LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


穏やかな日。


 今朝は8時ちょうどに起床、良く寝た感じがして何をしてもすんなりといった具合で気分上々、体内時間のローテーションが一巡してまともになったようだ。曇り空だが雨も風もなく穏やかな日曜日だ。たまに拾い読みするビドー著の近代管弦楽法のトロンボーンの項で第7ポジション、一番長く伸ばした時のSi音、B2のソノリティは独特の味わいがあるようなことが書いてあり、雑学ついでにその管長と周波数について調べてみた。
 約2.71mの管長で音速を340.29m/sとすると共振する周波数は125Hz、音階では確かにB2だ。なんでその5度下のE2でないのかとも思ったが、めんどうっちぃのでそれ以上の詮索は止めにして久しぶりに楽器を手にとり、そのSi音を出してみた。しばらく慣らしているうちにどうにか楽音らしい音が出てきてなんとなく納得、百聞は一見にしかずとは逆だぁと、しかし楽器はおもしろい。
STOP_言葉の不思議、このsonorite(ソノリティ)という仏語を目にするとなぜか敏感に反応してしまう。共鳴とか音色とか響きといった意味合いらしいのだが長いこと音楽やオーディオに親しんできた拙者にとってはソノリティという言葉が概念として認識できる。これは精神的に実に豊かなことだと思うのだが、なんの分野であれ理解するための一番の障害になるのもこの言葉に尽きる。外国語ならずとも日本語であってもその言葉に共通の概念がない場合は話がかみ合わないといったことが良くある。以前にも書いたがパソコンについて教えるときに何が障害になるっていって言葉の壁がその最たるものだ。必要ないと言ってしまえばそれまでだが「サーバー」という言葉ひとつとってもその概念を頭に描けるしとは決して多くないという現実はあまり変わらないな。

web拍手_履歴



2009年05月17日(日) No.2590 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen