LINE645

ブログ風「しんじワールド」

なんでもありの気分転換サイト日記。。。
自問自答、ちょっと他問、ぐふっ。


■悲しいばかりじゃない。。。スコシダケ公開
にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへにほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ←覧近グゥ〜。
サイト本家 このブログアドレス


〜BGMはいかが〜 今週は「orphee」

7月1日で[335024]


本家正面玄関へンなサイト

♪〜ときには生命(いのち)の息吹を。。試聴!
魂が音になる・・◆フルート・笛:横田年昭さん
こちら「Youtubeバージョン」


 web拍手! 


出張準備。


 来週からの山口県への出張を控え、準備が忙しい。夕方、所属していた会社に行き後輩等と少し話しをした。拙者は団塊の世代よっかチョット前のしとであるからして、現在リーダーとなっている世代より年上というわけでもっぱら彼らの不満などの聞き役ではあるが、つい、きついことも言ってしまう。
 しかし話を聞きながら産業別、業種別の賃金格差については「美しい日本」のために変革が必要だなぁとつくづく思う。知能の優れたいわゆる頭の良いしと=ずるいしとじゃぁやな国だ。昨今のニュースになる事件を見るとほとんどそんな感じがしてならない。下衆の勘ぐりといわれようが高位に立つしとがホントの下衆じゃすくわれないや。

 なんべんも書いているのだが、持てるしとは程ほどで満足しなきゃ良い世の中にはならない、良い世の中が在るとすればそれしかないと単純に思っている。

 ある制度が出来た時に、それっ、「ビジネス・チャンス」などと起業する輩のなんと多かったことか。健康保険制度の時しかり、介護保険制度や最近では生活保護の制度をさえ商売のベースとするところまであるという。もう自分もそろそろ弱者になるのだが、こういった弱者救済のための「美しい制度」は考えるにNPO法人などに委ね、営利企業には参加させぬほうが良いのではないか。

 お金をころがして利を得ることは悪徳というより、悪行なのだがねぇ。何時の頃からか賢いしとはそういうことをするもんだという風潮になっている。
これはいけない。
 めったなことでしとを軽蔑などしないがこの方ガタは軽蔑する。まぁ、痛くも痒くもないだろうが、それでも国民の共通認識がそうなればおのずとちっとは変わる。

さぁ、シゴトにもどろっ。
2007年06月08日(金) No.1095 (雑感::シゴト)
Comment(0) Trackback(0)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

◆禁止ワード:www,http,com,netなどなど。
Name匿名可!
E-Mailオプション
URLオプション
感想
1500文字まで
Icon Icon
Pass Passは4桁の数字で修正削除です。
No. PASS
■800Px幅以上の画面でご覧ください。■sen