LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


少しだけ考えたこと。


 今朝は寝坊していて朝10時過ぎに北海道に住む次姉の電話で起こされる。拙者の三重滞在日記を面白おかしく感じてくれたようでお話の内容も面白いものだった。そして来週には所用で上京するとのことで半年ぶりに会うことに。

 じつは昨年来、暖かくなったら北海道に遊びに行くといっていたのだが拙者の好みに見合う釣り場情報がなかなか見つからず二の足を踏んでいて、不義理とは思いながらも、しばらくは行かないよという身勝手なのだが、いまさら観光旅行というのも食指が動かないし、とはいえ気紛れで頭の中が北海道でいっぱいにならないとも限らない。なじるわけでもほめるわけでもなく、あなたは自由人だからネッと言われ、ぐふぅ〜としか云い様もない。

 天気もまぁまぁなので気分一新、冬物のパジャマやらなんやら大物の洗濯にチャレンジした。そよ風が気持ち良いベランダにバァ〜っと干すとなんかとても気分が晴れ晴れした感じで思わぬ効用があるものだなぁ。そういえば世界中のどんな民族にせよ日々日常的にかいがいしく洗濯をするという光景、大げさなことを言えば洗濯って人間の根源的な行為なのかも知れないな。
STOP_昨日だったかその前だったか、国営TVで団塊の世代についてのドキュメンタリーというか特集が組まれていて見るとはなしに耳にしていた。かくゆう拙者は彼らの一コ年上ゆえ、一緒くたにされたかぁないという思いと、同じような時代を似たり寄ったり過ごしてきたという思いがあって興味はある。特に多くの方々が戸惑うと云っていた老後にして初めて直面する自由な時間についての感想というのは人類史的に見てもまるで新しい現象なのだという思いがあって、そう簡単には感想もなにもあったもんじゃぁ無いのだ。

 考えてもみりゃほんの50年も前には9割方の一般大衆ってのは、今ほどの知識も見聞もないまま早々とあの世に行けたわけだが時代のおかげで皆さん高い教養とひょっとして財力まで手にしてあと20年、30年過ごさなくちゃならないのだ。趣味を生き甲斐にするなんてしとも居ないわけじゃないだろうが人間に共通のものではまるでない。若手の学者風評論家ののたまうう善悪や解説もまるでピントはずれの知識の受け売りでしかないし、いっこうに、なるほどと腑に落ちるような解析にはお目にかかれない、人類史上初めての経験ゆえなのだろうな。

 ここはひとつ、まるっきり新しい哲学者の出現を待つしかないなぁと思うここ数年なのだ。それと最近知ったのだが「生命学」というのはアカデミックにはないのだねぇ。生命科学とか生命物理学ってぇのはあるのだが、やはり漠然とし過ぎているせいだろうな。ただ、その「生命学」を提唱されておられる方が書いていることに「人生に成功も失敗もない」といったようなことがあって、これは古来からの真理であろうなぁと納得できる。生命そのもを考えると生きていることが成功であるのは、マチガイナイ。そして善く生きるということは個々の道徳の問題となってしまうわけだが教条的に示されちゃうと反発したくなるってぇのが、さしあたり困ったことだ。

 このブログの効用は思いつきを文字にして考えを反芻できることなのだが、日記のエントリー数が昨日で1,544、コメントを含むと2,602個に達していると知った。これだけ写真をベタベタ貼り付けているのでブログ・フォルダの容量が如何ほどかと見ると意外にも200MB程度だった、が、サイトの総容量はついに2GBを超えているということも判った。もっとも音源データmp3が6割近く占めているのだが、来月には開設6年目となるのだなぁと一瞬遠い目をしてしまった、いや別に鏡を見たわけじゃないが。
STOP_

web拍手_履歴



2009年05月22日(金) No.2603 (雑感)
Comment(3) Trackback(0)

この記事へのコメント

管理人@しんじワールド HOME 2009/05/23/03:12:01 No.2606
kamiさん、イムクさん、おはようございます。マジメなコメント、ありがとうございます。ノーテンキに暴走する拙者が少し羨むのは土に親しむことが出来る方々で、自然相手というのが何物にも代え難い生き方のようにも思います。何度か野菜の種を蒔いたけど、拙者はダメダァ〜。
イムク 2009/05/22/23:34:45 No.2605
しんじさん、おはようございます。

KAMIさに、同感。座布団2枚!

私の周りにもリタイヤーした方がおられますが、やはりKAMIさんの言うように、仕事一筋の方はもがいておられるようですね。
奥様にひきずられて何かやっているという方もいますが、好きでやってないと長続きしないし、やはり趣味を持つって人生において大切な事ですね。
さっ今日はトマトの苗を植えます。
KAMI HOME 2009/05/22/21:38:02 No.2604
しんじ様
仕事をリタイアした後、どう生きるか・・・この頃私も考えるようになりました。
考えると言っても漠然とですが・・・。

私の知っている限りリタイア後の人生は両極端に分かれるようです。
リタイア後、若いころからの趣味を発展させて生き生きとした人生を送る方。

リタイア後に生きがい(趣味など)を見つけようとする方。

後者はたいてい失敗しているようです。
そして、やることが見つからずアル中になってしまった方を沢山見てきました。

趣味に生きるためには若い頃からの蓄積が必要なのかなと思っております。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen