LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


ご近所探訪。


click

 台風の影響で風が強いので釣りには向かぬがそれにしても良い天気だ。気温も湿度も快適そのもの、辛抱堪らず昼過ぎ午後3時頃に近くの海を見に行った。

 まだ土地勘のあろうはずもなく、ナビを頼りに海岸沿いの道路を行ったのだが4キロほどで津市の名前の由来でもある安濃川河口にたどり着き護岸沿いの遊歩道を散策、伊勢湾に注ぐ二級河川、安濃川の様子を見て回った。河口の風景はどこも似たり寄ったりとはいえ、人影もまばらで広々とした光景は大好きだ。

click

 このあたりは古来、洪水や台風の被害が多く、江戸時代初期の実力藩主・藤堂高虎の卓越した治水事業で護岸整備がなされたやにも聞き及ぶがもちろん現在のコンクリートの護岸は近年のものだろうが案外低いもので大きな津波や高波が来た日にゃ付近一帯水没は免れないが、それは地の理というものだろうゆえ民家など無いし静かなもんだ。

click

 もちろんこの強風下、釣り人の姿はどこにもないが強い日差しにきらめく川面にセイゴがぴんぴんと跳ね上がるのを見てわくわくしてしまう。帰ってからこの川についての情報を探ったところ上流、といってもほんの十数キロでアマゴが釣れるとあった。海もいいけど渓流釣りも捨てがたい魅力があってそちらの探検もしてやろうと意気込む、あれもこれもと欲張りだ。

click

 川の水はというとキレイとは言い難いが全国的にこんなもんかなと、ただ川辺に寄せ付けられていたゴミや泡を見る限り下水処理の一層の改善がいるなぁと感じた、高虎がいりゃ5年でやっつけるだろうな。
STOP_

web拍手_履歴



2009年09月19日(土) No.2875 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen