LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


さむっ!


 今朝は9時過ぎまで寝ていたのだが、枕もとには鼻水でグショグショのタオルとテッシュペーパーの山、ちと憂鬱である。昨日の夕方、帰宅直後から寒気がしてクシャミの連発、すわっ、風邪を引いたかと思ったのだがその後、鼻水が止めどなく流れだし、あぁ〜、花粉症だと覚悟を決める。
 もう三十数年来の年中行事のように毎年四回も、2月5月9月11月と律儀に出る症状で昔は風邪だとばかり思っていたことなのだ。
 花粉症と知ってからいっときは薬などにも頼っていたが最近は鼻水なんかも出るにまかせひたすら時間が経つのを待つだけだが、つい鼻をかんでしまいがちで周りが荒れてヒリヒリとウットオシイことこのうえない。
 ということで昨夜は延々と鼻をかんでいて夜更かしする羽目になった。おかげでさして興味もないDVDを4本も観てしまった。

STOP_しょぼしょぼする目でニュースを見ると、例の定額給付の一件、はたと思いいたったことがある。確かに世の5%くらいのお金持ちには、あの金額になんの意味もないとは思うが手続きの手間ひまと費用を思えば1,000憶円は誤差の範囲と笑い飛ばしても良い。太郎首相の自発的に辞退していただければというコメントは近年まれに見る愉快な話でそういう上等な民の住む国というのもわくわくするほど素敵ではある。しかし妙案もあって手続きや法整備に時間と費用がというのは所得税を取りしきるところと住民票を管理するところがリンクしていなことに尽きるのであるから、まず太郎さんの言われるように全部に給付してのち、一年か二年後にでも所得税納付時の申告書の一行に「定額給付返納分」を足せば良い。なぁ〜に、何十行もある申告用紙だし徴税のシステムが信頼に足るものとするならさして面倒はナイ。財務省サイドがお金持ちには給付すべきじゃないっていってるんだから時限立法だってお茶の子さいさい、のんびりと数年後でもいいさ。緊急の給付といってるんだから制度なんかじゃないのだよ、たぶん。返納は制度にしましょうか。

 てなことを財務省webサイトにメールしたのだが、いやはや今の時代、お役所も大変だ。こんな思い付きのようなご意見が採用されるようにでもなると愉快だが、想像している以上に影響もあって、現に無名の一市民である拙者の提案が今までに4回も実現したことがあるのだ。たぶん、偶然ということもあるだろうが思いが通じたという意味では仇やおろそか出来ない。

web拍手_履歴



2008年11月11日(火) No.2108 (雑感)
Comment(4) Trackback(0)

この記事へのコメント

管理人@しんじワールド HOME 2008/11/12/01:12:24 No.2112
KAMIさん、こんばんは。見てくれましたか、そうなんです、日ごろ気合いを入れてくださるKAMIさんに受けるかなと工夫してみましたぁ(笑)。
管理人@しんじワールド HOME 2008/11/12/01:07:50 No.2111
はじめまして、こんばんは>智太郎さん。
コメントありがとう。確かににじみ出るような気品こそ願って止まぬことなのですがそれは過ごしてきた其々の人生の結果と今は理解しています。ただ、趣味の有る無しでその全人格を見ることは慎みに欠ける不遜であるとも思っています。
 ところで拙者は何を隠そう、あの幸之助さんに直接教えを受けた最後の世代なのですが凡に耐え切れず飛び出してしまったコマッタチャンなのです。しかし企業人、商人として「適正利潤」ということを口酸っぱくおっしゃられていたことが未だに頭にこびりついています。偉大な方でした。

 浮き沈みの激しいブログで口当たりの良いことはあまり書けないのですがまたのコメントをお待ちしてます。
KAMI HOME 2008/11/11/22:33:11 No.2110
しんじ様、こんばんは。
web拍手の画面、楽しくなりましたね。
夜な夜なweb拍手をしている小生へのご褒美なのかなと思っております。

明日もヤルゾ!web拍手!
智太郎 HOME 2008/11/11/13:02:28 No.2109
音楽にかぎらず、自分は、何か一つの趣味をもつことは人生にとって大切なことだと考えている。 およそ趣味のない人は、幅がせまく、味気ないものだ。 ただし、趣味に流され、生活を破壊していく行き方は、本末転倒であるといいたい。 趣味は人間性の美しい色彩でもある。 平凡のなかに、キラリと輝く人間性---新しい活力の源泉となっていくような趣味は、ここに真実の美しさ、気品があり、趣味の真髄がある、いわば趣味という醍醐味は、ここにあると思う。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen