LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


単独行。


click

 昨夜一応メール送った舎弟が珍しくも本業の都合で時間が取れないと言うので独善敢行の南伊勢もうで、早朝4時に起きせっせとお握りなんぞを作り準備万端整えていざ出発、神前浦・吉津漁港に向かう。すっかり寒くなり気温は8℃まで下がって山中は濃霧だ。いつものことで、海に近づくと抜けるような秋空が広がりそれこそ晴々とした気分になる。


click

 神前浦の手前、堤防が工事中の贄浦漁港に寄ってみると漁港中央部の網干し場で竿を出しているので広々としたそこで練り餌作りや道具の整理などをして様子を見たのだが、肝心の海はというと単に直感なのだが魚影が濃いとはどうしても思えないのでやはり吉津漁港で釣ることにしてそこを離れる。

 吉津漁港の赤灯台堤防、祭日とはいえ釣り人も数人、お気に入りのポイントに釣り座を構え12尺の1号細竿で紀州仕掛けのグレ釣り開始だ。北西の風が意外と強かったが背中に受ける形なので左程気にならず、切れ間なく中小サイズのグレが釣れ続く。

 今日は仕掛けをほとんど替えず、1.5号浮きに中錘1号程度を入れ、チヌ針2号・ハリス1.5号30cm、がん玉を針上10cmに打ち、餌はボイルと生のオキアミ、煉りえ、海苔、休憩時にタナボタを期してチヌ向けにコーン、サナギ、押し麦と多彩だ。ヘラブナ釣りの要領で煉りえで釣ると当たりを取るのがとても面白く、大型が掛かる率も大きいので楽しめる。

 もっとも喰いの良いオキアミ餌の時は煉りえで団子に包み下まで一気に下すのだがここは水深が7.5m〜9mもあり今日は海水が澄んでいて海底の様子がおぼろげに見え、大きな平岩が敷き詰められたような場所で岩の隙間まいたるところに連続してありそこに落ち込まないようにタナ取りすると比較的大きなグレが掛かるという按配なのだ。

 半数以上は海に戻していたがスカリに入れた分だけでもずっしりとなった頃日も暮れだしたのであぁ面白かったと大満足でお仕舞いにする。25cm以上の3枚だけ〆て頭と腹を落としクーラーボックスに確保した。

 さぁ帰ろうかなと思って車中から港内の岸壁をと見ると何人かが電気ウキを飛ばして夜釣りをやっている。あれだけ長時間釣りしてたのにむくむくと釣キチ魂が蒸し返し早速準備して結局その後夜中の10時頃までやってしまったが結果は小さなメバルと小あじが一尾づつと散々たるもの。

 天気予報を見ると明日も日中は穏やかな秋の日が続くとあり、ならばこのまま居続けてやれと思ったのだが夕食がまだだ。お昼は持参のオムスビで済ませていたがさてどうしたものかと携帯で検索したところ20kmほど離れた紀伊長島に24H営業のコンビニが一軒みつかったので早速向かったのだが港を出てすぐに中華食堂がのれんを出していてシメタとそこに飛び込む。メニューも豊富で灰皿もあり明るい感じの店だったのは幸いだった。サービスメニューというラーメンとチャーハン、サラダなんかのセットを注文しいてカウンターにあった中日新聞などに目を通すも奇妙な記事しかないことに驚くばかりだ。特に1000台も携帯電話を買ったというマニアっぽい評論家の「子供には禁止するより教えるほうが大切」という論調、世界に通用する人間となるためには幼児期からの英語教育が大切などと同じく知的・文化的とはもっともかけ離れた視点なのだ。
STOP

web拍手_履歴





2009年11月23日(月) No.3009 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen