LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


おもしろかったなぁ〜♪


click
♪〜小雪舞う中、ケナゲに咲いていた。

 夕べは寝そびれたまま朝9時過ぎに懇意にしていただいているSさんの元へ伺う。一応シゴトがらみではあるがこの頃は雑談のほうが多いくらいで、今日もお昼を奢ってもらいながら四方山話で愉快だった。なんといっても実家が北九州方面の小さな漁村で兄が漁師をついでいるのだということで、子供のころの漁話を聞くのがとても面白いのだ。Sさんは東京に出て来て学校を出て立派な資格を得、勤め人を経て独立されたのだが、還暦を過ぎてやはり故郷に思いは良く及ぶという、それがイイ。3月の3連休に田舎に案内するからと誘われ、かなりその気になってしまった。

 朝のうち晴れていたのに昼頃から雪、小雨となってしまったが夕方帰宅するころにはまた太陽が顔を出していた。途中、ホームセンターに寄って赤外線検知式の自動照明灯を買う。玄関と入口にはセットしてあるのだが、次第に横着に拍車がかかり、キッチンも自動点灯がいいなぁと云うことで。逆にトイレなんざぁ、物持って入ることなど無いのだからスイッチでいいのさ。

 夜、民放のテレビ朝日系で松本清張生誕100周年記念番組と称してかの「疑惑」が長編ドラマとなって放映されていた。エンディングタイトルでの音楽が弦のおどろおどろした感じのハーモニーとリズムがストーリーにぴったしで好きだ。芸達者を揃え、展開もだれることなく、原作の好さもさることながらドラマとして秀逸だったのではないかと思う。

 劇中歌で重要な使われ方をした昭和歌謡の「再会」、超スローテンポで聴くとホントに良い旋律だなぁと再認識、すきな歌だ。自分から好んで聴くということはないのだが、シャンソンの「愛の賛歌」とこの「再会」はそのつもりで聴くと本当に泣けてくるほど情に訴えるものがあって、困ってしまう。たぶん、情感が単純・シンプルなのだとしか言いようがない。

 改めて思うのは松本清張さんの心理描写が如何に卓越していたかということで、裁判の場面などでは少し甘ったるい感じもしないではないが、しとの心の闇を見せてくれることに関しては思わず唸ってしまう。

 あぁ〜、面白かった。
STOP_

web拍手_履歴



2009年01月24日(土) No.2323 (映画・DVD)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen