LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


やっと聴けた、ということ。


 なぁ〜んか身辺にわかに慌ただしくといった感じで今日など朝6:00に迎えに来てもらってディズニー・ランドへ出向いてしまった、といっても頼まれシゴトで実に簡単なことでほとんどの時間はお店で雑談に終始するといった半日だったのだが、やや厚手の服装だったので暑いことアツいこと行きも帰りも高速道路での日差しの強さは春なんてもんじゃなかった。

ディズニー・ランドのある舞浜一体はもちろん海のそばで道路に掛る橋の上からハゼ釣りなどしている光景もちらほら見かけたので、この天気だしマイ・カーで来てりゃあ拙者も間違いなく寄り道するところであったが、残念、戻ってきたのが昼過ぎ、そしてちょっとした見積もりと請求書など書いているうち俄然シゴトもーどになってしまい、一心不乱でのデスクワークをしてしまった。

click

 と、ピンポーンといつもの宅配のお兄さんが届けてくれたのは、先日Amazonしたカーティス・フラーのCDだ。さっそく拝聴、わぁ〜懐かしのフラー節満載の一枚だ。

 '61年の2月と8月にレコーディングされたこのアルバム・タイトル「The Magnificent」というのは拙者のサイトでの冗談フォームで羅列してあるがごとく、「素晴らしい」「非常に立派な」「雄大な」「壮大な」「壮麗な」という形容詞なのだが愉快だなぁ、ホント。

 カーティス・フラーというミュージシャンは世に出たときから厭味のない個性とでもいうか、独特の表現手法を持っていたしとで、まさしくジャズそのもの。クラシック畑では絶対にありえない音楽でモダーンジャズではあるが根っこに色濃くのこるダンスミュージックの流れとブルース感覚、拙者を含め多くの根強いファンがいたのにはそのあたりが勘どころとなっているのではないかなぁ。我が国では沖縄地方くらいしか無いがこのダンス文化というのは彼の国では本能的といえるほどしみこんでいて、なんせすぐ踊りだす。今もそうかなぁ。

 CDを聴きながらもシゴトもーどは治まる気配もなく8トラック目にして目的のジョニー・マーサーの「Dream」が始まったのでちと耳をそばだてる。このアルバムの中の半分以上はその昔テープにダビングして何度も聞いていたものだが改めて聴くこのDream、どちらかというとダンサブル、チークタイムなんてのもあったなぁ、この超スローテンポでの演奏はそれでもジャズミュージシャンならではのフェィクのかけ方、間の取り方、程良いわぁ〜♪。

 レーベルのオフィシャル・サイト「www.oldies.com」の名にふさわしくほっとするね。
 フラーの人となりは知らないのだが演奏から受ける印象はシャイでオズオズとした控え目な性格のしとというのが昔からいだく思いで、それが好きだ。

 気がつくと早、夜の8時を過ぎている、シゴトし過ぎだぁ〜。
2008年03月26日(水) No.1627 (ジャズ)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen