LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


こりゃ旅じゃない。


 やはり目的地を決めずにやみくもに出かけるってぇのはダメだ。どこかいいところで逗留しようと西に向かったものの気持ちが定まらない、ただ走るだけ、迷った挙句、戻って娯楽にうつつを抜かすほうが好いように感じて帰って来た。とんだガソリンの無駄使いだ。STOP_ 戻る途中に去年までの仕事仲間から、偶然3人も電話があり近況の心配と現状報告とお礼であったが、まぁ嬉しいね。そういえば先週も後輩から相談をうけ解決できた案件もあったが、もう今の自分には瞬間的な興味でしかないなぁと驚く。ジタバタすることはない、耳従うということだがどうも壮年期の社会的活動は単に面白がってやっていただけのようで、確かに実業や実務、技術の関するノウ・ハウは蓄積されたと思うが、たいしたもんでもないというのが正直なところなのだが、今はもうそんなこともういいやと感じるのは社会性に欠けるのかなぁ思うのが物心ついて以来のコンプレックスでもあるが、しょうがない。STOP_ 第一回目を見たハイビジョン放送のドキュメンタリー「ハプスブルク帝国」、第3回目の「美しきドナウ」に間に合った。我が国が太平洋戦争の失敗を乗り越え連綿と文化を維持しているのにはやはり立憲君主の存在があるせいだろうなと想像がつく。帝国主義の時代、神に選ばれし王が少数民族をたばねて一大勢力としてきたのに、分散してちっちゃな国があちこちに出来たとたん醜い争いが後を絶たなくなってしまった、大衆の愚をまざまざと見る思いがした。ハプスブルク家の末裔のひとりが平和のために一番肝心なのは何かと問われ、Knowledge、Knowledge、Knowledgeと繰り返し言っていたのが印象に残る。事件を起こすアナーキストやテロリストにKnowledgeはない。それにしてもラテン語圏でのアートの熟成ぶりは見事だなと改めて思う、陳腐なものは皆無だ。

STOP_
近世のバルカン半島は○○としか言いようもないが、EUの目指す方向は善いと思っている。いずれにせよ官の腐敗を防ぐ仕組みが出来ればの話だが、4,000年間の課題だ。

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月31日(木) No.1864 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen