LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


夏だね〜。


♪〜今日の2枚。ひまわりとおもわずつぶやく昼下がり。
click

 今朝は9:00起床、10時には家を出て終日出先で、まぁシゴト、かな。行き先は高尾山近くの医療センターでいつものように空いた時間は構内の散策だ、風がないのと湿度が高くやや靄がかった空はそれでも明るく梅雨の終わりを感じさせる。午後遅くにぱらぱらと天気雨が降ってきてコーヒー店から駐車場まで歩く時に当たってしまったが濡れるほどではなかった。今日はシゴトとはいえ、懇意にしていただいているお客様と雑談ばかりしていたような気がする、あはは。

 きのう観た「新藤兼人監督」の映画「花は散れども」の制作密着ドキュメント、ただただ、すごいなぁと感じ入ってしまった。95歳、壮絶な生きざまだ、松本清張さんや小田実さんなどと同じような匂いがする、残念なのは拙者が新藤監督映画をちっとも観ていないことで、これはしょうがない、日本映画では黒澤作品しか感銘を受けたことが無いのだ。

click

 で、ふと思ったのがそれとは正反対の「傍観者としての人生」、なんだかんだ言ってもきっと拙者はそれに尽きるのだなぁと。ナサケナイとかチッポケなとか揶揄されても、そちらを選んだのだからかまやしないのさ。

 アート全てに言えることだが、その作品には作者の人生が深く関わっているはずだが、時に受け取るほうでは背後の人生などまったく関係なしに感動を得ることが多々ある。間違いないのは傑作と言われるような作品を世に出すしとは傍観者として時間を過ごしてはいないだろうなということだ。
STOP

web拍手_ブーイングも_履歴



2008年07月16日(水) No.1840 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen