LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


絶対音感。


一夜あけて、ややほっとした心持で午後には気分転換と近くの理髪店へ出向いた。な〜んか、ほっとした気分が持続していて、鼻歌などでる。それと口笛、といってもはっきりとした音でなく息の音といったほうがよいのだろうか、拙者のばあい2オクターブ半、表現できる。

♪そぉ〜〜↑ふぁ〜〜みぃ〜.ドらぁ〜〜。

ここでふと気づいたのだが、この「らぁ〜」の音、ギターの第2弦を調律するときの高さだ。そもそも絶対音感などにはたいして興味もなかったのだが、
あれれ、いつの間にか耳に入る音がドレミになってる。といっても音あてクイズのように12音をピタリと当てるなんぞはできないだろうから厳密には絶対音感などとはいわないのだろうが、気になったので帰宅してから440Hzの音叉で確認してみたところ「ら」はまちがいなく「A3」であった。音叉は「A4」なのでオクターブ低い「ラ」である。

そこで、興味をもってたまに口ずさむ曲のキーを確認したところすべてハ長調かイ短調だった、ぐふぅ〜。シーチョーか。

しっかし、これは大発見、いつもなにげなく息をまるで楽器を吹くように吐いてメロディを確認しているのだが、こりゃぁ体力を使わない楽器のようだ。

で、試しにボーカルに挑戦。声帯を鳴らさずいわゆる囁き声でも歌えるのだねぇ♪。人の口と舌の動きの精密さ加減には驚く。

click


5行目のフレーズ、ミュージカル、ウエスト・サイド・ストーリーのなかの
「Somewhere」。このメロディ、Trbの低音域でたっぷりの息をもって歌うのが快感だった。ちなみにこのSomewhereという言葉は決して未来のどこかを示すわけじゃぁないんだね。確固として存在するどこかを指すものらしい。
2007年07月02日(月) No.1140 (音楽全般)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen