LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


浮き沈み。


click

 2年前からブログには躁だ鬱だと書かないように決めていたのだがこの春先の陽気にあいまってここ2週間ほどめまぐるしく気分が上下していていかにも平静を保つ日記はいくら作文とはいえ心苦しくなっているのに気がついた。いやなもんだと思いながらもこの落込んだときというのは全てがつまらなく感じるのがいつものことなのだが、経験から時間が改善してくれると知ってはいるのだがそのきっかけというのがいろいろで、まぁそれをコントロールできりゃぁ言うこたぁないのだが、やっかいなもんだ。それで過去、劇的に状況が反転した時のたぶんきっかけであろうと思われる事を考えてみた、いやはやあきれるほど些細なことだ。例えば、朝起きて熟睡したなぁと思った瞬間とか、病院で驚くほど声のきれいな女医さんの診察を受けた時とか、我ながらきれいと思える写真が撮れた時とか、あとワーグナーやベートーベンなどの作品を聴いているうちにということもあったがこれは聴こうとする意思がなければだめだ。あと、よく晴れた海辺に行った途端にとか遠い所に出かけると決めた瞬間などもそうだ。そして落ち込む時の動機、これはよくわからないのだが40代半ば位からの時は割りとはっきりしていて逆にその落ち込みを楽しんでいる様なところもあったなぁ。たいがい少年の家庭での犯罪のニュースが引き金であれこれ状況や心情を想像しているうちに滅入ってしまうというパターンが多かったのだが60代になってからのそれはきっかけが特に思い当たらない。下手の考え休むに似たりとか小人閑をなして云々といわれることなのかなぁと沈んでいるときには自分のことと思い、浮いている時には他人のそれを皮肉る、やだねぇ。
 
 めずらしく天気予報がはづれ連日の曇り空、気分も晴れないはずだと、来週月曜が確定申告の締め切りなのでようやくその気になるが喜んで税を納めるような国家というのは所詮ユートピアなのかなぁな〜んて考えてもいる。


2008年03月14日(金) No.1610 (雑感)
Comment(2) Trackback(0)

この記事へのコメント

管理人@しんじワールド HOME 2008/03/16/15:24:05 No.1613
こんにちは>KAMIさん。いやはや精神至上主義などとほざいておるむくいではありますなぁ、じつに他愛ないこってす。バーチャルでは思いっきりノーテンキにと考えていたのに・・・トホホ。それよっか、3周年おめでとうございます、ここはひとつリアルにお約束を果たしてみようなどと考えております。
KAMI HOME 2008/03/15/22:35:51 No.1612
しんじ様
心の浮き沈み・・私もかなり激しく・・辛いときもあります。
自分は異常ではないのか・・と思うこともあるのです。
では、正常とは何なのか。
以前心理学者に正常性格はあるのかと聞いた事があります。答えはない・・でした。
この言葉に救われたのです。
自分はチョット違っているだけなのだと・・・。

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen