LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


時には・・・。


 先日来、首都圏脱出に向けて具体的な働きかけを始めたこともあり日々の行動がかなりアクティブになっている。遊びにしても昨日などはあれほど長時間を海辺でなどと、少しは歳を考えろよとも思わないでもないが、案の定、今日は午後2時半まで12時間も熟睡していたのだ。今週はもうどこにも出ないと決め午後は見つかったカーティス・フラーのアルバムをしみじみと聴く。サイトも6年目を迎えちっとは新作をとも考えるのだが、音楽は聴く方がよほど心地よいのでしゃぁないね。その快感をしのぐほどの衝動が無きゃオタマジャクシは並べられない。

♪〜wikiから。多くのバリエーションがある。
click

 で、フラーの演奏で以前はあまり気に留めていなかった黒人霊歌を採り上げた一曲、このベースとのデュオに甚く心惹かれ繰り返し聴いていた。題名の「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」というのに引っかかり、あるいは自分の幼児体験にも関係するのかなぁとぼんやりと想いを馳せていた。
 幸いにというか物心付くころまでは両親に育てられた拙者ではあるがここ半年ほど3歳年下の弟と昔話をしていて、なぜか自分には病弱だった母親の記憶が希薄であることに不思議な感覚を覚えたものだが、かといってこの霊歌にあるMotherlessChildというのは奴隷制度の頃に商品として否応なしに母親から引き離された黒人の哀しさを詠っているのでそう易々と共感するのもおこがましいと思ったり、でも良くカウンセリングなどでステレオタイプ的に性格はかなりの部分が幼児体験に影響されるのだとか、巷でこれ見よがしにさらけ出される愛だのなんだのがもうひとつピンとこない自分を思い、時には感傷的になるのも良いなぁと考える自分はノー天気の鏡かも知れぬ。これで気分が落ち込むとかだとまだ可愛げがあるのだが。

♪〜フラーのMotherless-Child抜粋。

-----CDのご案内

wikiによると多くのバリエーションが存在し昔から好まれる理由として繰り返しの歌詞とメロディに一条の希望の光が感じられるということらしい。たしかに我がサッチモの唄うインタビューに答えながらのそれは明るい希望にあふれている。ガーシュインの名曲「Summer Time」にも通づる味わいだ。ゴスペルの伝統など無くとも十分感じ取れる。

STOP
【今日のニュースから】
_いくらリタイア、仕事は止めたといってももうちっとは世の中に目を向けなければしととしてイケナイんじゃないかと、報道番組に耳傾けたりするものの、このところの我がニッポンの政治状況には寒々しい思いしか出てこない。それほどに人材が居なかったということなのか不思議でならないのだが、よく街頭インタビューに答えたりする、いわば一般社会の壮年方々に、よほどまともな話をされるしとが居ることから、ひょっとしてなってはいけないダメな水準のしとが政治家になってしまったとしか考えつかぬのだが、選んだのは国民みんなだからどうにも天に唾する感じがして哀しいのだ。だいたいからして人相が押し並べてよろしくない。どなたかが口にしていた仁徳なり人徳は間違いなく表情に刻まれるものだと自分の経験則から断言できるのだが、政治というのはそれほど野卑な行いなのか、それとも権力というものが悪徳の素なのかと残念でならぬ。それと霞が関の面々だが優秀な方々も大勢いて、各国大使さんなどもほれぼれするような顔つきの御仁もいないではないが、なぜか出世レースのトップで出てくるような方はいつのまにやらの悪相になっている。政権交代で官僚政治を変えるなど、ホントなら日本史上革命的な出来ごとを前に、なぜか期待感が湧かないのは、交代する方の顔つきも似たり寄ったりのせいじゃないかと思っている。

【もひとつ哀しいこと】
 北海道の山岳ツアーでの遭難事故、参加した方々の年代を思うと、なんとも言いようのない哀しさが募る。一に問われるのはツアーを募集した旅行社と稚拙なガイドに尽きるのだが衆をたのんで参加しようと張り切ったおじいさん、おばあさんも無知の罪は避けられぬ。しかし、みぃ〜んな頑張っちゃうんだよなぁ、寒さってのは本当に怖いのだ。かといって非難する気はさらさらないのは、いつ何どき自分が似たような状況でオッチンじゃうかも知れんという思いもあるからだ。先日の志摩の山中深く迷い込んだときにも一瞬頭を過ったことだし、危ないね。


web拍手_履歴


2009年07月17日(金) No.2727 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen