LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


やな映画を観てしまった。


click
ABOUT SCHMIDT
(C)2003 NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
ALL RIGHTS RESERVED

 どうもさっぱりシゴトに身が入らない。それほど熱心とは言えないが一応映画ファンと思っているのだが、以前からなぁ〜んとなく見たくないと直感的に感じていたジャック・ニコルソン主演の2003年封切り作品「アバウト シュミット」を観てしまった。現象というか形の上での出来事や状況が自分によく似ていたことに驚くとともにこうも凡庸とも俗ともとれる精神をシリアスに描き出す原作者ルイス・ベグリーはじめ、映画制作した方々の心根に逆に興味を覚えてしまった。秀作との評判にたがわず所どころに埋め込まれているしとの好きずきの違いの根っこの部分がぴりりと出ていて、それには感心してしまった。タイトルに「やな映画」と書いたがそれが凡人であれ天才であれ、老醜をみて気持ちよいやつはいなだろうってことで拙者に言わせると悪趣味につきるのだが、わぁ〜、作者の術中にはまったかな。。
 夕方、サイトの作品案内ページの『お世辞送信冗談フォーム』を改造していて間違って2月分のデータを消してしまいあわてた。幸いバックアップ・フォルダにあったものでほぼ復旧できホッとする。一年間で約750回のクリックだがデータが重くなったので新規に記録することに、そしてこのところ目立つクローラのアクセスはカウントしないようにした。相手が機械じゃありがたくもなんともないもの、あはっ。

 シゴトに戻らなくちゃ。

 気晴らしにブログを書くようになって随分経つが面白みを感じだしたのは電車通勤のときなどに頭の中で文章をつくり手帳に書き留めるようになってからのように思う。なんでもありの雑文という気安さではあるが時にずいぶんと長時間考え込んだ結果の記事もあるのだが、またそれをはぐらかすのも面白いのだ。それで、ふと思い立ったのがブログ人口の中身を調べてみようということ。総務省の統計で3月には大手処の登録者数の集計が公表されるので代表的なところの更新頻度などが判ると動向が見えるのではないかと思う。2005年頃の予想をかなり上回っていることに興味がある。


2008年02月26日(火) No.1590 (雑感)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen