LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


なが〜い一日。


 今日、旧友の横田年昭さんのコンサートあるのを失念していて朝から都内で仕事の約束をしていったものだから、まぁ大変、バタバタもさることながら早朝6時前に家を出て帰宅したのが夜の10時、もうバテばて、この日記を書いたら寝よう。明日は休み、どこもいかない。
 なんせ、朝、都内赤坂で今日のシゴトのお客様を拾い、コンサートに行くので早めに解放してねとお願いしてから、文京区の根津神社方面へ行き、その後、電車で秋葉原に行き部品一つを調達し根津にトンボ帰り、そこでのアプリケーションを終わらせたのが予定を30分ほどオーバーした午後3時30分。その後コンサート会場である赤羽の静勝時へ、途中湯島近辺の桜、日本一の花見をやっている上野公園、不忍池側を通って、あぁ〜あ、桜の木のなんと多いことかと無性に嬉しくなる。

click

 昨年はこちとらのシゴトが押して静勝寺に到着したのが最後の一曲の時だったこともあって今年こそは最初からと若干余裕をもっての会場入り。開演前の横田さんと奥方の千世子さんに差し入れのウイスキーを渡してとても喜ばれたのがうれしい。開演前の楽屋で話しこんじゃぁ迷惑だろうと気を利かせ客席の一番奥に陣取る。今年は一部が太田道灌にちなんだ語りと一弦琴の名手千世子さんの作になる、まぁ、邦楽。道灌の山吹伝説は拙者も好きな逸話のひとつだ。 語りをされたゲスト参加の女優の藤田弓子さん、さすがの活舌、役者だなぁと感心する。余談ながら活舌というのは訓練もさることながら、知能と密接な関係があるのだよ。

click

 二部はいつもの横田ジャズだ。はしょってリコメンドするのだが、バッハのソナタのアレンジで「フルートとギターの為の・・・」がやはり絶品、拙者の頭の中でモダンジャズ・リズムセクションとストリングス+木管楽器を加えたオーケストラの共演サウンドが渦をまくように広がった一曲ではあった。 続いての「リベルタンゴ」、ギターの福島久雄さんの好演もあって、これもイメージが噴出してつい一緒に小声で口ずさんでしまったくらいたまらなかった、。ネイティブに近いタンゴバンドと横田さんのフルートでの編曲が頭の中に湧き上がる、わぁ〜、ちかじか下田の横田さんちに語りに行かなくちゃ。
 帰りの車中、づぅ〜っとマイルス・ディビスのイン・ヨーロッパを聴きながら演奏者の狂気について考え続けた。それが無いのは凡ということに尽きる。


2008年03月29日(土) No.1632 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen