LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


阿曽浦。


click

 今朝は3時半起床、揃えてあった道具一式を積み込み舎弟を同行して南伊勢町、贄浦の隣の阿曽浦に向かう。

 そこの磯渡しの「とせん丸」さんで近場の磯に渡してもらい一日磯釣りをしたのだ。絶好の気圧配置でこれ以上はないという釣り日和、しかし太平洋にある熱帯性低気圧の影響でややうねりがあるので海上では注意が必要だという。

出船が6時ということでまだ暗い4時に伊勢道に上がり玉城インターで降りすぐ側の釣り餌屋で餌と撒き餌の調合をして港には丁度出船15分前に到着、じき現れた若い船長に磯の説明を聞く。

click

 こちとら、足元がおぼつかぬゆえ出来るだけ平坦で安全な磯でしかもたくさん釣れるところが好いと勝手な注文をしたのだが、大丈夫、いいところがありますからと心強いお返事で期待に胸膨らます。

 やはり湾内にもうねりが相当入ってきているものの危険というほどでなかったのは良かった。最初に低めの小さな磯に一度道具一式を上げた後、船長が突然気が変わったのか、別な磯にすると言って場所替え、こんどは広くより大きな磯に乗っかる。あっ、磯の名前を聞き忘れたな。

 弟が言うには船長が兄貴の出で立ちと道具を見て、より安全で平らな所が好いと考えたのに違いないという。確かによく見受けるベテランの磯釣りマンの格好とは少し違うし雨合羽や上着を入れたビニールバッグなどは真っ白で半透明のスーツカバーかなんかの流用で、改めてみると渡船の中では浮いて見えなくもないなぁ、ぎゃはは。

click

 周囲ぐるりが好ポイントといった感じのワクワクしてしまうような磯で、なんといっても海の色がすばらしい。足元から切り立った海中は釣りの合間に測ってみるとなんと12m以上もあるのだ。すこし離れて沈み根が点在すると言っていたからかなり起伏に富む海底が想像される。

 釣果のほうはというと、20cmほどの木っ端グレがほとんど入れ掛かりといった按配でたまにイスズミやベラ、ブダイといったところで大物は出なかったが、撒き餌に群がる魚を見るのは楽しい。12時半には仕舞いにし迎えを待ち無事帰港、面白かったなぁ。


 帰路、拙者が最高の天気だと何べんも言うのを聞き弟いわく、兄貴は今年に入ってもう10回位はそういってるよと笑っていったが、そういやぁそうだな、だはは。

click

 30年ぶりに引っ張り出した磯釣りい用のスパイク・シューズ、古風な布製の丈夫なもので、使えるか危ぶんだものだがしっかりと磯石を掴み良かったのだが、平坦とはいえ足場は全てごつごつとした岩なので足首のくたびれること半端じゃない。磯釣りはかなり体力を消耗するらしく、夕方帰宅後に入浴した後はバッタリと寝入ってしまった。まぁ、心地よい疲れではあった、かな。

STOP_

web拍手_履歴




2009年09月25日(金) No.2890 (ブログ::ビオトープ::釣り・海水槽。)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen