LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


こんなことって。。。


 昨年10月に北海道苫小牧で起きた21歳の女の2児殺害事件の判決でその詳細を耳にしてしまった。哀しいなぁ、これが同じ人類なんだ。つい先日の猟銃乱射の若者のこともあり、いっぺんに落ち込んでしまった。そしてなぜかその人物の顔やネットへの書き込みなどは最近よく見かけるような犯罪者の典型的人物像にも見える。このゆがんだイビツな心というものはどのように育まれるものなのか、非常に難しくも重大な課題だ。
 ひと月間の監禁中、部屋に残っていた生米をかじりマヨネーズをなめて生きていたという3歳の長男を思うと涙が止まらない。
 よく動物園などに飼われた野獣で子育てを知らないメスが居るがあれも自然から隔離した人間のなせるわざ、責任なのだろうな。


今、頭の中では、









雪の降るまちを


 雪の降るまちを


  想い出だけが


   通りすぎてゆく


  雪の降るまちを


 遠い国から


  落ちてくる


   この想い出を


    この想い出を


   いつの日か包まん


  あたたかき幸せの


   ほほえみ




雪の降るまちを 雪の降るまちを

あしおとだけが 追いかけてゆく

雪の降るまちを ひとりこころに 満ちてくる

この哀しみを この哀しみを

いつの日か ほぐさん

緑なす春の日の そよ風



雪の降るまちを 雪の降るまちを

息吹とともに こみあげてくる

雪の降るまちを 誰も分からぬ わが心

このむなしさを このむなしさを

いつの日か 祈らん

あたらしき光ふる 鐘の音(ね)





 一昨日、ドキュメンタリー「ワーキング・プアー掘廚鮓た。知りたかった先進欧米諸国の取り組みは、英国とアメリカのある州を例に取材されていた。
 番組の締めの頃になるとキャスターの表情がいまにも泣きだしそうな悲壮な感じで我が日本を憂うコメントをしていたのが実に印象的だった。この30年間の霞が関はあきれるほどに程度が低かったことが良くわかる。時を費やすためにだけの仕事をしている。
 そしてマスメディアに露出している評論家連中も同罪だ、情けないコメントしか吐き出せないでいる。なんら糾弾できない、オピニオンリーダー足りえないのなら出るなよ、何が専門家なものか。街角インタビューなみの意見しかないのだもの、やんなっちゃう。
 今週はホンワカとクリスマスモードに浸ろうかと思っていたのに、なんてこったい。
2007年12月18日(火) No.1452 (怒。)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen