LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


フラー週間。


click

 今週は願ってもない好天続きだったのになんとも引きこもりがちの一週間ではあった。これは一つに我が愛するTrbプレイヤー、カーティス・フラーの再発見というか、彼の作品を片っ端から聴き直して浸っていたこともある。
 彼は22歳でメジャー・デビューして立て続けにアルバムを発表して一躍ジャズトロンボーンの寵児となったのだが、その頃の演奏を今聴いてもそれは納得が出来る。多くのジャズファンが彼の演奏、音を温かいと感じているのが良く解る。これはクリフォード・ブラウンなどと同じで天賦の才能としか思えない。20代の若さでこんなハートフルな演奏をしちゃうとその先、大変だなぁと余計な心配をしたり、ブラウニーもまさしく天賦の才と感じるのだが、おそらくこういう事は学んだり修練では出てこない味のようにも、今は思う。そういった点から考えると偶然なんて失敬な事を考えたり、いや、これはヤッカミになっちゃうか。
 今にしてようやくそんな音楽を、あたかも大自然の心に沁み入る風景同様に受け入れられる事に気が付いた、ノー天気ではあるが幸せな事でもある。

♪〜「The Magnificent Trombone of Curtis Fuller」から
『I Loves You Porgy』の一部。

♪〜CDの紹介ですぅ。

STOP_夕べ、埼玉県の「珈琲パウエル」サイト掲示板でニール・ヘフティさんの訃報を知り、あのブラウニーの「With Strings」を取り出ししみじみと聴き入り、他の音源を探している内になぜかサミー・ネスティコさんとごっちゃになってしまい訳分かんなくなってしまった。どちらもローリング・トゥエンティ生まれの作編曲家ということで混乱してしまったようだ。これをもってボケてきたなどとは決して思わない、ぐふぅ〜。

web拍手_履歴



2008年10月18日(土) No.2041 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen