今日は面白かったねぇ〜。良型グレ10枚を昆布〆とフライ用に、活かしバケツには小さなスズメダイとヘダイの幼魚と子メジナを一尾づつ入れあとは放流、数えきれないくらいだっ。その上、いただき物の大アジとカマスまで。帰宅後眠いのを我慢して魚を捌き、さらに水族館の手入れまでして手がすっかりふやけてしまうほどだった。STOP

web拍手_履歴





 

 

 
2010年01月20日(水) No.3120 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen